トップページ > 環境レポート > 第1回「恵み豊かな森を守り、育む ~森林レンジャーあきる野の森づくり」(あきる野市)

第1回恵み豊かな森を守り、育む
~森林レンジャーあきる野の森づくり(あきる野市)

“東京のふるさと”をめざして

レンジャーの皆さんに、今後の活動の展望や夢を伺った。

写真:森林レンジャーあきる野、4人の精鋭たち

森林レンジャーあきる野、4人の精鋭たち(左から、佐々木さん、パブロさん、加瀬澤さん、隊長の杉野さん)

自然体験活動をメインにしている唯一の女性隊員の加瀬澤恭子さんは、地域の古老たちに山を案内してもらうときに聞く昔の話や石碑の由来などがとても興味深いと話す。
「地域の人たちガイドになったり、地域の人と都会の人をつなげるような体験プログラムを企画していきたいですね。めざしているのは、あきる野が“東京のふるさと”のように親しまれる森づくりをしていくこと。もちろん、東京都外の方たちにも来ていただきたいのですが」
加瀬澤さんは、子どもたちの体験活動も担当している。
「この夏、都内の小学生を対象にした自然体験活動をしたんですけど、都会の子どもたちがあきる野の自然を「楽しい」「すごい」「また来たい」と口々に言うんですよね。それを聞いていた地元の子どもたちが、どこか誇らしげにしていたのが印象的でした」  「地元の子どもにとっては、当たり前の自然なんですけど、その当たり前の自然の素晴らしさを知り、伝えていくことが、子どもたちの中に誇りを生む。その子どもたちが将来、私たちのような森林レンジャーになれるような活動を続けていくのが夢なんです」

スペインで地理・環境学を専攻して、数年前に日本に渡ってきたパブロ・アパリシオ・フェルナンデスさんは、生き物や自然資源を中心に森を調査している。
「森にはいろんな環境があります。その森の個性をうまく引き出していって、ここは市民の人たちが楽しく遊べる森づくりをめざしていくとか、さまざまな環境に合わせて自然保護と一般の人たちが自然にふれあっていける場がともにできるような森づくりをしていきたい」
 「今、特に力を入れているのが、トウキョウサンショウウオなどの絶滅危惧種のための保護活動や環境整備。市域内でも産卵が確認されていますが、産卵できる池づくりなどの環境整備をしていかないと将来的には危うい。それと、例えば、横沢入り(注1)のような市内の人気スポットを増やしていきたいですね」

北海道の釧路から移り住んできた佐々木優也さんは動物調査に重点を置いて森を見ている。
「あきる野にはヤマザクラが5種類くらいあって、5~8月に順次、実をつけるんですが、それをねらって哺乳類や野類などいろんな動物が来ているというのが、この春の調査でわかってきました。そういった森の特徴を捉えて、動物たちにも優しい森をめざしていければなと思っています。市民が山に出かけていって、興味の湧くようなものを発見していって、それを守りつつ、野生動物と人間がうまく利用しあえる森をめざしていきたい」
そんな基礎的なデータを蓄積して、今後の森づくりや観光資源に役立てていきたいという。データのまとめ方、それを市民にどう発信していくかを考えていきたいと話す。

隊長の杉野二郎さんは、森の恵みを一般の人たちにも享受できるような環境を整えていくことが大事と話す。
「ハイキングに行って楽しいとか、森林に入ってセラピーの効果があるということから、木材の搬出まで。また滝を見に行ったり巨木を見に行ったりというのまで全部含めて、森の恵みを享受できるような道筋をつけていきたいんです」
そのためにはどうすればよいのか。昔の人の森との関わりにヒントがあると熱を込めて話す。
「昔の人のくらしと山との関わりが、今ならまだ年配の方から伺うことができるんですね。沢でも、かなり奥の尾根筋まで登っていったときに、炭窯跡があるんですよ。沢筋の岩のまわりなどには基本的に針葉樹が植林されていなくて、広葉樹が残っているんですけども、ほとんどが萌芽更新したあとが残っている。つまり、炭を焼くために切られていた森であったということがわかるんです。昔の人たちはそうやって山といっしょに暮らしていたということがあると思うんです、残っているものから推察すると」
「今はまだ昔の山の暮らしというものをいろんな人から聞けるので、聞き取りたいなと思っています。そこから、これから先、森と人が関わっていくためのヒントが出てきたら、新しい森づくりが本当にスタートできるかなと感じています」

今後のレンジャーの活躍を期待したい。

【基礎データ】「森林レンジャーあきる野」とは
あきる野市が平成22年3月に策定した「郷土の恵みの森構想」の実現のため、全国公募で選ばれた精鋭4人の組織。
市有林や民有林を含む市域全体の森林において、生態系や森林の健全性調査などを行うとともに、巨樹・巨木、滝や沢などの地域資源の確認・発見、地域で実施する尾根道整備や古道再生などに取り組む。
また、市職員や一般市民が参加するボランティア組織「森林サポートレンジャーあきる野」の指導なども行う。
なお、あきる野市は人口約8万人、市役所職員は約440人。森林サポートレンジャーには職員60名ほどと市民・企業から20名ほどの合計約80名が参加している(取材時当時)。

注釈

(注)横沢入り
沢と湿地が入り組んだ起伏に富む丘陵地で、かつては開発か保護かで揺れ、大きな注目を集めた。平成18年1月、東京都の里山保全地域第1号に指定された。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。