トップページ > かれんとシーナの『エコ質問箱』 > 質問11:生きものトランプで地域の生きものたちのヒミツを知る

かれん と シーナの『エコ質問箱』 質問11

質問11:生きものトランプで地域の生きものたちのヒミツを知る

かれん
今回は、葛飾区でつくっている「生きものトランプ」の紹介よ。区役所の担当の方に来てもらっているので、遊び方や開発秘話についてもお聞きしちゃいたいと思います。よろしくお願いします!
シーナ
ぼくらもさっき遊んでみたんだけど、楽しく遊びながら、生きものについて学べるし、自分たちで遊び方を工夫できる可能性が詰まったトランプだって思ったよ!
区役所職員
こんにちは。「かつしか生きものトランプ」で遊んでもらってありがとうございます。どうでした? 楽しめましたか?
かつしか生きものトランプ

(かつしか生きものトランプ)

シーナ
写真を見ているだけで懐かしくなってくるなあ。
かれん
私は、知らない生きものも多かったわ。
全部、葛飾区で見られる生きものなんですか?
区役所職員
よく見られるものから、珍しいものまで、扱っている生きものはすべて区内に生息・生育しているんですよ。
かれん
このカヤネズミって、すごくかわいい! 「日本一小さいネズミ。背の高い草むらに住んでいる」ですって。実物を見てみたいわ! 私にも出会えるかしら?
区役所職員
名前の下に★マークがあるのがわかりますか? この★が多いものほど、希少種で、なかなか簡単には見られない生きものになります。逆にいうと、★が少ないものほど、身のまわりでよく見ることのできる種類なのです。
かれん
カヤネズミは★が5つもあるわ…。珍しいのかしら?
シーナ
カヤが茂った草むらに住んでいるから、見つけにくいよね。
区役所職員
そうですね。生きているカヤネズミを見るのは難しいですが、冬に草が枯れると、草を集めてつくった巣のあとが見つかることもありますよ。
かれん
へえ、ぜひ見てみたいわ。
シーナ
あ、そうか。トランプの右上の「草」が住んでいる場所だね!
区役所職員
その通り。ここのアイコンは、見ることができる場所を示しています。野鳥などでは、トランプの下の方に、おもな食べ物と大きさ(体長)も書いてありますよ。
かれん
なるほど、便利ですね!
こうしてみると、聞いたことのある名前の生きものも多いですね。でも、名前は聞いたことがあるけど、実際に見たことがあるのは…どれだけあるかな…?
シーナ
かれんも案外、自然を見ていないね。でもトランプをきっかけに身のまわりの自然をながめてみると、意外にたくさんの生きものがいることに気づくんじゃないかな。
区役所職員
まさにそうなんです。トランプ遊びを楽しんでもらいながら、名前の通り、葛飾区内で見られる生きものや自然環境について少しでも興味や関心を持ってもらうのが一番の目的です。
シーナ
このトランプがガイドブック代わりになるわけだね。
区役所職員
いきなりトランプを持って外に出てくださいと言っても、難しいかもしれませんから、環境課では葛飾区生物多様性推進協議会の皆さんのご協力で、小学校での出前授業も実施しています。
かれん
トランプの遊び方を教えているんですか?
区役所職員
トランプをするだけだと遊びで終わってしまいます。一番伝えたいことは“生物多様性”なので、生きものがかかわりあって生きているんですっていう話をしたり、トランプ以外にもいろんな情報を入れているので、それについても説明したりしています。
出前授業 出前授業
かれん
そういえば、マークによって生きものの種類を変えているんでしたっけ?
シーナ
ハートは鳥を集めているみたいだね。クラブが昆虫で、ダイヤは植物ですね! スペードは魚かな?
かれん
スペードには、カニやカメもいるわね。
シーナ
そうか、水の生きものたちだ。
区役所職員
それと、ほ乳類もいます。カヤネズミとマスクラットの2種がジョーカーなんです。ジョーカーの2枚はイラストにしているので区別しやすくなっています。
 遊ぶときに、例えば神経衰弱でも単に多くとった方が勝ちというだけじゃなくて、★の数が多い方がポイントが高くなるとか、鳥の数を比べるとか、いろんな遊び方も提案しています。オリジナルの遊びを考えて楽しむ子どもたちもいます。自由な発想で楽しんでいただきたいですね。
名前の右の方に「VU」とか「EN」とかありますけど、これは何ですか?
レッドデータのカテゴリーです。中学生くらいになると理解できるようになるので、説明していますが、小学生には難しいかもしれませんね。
シーナ
かれんにはちょっと高度すぎるかな。ぼくはわかるけどね。
かれん
まあ、シーナったら、いじわるね。さっきは私に負けたくせに!
シーナ
それは言っちゃだめだよ! 今度は勝つからね!!
区役所職員
まあまあ、仲よく遊んでくださいね。
かれん
耳寄り情報をいただきました。このトランプは、葛飾区役所で買えるそうです!
詳しくは、葛飾区役所(電話番号:03-3695-1111代表)にお問い合わせください。
シーナ
葛飾区だけじゃなく、都内なら共通してみられる生きものだと思うから、ぜひ手に取ってみてよね!
実際に遊んでみないと、このトランプの楽しさや魅力はわからないから、多くの人に体験してもらえるといいな。
かれんとシーナ
今日はどうもありがとうございました。

関連リンク

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロダクツ2016
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。