トップページ > エコアカデミー一覧 > 第1回 自然とよりそい、緑がつなぐ都市再生

第1回自然とよりそい、緑がつなぐ都市再生

エコアカデミーインタビュー2.江戸の祭りに学ぶ地域コミュニティー

―日本独特の自然とよりそうという発想を、これからの都市づくりにどのように活かしていけばよいのでしょうか―

僕が震災直後に日本全国にメッセージしたのは、これを期に分節自律型の国土構造を考えるべきだっていうふうに、主張しました。「大きいことは良いことだ」という考えを捨てようと、環境容量に則した、分節して自律できるヒエラルキーに富んだ国土構造を見直すべきだってね。

これからの都市は、リンゴとかカボチャから、ブドウのようなクラスター型の都市構造に転換していくのが望ましい、クラスター型のしかもコンパクトな地域をこしらえて、環境容量に則して、エネルギーも物質もできるだけ自律(注4)できる都市づくりです。

クラスター型を考えるときにとても大切なことは、ネットワークです。
そのネットワークは、エネルギー、物流、情報とそしてエコロジカル、この4つの要素がネットワークを強化するもので、これらが有機的に機能するのが、望ましいんじゃないかな。

その時に、思い起こさなきゃいけないのがね、ヒューマンスケールの都市を作るってことの大切さです。自動車文明を主導してきたアメリカでは、都市において住民どうしのコミュニティーが崩壊するという状況があります。その一番大きな原因が、過度な自動車文明によりコミュニティーが崩壊してしまったという事実につきあたります。

ニューアーバニズム(注5)の、アワニー宣言(注6)にも明確にあらわれていますが、生態学的な特性の上にできるかがり自動車文明を排して、ヒューマンスケールの都市を作ることによって、改めてコミュニティーの再生を図り、よりよいアメリカのアーバンシティーをつくるべきだという宣言しています。
そして、これは、まさに江戸に学べる一つのモデルなんですよ。

―都市の在り方を考える上で、江戸に学べるモデルとは、どのようなものがあるのでしょうか―

都市の在り方を考える上で、振り返らなければならないのは、祭です。
江戸になんであれだけの祭りがあるのかというと、祭りというのは、平時における防災訓練だったんですよ。楽しみながら9月1日の防災の日を過ごしているようなものかな。
江戸のご祭神は、それぞれ、自然の怖さを代表しているご祭神です。神田明神は平将門、水天宮は、洪水や津波、それぞれのご祭神にそれぞれの祭りの形式があります。

写真:水天宮

日常生活をしていると、どうしても日々の暮らしに追われて、10年前の地震や大火を忘れてしまう。江戸はしょっちゅう大火など災害と向き合わなければならない土地だから、どうしても、防災訓練が必要だったのではないでしょうか。
そういうハッサージで一番大きな問題としては、重量物をどうやって動かし、大量の人間をどうやって、さばいていくかがすごく大事なわけですよ。
誰が、どのような機能をもって、どうゆうふうに役割分担するかということ、これは、実は祭りはすべてこれを充足します。だから江戸のまつりの主役は火消しだったりするんですよ。

防災組織がそういうものに相当しています。すなわち、もう一度、コミュニティーの再生を図るっていうのは、単に考えるのではなく、もう一回地域ごとに、地域特性にあった、イベントをね、地域共同ができるイベントを重視して、日常の暮らしの中に、そういう設えを作り出し行くかをソフトパワーとして考えていくべきだと思います。
そういう意味で、当時世界で一番の大都市であった江戸の暮らしの中に非常に大きなヒントが隠されている。そこをもう一回発掘して考えていく必要があるのではないか、というのが僕の主張です。

注釈

  • (注4)自律:他からの支配・制約などを受けずに、自分自身で立てた規範に従って行動すること。(出典:「大辞泉」小学館)
  • (注5)ニュー・アーバニズム(New urbanism):1980 年代後半から1990 年代にかけて、主に北米で発生した都市設計の動き。自動車社会から脱却した都市計画。古き良き時代の地域コミュニティーを復権させ、各地域の個性ある環境を維持・発展させるとりくみ。
  • (注6)アワニー宣言(もしくはアワニー原則The Ahwahnee Principles):1991 年(平成3 年)、アメリカの自動車に依存した都市形態とコミュニティーの崩壊に危機感を抱いた地方自治体の幹部がヨセミテ国立公園のホテル「アワニー」に集まり、ここで「アワニー原則」という、持続可能なまちづくりを目指す原則を取りまとめた。「もっと住みよいまちへ」という目標のために、コミュニティー、及び複数のコミュニティーを包含する地域リージョン(地域)のあり方が示され、実現のための戦略が記されている。(出典:「平成10 年度版 環境白書 第2 章3節4 都市の成長管理と広域行政の試み」より)

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。