トップページ > 環境レポート > 第32回 新島村:公共施設の照明LED化によって、村民のエコロジーの機運を高める(新島村LED化事業)

2017.02.14

第32回新島村:公共施設の照明LED化によって、村民のエコロジーの機運を高める(新島村LED化事業)

 「みどり東京・温暖化防止プロジェクト」の助成金を活用した都内62市区町村の環境事業の取り組み状況について順番に紹介する「環境事業紹介」のコーナー。第33回は、新島村の公共施設LED化事業について紹介します。
 事業の内容は、公共施設の照明をLEDに交換するというもの。その背景やねらいについて、担当者より話を聞きました。ぜひご一読ください。

渋谷駅南口に設置されている「モヤイ像」は、新島特産のコーガ石を加工した島の特産品

 今回の事業を実施している新島村役場は、東京本土から約150kmの太平洋上に浮かぶ伊豆諸島の新島のほぼ中央に位置する。海上を南西に約4kmの式根島と合せて、村の人口は約3,000人と少ないが、島への来訪者は、新島(5万人弱)と式根島(2万4千人)の両島合計で約7万3千人になる(平成28年の統計)。
 主要産業は、マリンスポーツや温泉などの観光業や、農業と水産業。海の恵みと伝統が生んだ「くさや」などの水産加工品も島の特産品になっている。また、島から産出する抗火石(コーガ石)は、火山のマグマが急冷されてできたガラス質・多孔質の鉱石で、水に浮くほど軽量で、断熱性・防音性が高く、しかも加工しやすいという、建築・土木材料にとって優れた性質を持つ。その特性から、古くは江戸時代から重宝されてきた。同じような性質の自然石は、イタリアの一部地方でしか産出されない、珍しい建材だ。
 ちょうど前回掲載した渋谷区の中心には、新島と縁の深いある石像が設置されている。ご存知の方も多いかもしれないが、渋谷駅南口の待ち合わせスポットにもなっている、「モヤイ像」だ。新島産の抗火石で作られたこの像は、島民が力を合わせる時に使われる「もやい」の風習から名付けられた。新島の東京都移管100年を記念し、1980年(昭和55年)に新島観光協会が渋谷区に設置したものだ。

 今回は、そんな新島で取り組まれている環境事業について紹介する。

渋谷駅南口のモヤイ像

渋谷駅南口のモヤイ像

新島にあるモヤイ像(新島村提供)

新島にあるモヤイ像(新島村提供)

自然豊かな島しょ地域だからこそ効果的な温暖化対策事業

 新島のオール東京62市区町村共同事業の助成金事業は、主要な公共施設の照明をLED化して、島内の省エネに寄与するとともに、村内企業や団体、住民のモデルケースとなることで、村内のエコロジーの機運を醸成しようというものだ。26年度は新島村住民センター、27年度は役場庁舎を対象に、一部を除いてLED化を行った。28年度については子どもの利用が多い新島村勤労福祉会館のLED化を実施中である。
 「残念ながら、庁舎の全照明を交換するには予算が足りず、非常用電源に接続している照明は交換ができませんでした。限られた予算の中で交換する場所を選定するのに時間がかかったのが大変なところでした」
 そう説明するのは、新島村企画調整室の登(のぼり)さん。
 今後、大規模修繕等が行われる施設については、全照明をLED化していく予定だという。

交換した役場のLED照明。

交換した役場のLED照明。

 面積約24km2の新島は、島の周囲を黒潮暖流に囲まれ、気温の日較差・年較差が小さく、“常春の島”ともわれる。年間降雨量は3000mmほどと水資源にも恵まれ、島内は緑に覆われている。自然豊かな島しょ地域だからこそ、温暖化対策事業としては、緑化等を行うよりも、事業開始当時に村内でも徐々に導入が始まっていた施設内照明のLED化の方が効果的と、事業が設計された。

NEDO事業への協力をきっかけに、島民の環境意識の機運が高まっている

 現在、新島村ではNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)の事業である「電力系統出力変動対応技術研究開発事業」に協力しています。同事業は、離島である新島村の電力系統を実証フィールドにして、風力発電を中心とした再生可能エネルギーを電力系統に出力する際の変動対応について検証し、再生可能エネルギーを最大限受け入れるための系統システムの実証試験を行っています。
 風力発電は、尽きることのない風のエネルギーを活用することから資源枯渇の心配がなく、有害物質を出さない地球環境にやさしいエネルギーであり、化石燃料に代わるエネルギー源の一つとして期待されています。ただ、“風任せ”の発電方式では、気象条件等による出力の変動が大きく、将来、大量に電力系統に連系された場合、電力の安定供給に悪影響を及ぼす可能性があります。
 こうした技術的課題やその解決策を明らかにして、「風任せの発電」から出力を予測・制御・運用することが可能な変動電源に改善することで、再生可能エネルギーの連系拡大を目指しています。
同事業の実施に当たり、島内に風力発電施設や太陽光発電機等が設置されています。

NEDOの実証実験事業で若郷地区に建った風力発電施設。

NEDOの実証実験事業で若郷地区に建った風力発電施設。

 「これら再生可能エネルギーの設備が建ったことで、村内の環境に対する意識の変化が徐々に起こって、再生可能エネルギーの普及やエコ活動の推進に向けた機運が高まっています。オール東京62市区町村共同事業の助成金を活用させていただいて、まずは村が率先して村営施設の省エネ化を進めることで、村全体にもLED照明などの環境に配慮した省エネルギー機器等の普及が進んでいってほしいと大いに期待しています。」

関連リンク


このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロダクツ2016
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。