トップページ > 環境レポート > 第10回「ただ、涼しさや環境の学びのためでなく ~子どもたちの心の成長が大きい、『緑のカーテン大作戦』の手ごたえ」(板橋区立高島第五小学校)

第10回「ただ、涼しさや環境の学びのためでなく ~子どもたちの心の成長が大きい、『緑のカーテン大作戦』の手ごたえ」(板橋区立高島第五小学校)

きっかけは、自宅マンションの引っ越しではじめたときの感動だった

 そもそも緑のカーテンを始めることになったきっかけは、2002年6月の自宅の引っ越しだった。新たに入居した環境共生タイプの分譲マンションで、初めて育てた緑のカーテン。我慢もしないのにエアコンを使わずに暑い夏が終わった経験は衝撃だったとともに、感動と自信につながった。
 日頃、学校でも子どもたちに環境の大切さをことあるごとに伝えてきたが、子どもにとって学んだことが行動や実践にはなかなか結びつかなかった。省エネについて学んだ子が、家でエアコンの温度を変えようと言っても、仕事から疲れて帰ってくる家族の理解や賛同を得られないことも少なくない。
 緑のカーテンをつくって、自然とできていた省エネ生活。そんな住まい方の工夫を子どもたちに伝えられたら、今すぐにでも家庭や地域に広がっていくかも知れないし、長い目で見て子どもたちの将来への小さな種まきになる。
 そんな期待を持って前任地の小学校での取り組みを提案したのが、2003年度のことだった。当時の6年生の担任と相談して、緑のカーテンの取り組みがスタートした。
 ただ、予算はなかった。思い切って、自宅のマンションを建てたディベロッパーの社長さんに相談してみる。「自宅マンションの取り組みで教えていただいた価値を、ぜひ子どもたちに伝えたいんです!」──そんな熱意と学校での取り組みの趣旨が理解され、苗や資材の提供で協力を得ることができた。

写真:自宅マンションのベランダにて

自宅マンションのベランダにて。自宅で育てるなら、「マスカットベリーA」という品種の葡萄もおススメだ。

 素人が手探りで始めた初めての活動は、結果としてあまり成功したとは言えなかった。土は栄養不足だったし、植物も何が適しているかわからなかったからツル性の植物を5種類くらい育ててみたところ、手違いがあってインゲンはツルなしの苗だった。予算の関係でネットを買うお金はなかったからシュロ縄を2階ベランダの手すりから屋上へと張ったが、網状になっていないため子蔓こづる孫蔓まごづるが横方向に伸びていかず、面の“カーテン”にすることができなかった。結局、ヘチマがひょろりと伸びるだけ。さらに夏休みの終わりの台風でシュロ縄が切れるという寂しい結果に終わってしまった。
 2学期に入り、子どもたちがどれほどがっかりするかと心配したが、「楽しかったからいいよ」と言ってくれた。学習自体はさまざまに展開していたから、結果はともかく、いろんな挑戦が子どもたちにそれなりの達成感を与えてくれたのかもしれない。
 ただ、それで満足していたかというとそうでもなかったらしい。「来年は絶対に成功してほしい」と言って、失敗の原因と成功の秘訣を自分たちで調べて、ハンドブックにまとめて残して卒業していった。翌年はその経験を活かして、大成功、立派な緑のカーテンを作ることができた。
 その年の取り組みは、地球温暖化防止活動環境大臣表彰を受けたのに加えて、作文を書くのが得意な子が読売新聞社主催の作文コンクールで内閣総理大臣賞を受賞した。緑のカーテンの活動が一気に知れ渡り、各地からの問い合わせは盛んになり、あちこちへと取り組みが広がっていった。
 この学習には、緑のカーテンを応援してくれる地域の人たちがどんどん現れてくるようになった。肥料は何を使ったらいいのかわからないで悩んでいると、どこで聞き知ったのか「あそこの先生、困っていた」と肥料を抱えて届けてくれる人がいた。そんな人たちを「応援団の皆さん」と呼んでいた。
 2006年春、菊本さんが異動で今の学校に移ることになったのをきっかけに、一つの学校のための「応援団」というそれまでの活動から、緑のカーテンに取り組む全国の人たちを応援していくための活動へと舵切ることになった。その年の12月には、NPO法人の申請が認可された。「NPO法人緑のカーテン応援団」の発足だった。菊本さんも理事として関わっていくことになった。

保護者に呼びかけて、「緑のカーテン・サポーターズ」を結成

 2006年4月に現在の高島第五小学校に赴任した菊本さん。当初、新天地で緑のカーテンの取り組みを始めるつもりはなかった。大変さは身にしみていたから、安易に始めてしまうことの危うさも感じていた。
 ところが、折に触れて紹介していた菊本さんたちの活動を聞いた当時の校長先生が、高島第五小でもぜひ始めたいと提案した。教員の中には、「いいことなのはわかるけど、もう十分に忙しい中で新しいことを増やすのはマイナスの影響も心配される」と、慎重な姿勢をみせる声もあがった。
 全体の合意がない中で始めても楽しい活動はできないからとむしろ校長を説得しにかかった菊本さんだったが、どうしてもやりたいと熱心に説く校長の熱意と、「おもしろそうだから僕のクラスでやってみるよ。」という担任の言葉に後押しされ、2007年度から、高島第五小学校の緑のカーテン大作戦がスタートすることになった。
 初挑戦の年は、引き受けてくれた6年担任の先生の負担を減らそうと、菊本さんがかなり無理して、土日はもちろん夏休みも欠かさず世話をしに出てきていた。さすがにこれではまいってしまうと、翌2008年度からは、保護者に協力を呼びかけることにした。

 思った以上に多くの世帯が手を挙げてくれ、「緑のカーテンサポーターズ」が結成される。土づくりやネットの撤収など、大変な作業の時には一緒に作業に加わってもらえるようになった。
 水やりがともかく大変だ。子どもは加減がわからなかったりするので、十分に注水したつもりでも、土はすぐに乾いてしまう。
 枯れた葉もこまめに取らないと病気にもなりやすい。夏の盛りには大変な作業量だ。
 それと、ツルの誘引。子どもたちも夏休みに毎日来て、相当な時間をかけてやっている。上の方まで縛っていくのは無理だが、下の方だけでもどんどん出てくるので、それをきちんと縛ってあげないと地を這ってしまうことになる。
 これらの作業は本当に手がかかるから、多くの大人たちが、「水やり隊」「肥料隊」としてこまめに世話をしてくれたり、「メンテナンス隊」がちょっとしたプランターの手入れなどをしてくれたりするのはとても頼もしい。これによって、教員の負担はかなり軽減された。
 そこまでしなくても作ることはできるものの、4階までびっしりと葉を茂らせる高島第五小学校のような緑のカーテンになるには、それなりの手入れが必要というわけだ。

 学校での取り組みでネックになるのは、何といっても教員にゆとりがなさ過ぎること。子どもたちも含めて、全体的に時間がない。学習しなくてはならないことはどんどん増えてくる一方、総合の時間は削られてきている。
 緑のカーテンをつくろうとすると、かなりの時間を取られることになる。そこで取られる分の仕事は、夜や休日出勤をしてこなさないと追いつかない。相手は植物だから、待ってはくれない。お世話しなくていい日なんてない。

 だからこそ、保護者や地域の人たちの協力をお願いして、地域の力を取り入れていくことが大事だと菊本さんは強調する。
 先生──まして当該学年の担任の先生だけ──と子どもたちだけでやろうと思うと、そこには限界がある。保護者や地域の力を取り込んでいくことで、先生たちも余裕が持てて、学習そのものの展開に時間も力も注いでいけるようになる。
 それとともに、保護者や地域の人たちにとっても、関わったことで、緑のカーテンは自分たちのものにもなっていく。“私たちの緑のカーテン”という意識でいっしょになって喜んでもらえるし、誇りに思ってくれている。

写真:「緑のカーテンサポーターズ」として関わってくれた保護者の方々

「緑のカーテンサポーターズ」として関わってくれた保護者の方々に向かって、子どもたちは感謝を込めて「ありがとうございました!」

写真:サポーターズの皆さん用の記録用紙

サポーターズの皆さん用の記録用紙。毎日名前が書き込まれていく。

めざましい、子どもたちの学び

 緑のカーテンの取り組みを通じて得ている、子どもたちの“学び”はとても大きいという。
 春先に植えたほんの小さな苗が、夏の終わりには4階に届くまでに大きく生長している。その上に広がる青空。日々、そんな光景を見上げていると、植物の生命力に畏敬の念すら覚える。
 毎日毎日、植物の生長を見守りながら、子どもたちは土や水や植物、虫などごく身近なものを大切な自然として認めていけるようになっていっているし、それらの中に「命」を感じるようにもなる。そうして身のまわりのさまざまに価値を見出せるようになると、日々の暮らしの中でも、自分にも環境にもやさしい生き方を工夫していけるようになる。──もともとはそんな期待から始めた取り組みだったが、子どもたちの中に確実に育まれているものがあることを実感している。でも、学びはそれだけでない。
 できれば楽をしたいと消極的だった子が、「人より先に自分が!」と率先して動くようになっていた。

写真:どんな作業も喜んで手伝ってくれる女の子たち

暑い中、当番でない日もほとんど毎日やってきて、どんな作業も喜んで手伝ってくれる女の子たち。

 手伝いに来てくれたNPOの方が、帰り際に「ありがとう、本当によかった!」と言ってくれたことがあった。すごくお世話になったのは、むしろこちらだ。「どうしてですか?」と聞き返す。
 「NPOとしていろんなところの学習支援に行きますが、“仲間”として受け入れてもらえることってなかなかないんです。でも、ここの子どもたちは、初めて会ったのに、いっしょに取り組む仲間として受け入れてくれて、それがとてもうれしかった」
 そう言われて、人と関わっていく力が付いてきていることに気付いた。
 緑のカーテンの取り組みを通じて、子どもたちはさまざまなことを教わるが、教えてくれるその内容もさることながら、そうして多くの人たちが本気になって関わってくれていることが、子どもたちの心の成長につながっているのかもしれない。

緑のカーテンをつくる3つのポイント

緑のカーテンを作る上で、ポイントはが3つある。

写真:年度はじめの土づくりの作業

年度はじめの土づくりの作業。培養土、腐葉土、ボカシの順に入れてよく混ぜ合わせ、さらに腐葉土、培養土を入れて混ぜ合わせる。

写真:ゴーヤとヘチマ

後追いゴーヤが生長すると、下の方を覆うゴーヤと上の方へ生長するヘチマとの見事な連係プレーが観察できる。

1)土が命。栄養豊富な土をなるべくたっぷりと
 野菜用の大きなプランター。スペースに合わせて、とにかく置ける範囲でもっとも大きいプランターを用意するのが大事。
 土は、「培養土」──ピンからキリまであるので、園芸屋さんで相談して育てる植物に合ったものを購入──と、あとから力を発揮してくれる「腐葉土」、それに「ボカシ」──腐葉土の力をより発揮させてくれる──を入れて混ぜ合わせて土を作る。この段階で、どう育つかの運命が決まってくる。
2)ネットを太陽側にピンと張る
 ツル性植物は、巻きヒゲでつかまって安心の度合いを確かめながら伸びていく。だから、フワフワ風にあおられるようだと、早く伸びて花をつけて実を残そうと、子蔓をあまり出さなくなる。なるべくきっちりと固定して、風で揺らがないようにするのがポイントだ。
 ネットの上部で、支柱を縫うように網目を交互に通してやると、しっかりと固定できる。
 プランターは、ネットの内側に置く方が、植物は太陽に向かって伸びていくから、伸びたい方向にネットがあってつかまりやすい。足元の葉が茂ってくれば直射日光を浴びず、土温は上がらないし、乾燥も避けられる。
3)少なく植えて、大きく育てる
 茂ってほしいからといっぱい植える人が多いが、大きなプランターを用意しても、多くて2苗まで。植えすぎると、限られた水と栄養を取り合ってしまうから、成長が抑えられてしまう。少なく植えれば、大きく育って葉を茂らせる。
 また、親蔓が1mほど伸びてきたところで、頭をプチンと切ってやる。「摘心」というが、これをすることで、横方向に子蔓をたくさんと出すようになって、密集しながら伸びていく。緑のカーテンだから、面的に茂らせないと涼しくならない。
 学校では、ヘチマは摘心せずに、4階まで到達したところで切っている。でもそうすると、どうしても隙間があいてくる。ここに、ゴーヤをあとから伸びてくるように植えている。
 ヘチマが伸びていってすいているスペースを、ゴーヤが伸びていって埋めてくれる。この2段構えを「ゴーヤの後追い作戦」と呼んでいる。
写真:お話をお聞きした、菊本るり子さん

お話をお聞きした、菊本るり子さん(板橋区立高島第五小学校の音楽教諭)。

 はじめの状態が、その後の育ちを決定づける。土の栄養が少なければ、それに合った生長しかしない。風に煽られるような不安定な環境だったら、あまり伸びずにさっさと実をつけようとする。いっぱい植えられると、与えられた栄養でしか育たないから、大きく茂ることができない。
 「ゴーヤの気持ちになってみたらわかるんです」──そう言ってにっこりと笑顔を見せる菊本さんだった。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。