トップページ > かれんとシーナの『エコ質問箱』 > 質問1:「バイオマス」って、なんのこと?

2016.03.04

かれん と シーナの『エコ質問箱』 質問1

質問1:「バイオマス」って、なんのこと?

かれん
さあ、「エコ質問箱」のはじまり、はじまり! 今回は、私から質問をさせてもらおうかしら。
シーナ
OK! じゃあ、何でも聞いてよ。
かれん
あら、シーナが答えてくれるの?
では質問です。最近「再生可能エネルギー」って、よく聞くんだけど、何のことか教えてくれる?
シーナ
再生可能エネルギーっていうのは、石油・石炭・天然ガスなど採り尽くしちゃったらなくなってしまう「化石燃料」に対して、太陽光発電や風力発電など太陽の光や風など自然の力がある限りなくならないエネルギーのことだよ。「自然エネルギー」とも言われるんだ。他にも、バイオマスとか地熱発電などがあるよ。
かれん
そうそう、その「バイオマス」がよくわからないのよ。なんか木を燃やしたりするんでしょ。燃やしたらCO2が出るんじゃないの?
シーナ
うん、ちょっとわかりにくいかもしれないね。昔から使われている薪や炭などを思い浮かべたらイメージしやすいと思うんだけど、バイオマスを燃やしてエネルギー取り出す時に放出されるCO2は、もともとは生物が育っていく過程で、光合成によって大気中から吸収して取り込んだものだよね。だから、燃やしたりしてCO2として大気中に放出されても、元に戻るだけで増えているわけじゃないんだよ。
かれん
え、それじゃあ、化石燃料は違うの?
シーナ
化石燃料も太古の昔の大気中のCO2が吸収・固定されたものなんだけど、ものすごく長い期間をかけて溜まったものだから、それを今の時代に一気に使っちゃうと、吸収・固定←→放出のバランスが取れなくなっちゃうのが問題なんだ。
かれん
なるほどね。
ところで、なんで「バイオマス」なんてわかりにくい言葉を使うの? 薪や炭って言えばいいじゃない。
シーナ
生物資源(バイオ)の量(マス)というのは、木材などだけじゃなくていろいろあるんだよ。例えば、家畜の糞尿とか食べ残しや食品クズなどもバイオマスの一種なんだよ。
家畜のふんなんかは、燃料のない国や地域では、今でも乾燥させて炊き出しに使ったりしているし、先進国ではもっと工業的にエネルギー生産に利用しようと開発が進んでいる。下水処理場に溜まる下水汚泥からもエネルギーが取れると注目されているし、稲や麦のワラとか、サトウキビから汁を絞ったあとのカスなどの未利用資源や、資源作物として栽培されるトウモロコシなどもバイオマスなんだ。
かれん
へえ、いろいろあるのね。ちょっと賢くなった気分。
でもなんかちょっと難しそうだわ。
シーナ
だからこそ、薪ストーブなど身近に使えるバイオマス燃料が注目を集めているんだ。
ぼくの生まれ故郷の里山も、薪を使う暮らしがなくなって荒れてしまったけど、最近はボランティアの人たちが整備してくれるようになって、生き生きしてきたんだ。育ちすぎた木をちゃんと切って、使ってもらえれば、森もよみがえる。だから、もっと木を使ってほしいんだ。その方法の一つが、薪ストーブなどバイオマス燃料としての活用なんだよ。
かれん
お父さんに言って、うちにも薪ストーブを入れてもらおうかしら…。

Question

かれん
さて、最後に問題です。今日は、「バイオマス」という言葉について勉強しましたが、次のうち次のうちバイオマスといえるのはどれか、わかりますか? シーナの説明にもあったので、皆さんはもうおわかりですよね?
  • A1 サトウキビを発酵させてつくるエタノール
  • A2 天然ガスから作った水素ガス
  • A3 風力発電で作った電気

答えを見る

解説

シーナ
答えは、A1のサトウキビを発酵させてつくるエタノール。
天然ガスは化石燃料の一種だよね。
風力発電で作った電気は再生可能エネルギーだけど、バイオマスではない。
正解だった人も間違えた人も、おさらいしておいてね。
じゃあ、また次回!

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。