トップページ > エコアカデミー一覧 > 第5回 ECO女子のチャレンジ~エコキャンパス・プロジェクト~

第5回ECO女子のチャレンジ~エコキャンパス・プロジェクト~

エコアカデミーインタビュー5.キリバス共和国での実践活動

-南太平洋のキリバス共和国(注11)で、「おひさまクッキング」の活動をなさっているとのことですが、どのような活動なのでしょうか-

写真:道路や家屋が崩れている被害の様子

高潮による被害(キリバス共和国)

2006年、本学主催で開催した国際シンポジウムで、南太平洋諸国の政府機関のコイン・エトゥアティ氏(キリバス出身)の講演がありました。地球温暖化による海面上昇に起因する高潮の被害状況に関するお話でした。シンポジウムは、ただ開催するだけではなく、参加者同士が交流を深め、その関係を継続させることが大切だと思っています。そこで、エコキャンパス研究会の学生たちを中心に、キリバス共和国に行くことになりました。しかし、沈みゆく島々の状況を見るだけではなく、国際交流学部として大学の講義で学んだことを自分たちで実践するためには何をすべきなのか。高潮被害を受けた道路の修理や護岸工事は、学生たち、ましてや女子では、実際には無理です。しかし、あきらめず、自分たちにできる解決策を探りました。

まずは、キリバス諸島で生活する人々の様子を調査しました。実は、キリバス共和国では高潮被害も深刻な問題ですが、市民生活に深刻な影響を与えている問題が他にもありました。

まず、エネルギーです。キリバスは島国で、灯油やプロパンガスを輸入に頼っています。値段も日本とほぼ同じですから、現地の経済状況からすると、燃料費の家計負担はかなり大きいです。

写真:ソーラー・クッカーを囲む学生と現地の方々

現地の方々とともに汗を流して作ったソーラー・クッカー

そこで、太陽の光で料理ができる「おひさまクッキング」としてソーラー・クッカー(注12)を紹介するプロジェクトにチャレンジしました。ところが、現地には日本のようなホームセンターもありません。現地で調達できる材料や技術で作れるソーラー・クッカーでないと、その広がりは期待できません。他方で、キリバスの調理方法は、「煮る」と「蒸す」が主で、タロイモやパンの実を煮る、米をなべで炊くなどが一般的です。さらに大家族が多いので、一度にたくさんつくります。そういった点でも、太陽熱を利用するソーラー・クッカーは適していました。

日本では、足利工業大学、現地ではキリバス技術専門学校の先生、生徒の方々と、キリバスで生産できるソーラー・クッカーの開発を進めました。本学の学生たちは語学が堪能ですから、現地のスタッフと楽しく会話しながら、ともに汗を流しました。また、キリバスの主婦の方々のご協力をいただき、デモンストレーションもおこない、「太陽なんて暑くていやだったけど、太陽の利用法とありがたさを教えてもらった」とコメントをいただくことができました。また、地元の新聞からも、「燃料費の高騰するなか、家計を助ける期待がかかる」と紹介していただきました。日本人の生活から比べたら、実際のところキリバスの生活では、二酸化炭素なんてわずかしか排出していません。二酸化炭素排出削減というコンセプトで現地の方々にアプローチをしてもピンとこないのです。

写真:マイボトル

校章入りマイボトルの販売、利益はすべてキリバス支援へ

一方、水不足ですが、近年、地球温暖化による気候変動の影響で、キリバスでは降水量の変動が大きく「降ればどしゃぶり、降らなきゃ干ばつ」という極端な天候が続いています。また、急激な都市化で人口密度が高まり、地下水の枯渇や生活排水による汚染で地下水が飲用できない、という水不足が深刻となっていました。この現状に、エコキャンパス研究会では、雨水タンクをキリバスの小学校に寄付するため、大学内で省資源のためのマイボトルを売り、その収益金や募金で資金集めをしています。キリバスでは、一般の家庭には、雨水タンクが普及しているのですが、小学校などの公共施設には、設置が遅れています。

キリバスでの体験のひとつひとつは、現地の人々の現状に耳を傾け、ともに解決策を考える、現地の人たちが自ら取り組める方法を考える、そういった国際協力の在り方を学ぶ上で学生たちに大きな成長をもたらしました。キリバスでの活動は、これまでエコキャンパス研究会の活動として継続してきましたが、国際交流学部の現地実習科目として展開できるようになりました。本学ならでは、女性ならではの視点を活かし、キリバス住民とともに歩みながら、温暖化の問題に対して、日本のみなさんにも関心をもってもらえるよう、学生とともに研究を発展させていきたいと思っています。

注釈

  • (注11)キリバス共和国:南太平洋の赤道付近、オーストラリアのブリスベンとハワイのほぼ中間に位置し、ギルバート諸島、フェニックス諸島、ライン諸島の3つの島嶼群からなり、33のサンゴ礁の島がある。総面積は811平方キロメートルで、海抜は平均2メートルと低く、地球温暖化による海面上昇の影響を受けやすい地域となっている。近年は頻発する干ばつで雨水の集水量が減少し、海面上昇による井戸水の海水浸入により、WHO基準の1日1人50リットルの給水量に達していない。人口は約11万3千人(2009年7月推計)で、年間2%の人口増加率にあり、首都タラワが位置するギルバート島に人口の60%が集中して、急激な都市化やゴミの増加、水不足が問題となっている。経済状況は、世界で最も貧しい国の1つであり、天然資源も乏しく、産業は漁業とコプラ生産(copra:ココヤシの果実の胚乳を乾燥したもの)、観光である。近年の人口増加で、食品の輸入量が増加傾向にあり、機械類、燃料などは輸入に依存し貿易赤字を抱えている。
    参考“Climate change in Kiribati”The climate change portal of the Office of the President of Kiribati(気候変動による影響に関するキリバス大統領の公式ポータルサイト) http://www.climate.gov.ki/index.html外部リンク
  • (注12)ソーラー・クッカー(Solar cooker):再生可能エネルギーの一手段として、レンズや反射鏡で太陽光を集光し、黒く塗った鍋に光を当て熱源とし調理するもの。箱型、パラボラ型、パネル型の形状があり、素材もアルミやステンレス製で商品化されたものから、ダンボールにアルミ箔を貼ったタイプやてんぷらガードを利用した手作りのものまで、さまざまである。
    参考:佐藤輝著「お日様の力を頂いて!ソーラー・クッカーを作ろう」2011,パワー社

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。