トップページ > 環境レポート > 第13回「かつて見られたヤマユリ咲き誇る里の風景の回復をめざして ~苦節7年で花開きつつある『八王子やまゆり咲かせ隊』の取り組み」(八王子やまゆり咲かせ隊)

第13回「かつて見られたヤマユリ咲き誇る里の風景の回復をめざして ~苦節7年で花開きつつある『八王子やまゆり咲かせ隊』の取り組み」(八王子やまゆり咲かせ隊)

市民の里親ボランティアの手を借りて

写真:インキュベーターにギッシリ詰まったヤマユリの種。

インキュベーターにギッシリ詰まったヤマユリの種。土と混ぜ合わせてビニールに入れている。1袋で1,000粒ほど入れてあり、これを30袋ほど恒温保管する。

 小俣さんの指導と田口さんたちの試行錯誤によって、ヤマユリ増殖のための技術は確立してきた。現在は、隊で大小2台のインキュベーターを購入して、毎年種の発芽を促進している。ビニール袋1つには土とともに種1,000粒ほどを入れていて、その袋が2台のインキュベーターに30袋ほど入る。これで合計3万粒の発芽種子を毎年育てられることになる。
 このヤマユリの種、八王子市内に自生する株から採ることにこだわっている。他所から持ち込むと生態系を撹乱することになるからだ。幸い、高尾山ケーブルカーの山頂駅のすぐ上の斜面にヤマユリ自生地があって、ケーブルカーの社員がきれいに管理している。隊では、毎年ここの種を分けてもらっている。

 毎年3万粒の種を隊員やその知人だけで育てようとすると大変だ。自宅で栽培できるプランターの数にも限界がある。そして何よりも、自分たちが鑑賞するだけでなく、里に植え戻して“やまゆりの里”を復活させようとすれば、より多くの人の理解と協力が欠かせない。いろんな人の手を借りて、活動を広げていくことが必要だった。
 そこで、田口さんたちは、ヤマユリを栽培してみたいという市民を広く募って、「里親ボランティア」として1人100粒ずつ無償配布して、自宅のプランター等で栽培してもらう仕組みをつくった。
 発芽した種子を100粒ずつの小袋に小分けして、配布できるように準備する。植え方・育て方のマニュアルを作って、種といっしょに手渡す。ヤマユリの咲く季節には、鑑賞会を兼ねた勉強会も開催している。実際にヤマユリ栽培に取り組む人たちだから、日々の悩みや工夫についての実践的な情報交換の場となる。「私はこういうやり方で失敗した」とか、「こうするとよかった」など体験談を話したり、持ってきた写真を見せ合って「育ちが悪いんですけど、何が悪いんでしょうか」などと相談したりする。プロの栽培家ではないボランティアだから、皆、勉強しながらの栽培だ。

写真:発芽種子の配布会の様子。

発芽種子の配布会の様子。100粒ずつに選り分けた発芽種子を1袋ずつ渡して、自宅で栽培してもらう。

 里親ボランティアは、新聞で呼びかけたり、老人クラブに声をかけて協力を呼びかけたりした結果、現在518人が登録している。毎年2月頃にハガキを出して、4月に発芽種子を配布している。ただ、毎年100粒ずつ増えていっても、とても育てきれないと、実際に配れているのは毎年200人ほど。残りは、隊員で手分けして栽培しているほか、農家の里山を借りて栽培実験もはじめている。

 「プランターから芽を出しているのを発見したときには、本当に感激しました」
 「やっと花が咲きました」
 里親ボランティアからは、そんなお便りも寄せられている。

ヤマユリとともに、キンラン・ギンランなど里山の草花が戻ってくる

 ヤマユリのプランター栽培による球根生産に一定のめどが立ち、現在は育てた球根を里に戻してヤマユリの里を復活させる活動にシフトしてきている。
 フィールドは、もともとの自生地、上川町の里山でまず始めた。昔はヤマユリがたくさん咲いていたが、寺が無住になって山が荒れて、竹やぶに覆われたりして全滅していた。草を刈って明るい草地にすると同時に、育てた球根を移植した。
 また、2010年からは戸吹クリーンセンター(清掃工場敷地内)のビオトープにも植えている。八王子市では、同清掃工場を緑の森にする計画があって、その一環として協力する形だ。山の斜面いっぱいに植えていて、今年はたくさん咲いて見頃を迎えそうだと田口さんは話す。

 これらの活動は、里親ボランティアとして球根を育ててくれた人たちの手による。隊の役割は、ボランティアが育てた球根の移植場所を確保することだ。移植作業の他、ヤマユリが好む環境を維持するための下草刈りも毎年5月と10月の2回ほど実施している。
 ボランティアによっては、自宅の近くの身近な公園に植えたり、学校や老人ホームに持って行く人もいる。公園の愛護会のメンバーが里親ボランティアに参加して、公園に植えるために育てているケースもある。いっしょに勉強して、それぞれのところでヤマユリを咲かせていく。
 「そうやって、いろんなところでいろんな活動ができていってくれるとうれしいですね。八王子市は広いので、私たちだけではとてもやり切れませんから」
 田口さんはそう話す。
 里山の管理でも、ヤマユリのために下草を刈っていくと、かつて里山に生えていたキンランやギンランなどの種も残っていて、芽を出したりしているという。見渡せるような明るい里山が増えていって、ヤマユリを象徴としたかつての里山の風景を取り戻すこと、それが隊のめざすところだ。

 一方で、今の課題はイノシシ対策だという。ヤマユリの花が咲くとその香りに誘われるように、イノシシがやってきて、球根(いわゆるユリの根)を掘り出して、食べてしまう。2,000植えた球根が、わずか一晩で1,000個も食べられてしまったこともあった。
 高尾山では、イノシシ対策として、地面にゴルフネットを張り巡らせているという。それでも、ネットを食いちぎって球根を食べちゃうこともあるらしい。
 上川やまゆりの里では、イノシシ避けの電気柵を張って、何とか被害を防いでいる状況とのことだった。

 ヤマユリが咲き誇る里の風景がよみがえるには、荒れた里山を整備してヤマユリを育てるのに加えて、イノシシなど里山の動物が人と共存できるような環境も必要なのだろう。そこまでは手がまわらないと苦笑する田口さんだったが、隊の活動で育ったヤマユリは、今年もまた花咲かせる季節を迎えている。

写真:上川やまゆりの里での下草刈りの作業の様子。

上川やまゆりの里での下草刈りの作業の様子。

写真:戸吹クリーンセンターの斜面でも、ヤマユリの移植を始めた。

戸吹クリーンセンターの斜面でも、ヤマユリの移植を始めた。

写真:咲いたヤマユリ(上川やまゆりの里)。

咲いたヤマユリ(上川やまゆりの里)。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。