トップページ > かれんとシーナの『エコ質問箱』 > 質問4:緑のカーテンって、なぜ“カーテン”なの?

かれん と シーナの『エコ質問箱』 質問4

質問4:緑のカーテンって、なぜ“カーテン”なの?

かれん
先日、学校でゴーヤとヘチマの苗の植え付けをしたの。これから夏に向けて「緑のカーテン」を育てるのよ。
シーナ
「緑のカーテン」って何?
かれん
え? シーナは「緑のカーテン」を知らないの? ほら、ゴーヤなんかのツル性植物を壁際に張り出したネットに這わせているのを見たことない?
シーナ
言われてみると…あったかもしれないなあ。
でも何でそんなことするの?
かれん
緑のカーテンを育てると、窓からの直射日光を遮ってくれるから、教室の中もだいぶ涼しくなるのよ。
シーナ
へえ、そんなことをしているんだ。人間の生活って、いろいろと大変なんだね。ぼくの生まれ育った森では必要ないからね。
かれん
森に入ると涼しくて気持ちがいいからうらやましいわ。
じゃあ、昨日聞いた先生の話や、去年の上級生たちが育てていたのも見ていたから、今回は私がシーナに教えてあげようかしら。
シーナ
よっしゃ、頼むよ!
かれん
えへん。ではまず、緑のカーテンの特徴について。
日除けに使われるものには、ブラインドや簾もあるけど、これらは日が当たり続けると熱を持っちゃうんだって。
でも緑のカーテンは生きている植物だから、根から吸った水を葉っぱから出して、まわりの気温を下げる効果があるんですって。
シーナ
蒸散作用だね。
かれん
さすが! よく知っているわね。
そうそう、生きている植物じゃないけど、最近よくあるドライミスト装置も細かい霧を吹いて涼しくするんだって。
うちの学校でも運動会の時にはテントを立てて、簡単なミスト装置をつくっているわ。
シーナ
水滴が蒸発して液体になるときにまわりの熱を吸収するんだ~。
炎天下の校庭は暑いからね!
ところで、緑のカーテンを作るのに適した植物ってあるの?
かれん
よくあるのは、ゴーヤよね。ゴーヤは、実を食べる楽しみもあるのよ。
去年の授業では、苦くないゴーヤのケーキや葉っぱの天ぷらなんかも作ったらしいわ。今年も作るのかしら。
それから、うちの学校ではヘチマもいっしょに植えているの。ヘチマは葉っぱも大きくて生長もいいから、学校の校舎を覆うくらいの高くて大きな緑のカーテンを作るのに最適なんだって。
シーナ
いろんな種類の植物を組み合わせて作っているんだね。
ところで、なんで『カーテン』っていうのかな。カーテンみたいに開け閉めできるわけじゃないんでしょ?
かれん
実は、私もそう思ったから、先生に聞いてみたの。
シーナ
うんうん、そうしたら?
かれん
一つは、風にそよいで揺れる様子がカーテンのように見えるかららしいわ。
壁面緑化と言って蔦植物を壁に這わせることもあるらしいんだけど、緑のカーテンの場合は壁や窓の間に隙間をつくって風通しをよくすることが多いらしいの。
裏側から透けて見える光が緑に輝いてきれいなんだって。「壁」って言っちゃうと、ちょっと堅そうだものね。
もうひとつは、カーテンのように自由に開け閉めすることはできないんだけど、実は開け閉めできているんですって。
シーナ
え~!どういうこと?
かれん
ふふ、なぞなぞみたいでしょ。
緑のカーテンって、夏の暑い期間に葉っぱが影を作って涼しくしてくれるけど、冬になって陽射しを入れたい季節には葉っぱが枯れてなくなるじゃない。
一年を通してみると、緑のカーテンって開け閉めできているんだよっていうことなんだって。
シーナ
なるほど! 確かに開け閉めしていることになるね。
かれん
だから、緑のカーテンとして使うツル性植物は一年性のものが多いらしいんだって。
シーナ
一年中葉っぱが茂った常緑植物だと、冬の寒い季節も日を遮って、寒々しくなっちゃうよね。

Question

かれん
では、ここで読者の皆さんに質問です。
緑のカーテンを生長させるため、ある程度ツルが伸びた段階で、先端部をハサミでチョキンと切り落とすそうなんですが、その理由は?
  • A1 先端部を切ることで、葉っぱの付け根からたくさんのツルを出すようにするため
  • A2 先端部を切らないと、栄養分が葉っぱやツルの生長に使われてしまい、実が成らないため
  • A3 先端部を残しておくと老化を早めてしまい、夏の盛りを過ぎる前に枯れてしまうため

答えを見る

解説

かれん
答えは、A1です。

ツルの先端を切り落とすことを「摘心(てきしん)」と言います。これをすることで、脇芽を出して、分岐しながら横方向にも伸びていくので、網状に広がった緑のカーテンができあがるんですって。
摘心しないまま伸ばしちゃうと、ひょろひょろと伸びて、葉っぱがスカスカな、カーテンとしては寂しい状態になってしまうんです。
これ、大事なポイントですよ!

ちなみに、今月のエコアカデミーは、「緑のカーテン」の効果と育て方3つのポイント ということでNPO法人緑のカーテン応援団理事の小堺千紘さんが解説していますので、そちらもぜひご覧くださいね。
エコアカデミー(第56回)「ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~」: http://all62.jp/ecoacademy/56/01.html

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロダクツ2016
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。