トップページ > エコアカデミー一覧 > 第1回 自然とよりそい、緑がつなぐ都市再生

第1回自然とよりそい、緑がつなぐ都市再生

東日本大震災から半年が過ぎ、今、われわれが振り返らなければならないのは、日本人は自然と向き合うとき、どのような発想をもっていたかということ。物理的に凌駕するのではなく、自然を読み解き、どのように往なしていくのかが、伝統的土木技術の論点であった。そして自然とよりそう暮らしの中から祭りが生まれ、人と自然、人と人、地域を繋ぐコミュニティ―の中心となり、そこには繋ぎ手となる緑が存在していた。

涌井 史郎氏顔写真

涌井史郎(わくいしろう)

造園家・ランドスケープアーキテクト。鎌倉市生まれ。東京農業大学農学部造園学科出身。人と自然の空間的共存を図る造園技術をベースに、数多くの作品や計画に関わる。平成17年 愛・地球博 会場演出総合プロデューサーを務める。東京都市大学環境情報学部教授、中部大学教授、桐蔭横浜大学・東京農業大学客員教授、2010年より生物多様性広報参画委員会座長。 TBS「サンデーモーニング」出演。

エコアカデミーインタビュー1.負けるが勝ちのデザイン

―東日本大震災を経験した今、これからの日本、それからの東京を再構築していくうえで、自然と人間の関係、都市や社会の在り方をどのように考えていけばいいでしょうか―

今から100 年前、関東大震災の被害を目前にした、物理学者、寺田寅彦(注1)が語った言葉があります。

 僭越ながら、日本の工学者である自分からひとつ反省を促したいところがある。

 工学をやっているものが、西欧科学の影響をあまりにもうけている。計算をもって自然を律することができる。そういう発想に立っていることが非常に危険ではないか。

 日本は、日本独自の風土性があり、自然特性がある。そういうものを十分加味した上に日本的な発想の上に工学がなりたっていなければ、また、これとおなじような愚をくりかえすことがおこりうる。

彼は、関東大震災を評してそういうメッセージを残しました。我々は、「天災は忘れたころにやってくる」の策さえ忘れ、彼の言葉すら忘れている。まったく情けないなというのが、今の私の意見です。

写真:六本木ヒルズから東京

今、振り返らなければならないのは、日本人は自然と向き合うとき、どういうひとつの発想をもっていたかということ。それは、「負けるが勝ちのデザイン」なんですね。
日本人の発想っていうのは、自然を支配してやろうとは考えず、自然と向き合った時、自然を読み解き、それを物理的に凌駕しようとは考えず、どうやって往なしていくかが、伝統的土木技術の最大の論点だったんです。

例えば、武田信玄や加藤清正の霞堤(注2)。洪水の流量を制御しようという発想ではなく、いかに流速を制御するかということに着目して水制工法をとっていました。
流速を抑えながら計画的に破堤をする場所を決めておいて、溜まりこんだ洪水をゆっくりと引き込んで、農業利用するなんて工法をとってきたんですよ。
日本人は、ありとあらゆる場面で「負けるが勝ちのデザイン」で、自然と向き合ってきました。

写真:里地(谷戸田の風景)

空間的には里山という構図があって、その里山の向こうは奥山とか後山、岳という発想がありました。奥山は神の領域で、その生態系サービス(注3)を人間の都合で、勝手に消費してはならないという原則を作って、その一方で、里山から内側は、野辺があって野良があってそして里があって、里地・里山の部分は、人が積極的に自然にかかわることによって、恒常的な生態系サービスを享受する。そういう知恵をもっていました。
日本人は、自然とよりそう形でどうやって人間の生活を存在させるかという、最大の英知を傾けてきたんですよ。

東北の海岸林にも、自然とよりそう形が見られました。
東北の沿岸の農山漁村でなにが一番課題かと言うと、特に、海浜部の砂浜のあるところは、砂に埋もれない集落、砂に埋もれない農地をどうつくるかが最大の課題で、そこに傾注して、海岸防潮林をつくってきました。
震災で被災した陸前高田の松原もそうです。あれは知恵の結晶で、当初はクロマツを植えていたけれど、その後200年くらいたって、アカマツをその中に入れたんですよ。クロマツは倒伏するけど、アカマツは折れる。倒伏したところに、折れたアカマツが重なることによって、津波によって沖合に流された残材がそこに引っかかるという効果をもっていたんですよね。日本人は、自然のことを良く読み解いてきたと思います。

自然を傍らに置きながら、すべてのことを考えていくという日本人の発想が、いつの間にか西洋の近代科学の延長線上にたって、自然は支配できるものだと、自然は人間の思いのままにできると発想したところに大きな間違いがあったのではないでしょうか。

したがって、もう一回われわれは、日本独特の自然とよりそうという考え方、「負けるが勝ちのデザイン」の中にみる、何が主で、なにが従であるかを見なおす必要があります。
われわれが従であり、自然が主であると考えるという発想を再構築するという、そういうメッセージを今回受けたのではないかと思います。

注釈

  • (注1)寺田寅彦(てらだ とらひこ):[1878~1935]物理学者・随筆家。東京の生まれ。筆名、吉村冬彦・藪柑子(やぶこうじ)など。地球物理学・気象学などを研究。また、夏目漱石に師事し、「ホトトギス」に俳句・写生文を発表。のち、独自の科学随筆を多く書いた。「天災と国防」、随筆集「冬彦集」「藪柑子集」など(出典:「大辞泉」小学館)。
  • (注2)霞堤:河川に沿って堤防をところどころ切断し、上流側の端を外側に延長して重複させたもの。洪水時にはそこから遊水池に導き、本流の水位を低下させる(出典:「大辞泉」小学館)。戦国時代の武田信玄が考案したと言われ、霞がたなびくように見える様子から呼ばれる(出典:国土交通省国土技術政策研究所ホームページより)。
  • (注3)生態系サービス(Ecosystem Services):生態系がもつ機能のうち、水や食料、気候の安定など、人間が生きていくために必要な恩恵をいう。国際連合の提唱によって実施されたミレニアム生態系評価(MA:2001~2004)において、「生態系サービス」を、次の4つに分類している。1)供給的サービス、2)調節的サービス、3)文化的サービス、4)基盤的サービス。生態系サービスの働きはこの半世紀ほどで大きく低下したと言われている。(出典:Millennium Ecosystem Assessment、「Ecosystems and Human Well-Being: Current State and Trends Findings of the Condition and Trends Working Group」,26-36 頁)

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロダクツ2016
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。