トップページ > かれんとシーナの『エコ質問箱』 > 質問3:国内で唯一、府中市だけに自生するムサシノキスゲってどんな花?

2016.04.28

かれん と シーナの『エコ質問箱』 質問3

質問3:国内で唯一、府中市だけに自生するムサシノキスゲってどんな花?

シーナ
近頃だいぶ暖かくなってきたね。桜の花も盛りを過ぎて、新緑が芽生えだしたよ。
かれん
本当に気持ちのいい季節ね。
シーナ
ぼくのふるさとの雑木林では、今の時期、山野草が芽吹きはじめて、かわいい草花も咲き出しているんだ。
かれん
どんな花が咲いているの?
今度、いっしょに行きましょう。連れて行ってよ。
シーナ
いいよ。今回は、そんな雑木林に咲く草花について紹介しようか。
実は、府中市にある浅間山(せんげんやま)というところに、日本全国でそこだけにしか自生していない「ムサシノキスゲ」というユリ科の植物があるんだ。
かれん
え、それは珍しい! 東京にしかないなんて、なんだか不思議だわ。
4月末~5月下旬にかけて花を咲かせるムサシノキスゲの群落(府中市提供)。4月末~5月下旬にかけて花を咲かせるムサシノキスゲの群落(府中市提供)。

4月末~5月下旬にかけて花を咲かせるムサシノキスゲの群落(府中市提供)。

シーナ
浅間山は、武蔵野平地には珍しいこんもりとした標高80メートルほどの丘で、多摩川の対岸にある多摩丘陵と同じように、多摩川の昔の流れによって周囲が削り取られたんだけど、その浸食から免れて残った山だと言われているんだ。
今は都立公園として保全されているのだけど、その浅間山でも一時期、ムサシノキスゲも絶滅の危機にあったらしいんだ。
でも、ボランティアの皆さんの力で復活したんだって。
かれん
どういうこと? くわしく教えて。 
シーナ
雑木林の草花は、里山を人々が利用してきたことで保全されてきたんだ。定期的に木を切り、薪にしたり、シイタケのほだ木にしたり、落ち葉をはき集めて堆肥にしたりすることで、林の中は光が射し込む明るい環境になっていたんだ。それによって、生育にたくさんの光を必要とする植物が生長しやすい環境ができていたんだ。
かれん
あ、聞いたことあるわ。薪の代わりに電気やガスが使われるような生活に変わって、里山に人の手が入らなくなったことで荒れてきたんじゃなかったかしら。
シーナ
そういうこと。木を切らなくなって、草木が生え放題になると、林の中はうっそうとして光が射し込まなくなる。そうすると、光が少なくても生長できる種類の植物に代わっていって、ムサシノキスゲなどの里山特有の草花は絶滅していったんだ。
かれん
難しい問題があるのね。
シーナ
浅間山でも一時期荒れて、ムサシノキスゲも見られなくなってしまったんだ。そこで、ボランティアの人たちが立ち上がり、間伐したり下草刈りをしたりと里山保全の作業をしたことで、ムサシノキスゲも復活してきたらしいんだ。
今や、ムサシノキスゲをはじめ、キンラン・ギンランやヤマユリなどの植物、野鳥や昆虫など自然の宝庫として、地域の人たちの憩いの場になっているんだって。
ぼくもこの間行ってみたけど、とてもいい雰囲気の森だよ。
公園の林床は明るく整備されている。ところどころに、ムサシノキスゲの看板が設置されている。(写真左)武蔵府中郷土かるためぐりの石碑(写真右は、「(む)むさしのきすげは五月のかおり」)などが設置されている。

公園の林床は明るく整備されている。ところどころに、ムサシノキスゲの看板(写真左)や、武蔵府中郷土かるためぐりの石碑(写真右は、「(む)むさしのきすげは五月のかおり」)などが設置されている。

かれん
いのちって不思議だわ!
さっそく今度の休みに、浅間山公園へムサシノキスゲを見に行かない?
シーナ
ムサシノキスゲは4月末から5月下旬にかけて花を咲かせ見ごろを迎えるんだ。
毎年、浅間山公園では5月第一第二の土・日曜日に「キスゲフェスティバル」が開催されていて、自然保護団体の人たちが浅間山の自然について紹介してくれるというから、それに合わせていくのはどうかな。
かれん
わかった! 約束よ。

Question

かれん
では、最後に浅間山についての問題です。次のうち、正しいのはどれだかわかりますか?
  • A1 浅間山は、前山・中山・堂山の3つの小さな峰からなる丘で、その名は最高地点の堂山山頂にまつられている浅間神社に由来するんですって。
  • A2 浅間山の一番高いところは、堂山の標高79.6mで、まわりとの高低差は30メートルほどですが、眺望がよく、関東の富士見百景にも選定されているわ。
  • A3 浅間山を中心とした一帯は、かつて南北朝時代の正平7年(1352)に、足利尊氏と新田義興・義宗兄弟の軍が両朝の命運をかけて戦った古戦場として、都の旧跡に指定されているんですよ。

答えを見る

解説

シーナ
実は、3つとも全部正解なんだ。

まさに見どころたっぷりの浅間山公園、みんなもぜひ一度訪ねてみてね!

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。