トップページ > 環境レポート > 第28回「キャップ回収をボランティア活動の一つのきっかけに ~明治大学エコキャップ班の取り組み」

2013.04.15

第28回「キャップ回収をボランティア活動の一つのきっかけに ~明治大学エコキャップ班の取り組み」

キャップのリサイクルだけにこだわらず、より幅広い活動を目指して

2012年度の活動で作成した「リバティ防災マップ」。
2012年度の活動で作成した「リバティ防災マップ」。

 エコキャップ班の活動のベースは、キャップ回収を通じた環境保全やボランティア活動への参加だが、2012年度はそれにとどまることなく、より幅広い活動をしていきたいと、年度のはじめから話し合いが重ねられたという。
 前期の活動として力を入れたのは、リバティタワーの防災マップの作成だった。各階の避難経路や消火栓の配置などを調べて、イラストマップにしたもの。日頃、キャップ回収ボックスを巡回して大学構内をくまなく歩き回ってきた経験も活かして、学生目線の防災マップが仕上がった。取り組みのプロセスでは、学内防災部署との意見交換、学内外の防災関係者による講義や、錦糸町にある本所防災館に勉強に行って防災への意識や知識も向上し、充実した活動になったという。

 エコキャップ班でなぜ“防災”なのかというのは、メンバーの中でも議論になったというが、実は背景がある。
 キャンパスごとに設置されているボランティアセンターには、それぞれテーマがあって、例えば、理系学生が通う生田キャンパスでは、「自然共育」をテーマに活動している。駿河台ボランティアセンターのテーマは「防災」で、千代田区及び近隣大学との連携で活動を展開しているというわけだ。

 10月には、毎年大学のOB・OGを招待して開催している「ホームカミングデー」に参加した。OB・OG同士の親睦や、母校との連携の強化、現役学生たちとの交流などを目的に開催されるこのイベントでは、会場内でドリンクの販売などもしているから、ペットボトルのキャップ回収を呼びかけながら、エコキャップ班の活動を紹介して、1ヶ月後に迫っていたエコキャップ週間の案内にもつなげたわけだ。また、会場で販売する飲料には、これまで使い捨ての紙コップを使っていたが、これに替えてプラスチック製のリユースカップを導入。回収を呼びかけた結果、90%以上が回収でき、エコ活動をアピールする機会にもなったと同時に、エコキャップ班としても新たな活動を展開する契機になった。

 これらの活動は、2012年度からはじめたものばかり。キャップ回収の活動だけでない、幅広いボランティア活動をしたいというメンバーみんなの意見で、試行錯誤していった結果だ。
 さらにメンバーみんなの強い気持ちから、2013年度以降、名称を「Tree」に変更することも決まった。「エコキャップ班」という名称ではキャップ回収しかしていないと思われるからだ。より幅広い活動をしていくために、名称を変更したいという気持ちが強くなったためである。新名称「Tree」には、以下のような意味を込めている。
 『大きく広がる木の根や枝は、まさに私たちが目指す「幅広い活動」を指す。今はまだ活動が始まって3年足らずの組織ではあるが、これから何世代と続いていくキャップ班が木の年輪のように大きな幹になってほしいという願いを込めている』

防災マップづくりの様子。
防災マップづくりの様子。

お世話になった学内外の関係者をお呼びして開催した、防災マップ作成の発表会(2012年8月6日、リバティタワーの教室にて)
お世話になった学内外の関係者をお呼びして開催した、防災マップ作成の発表会(2012年8月6日、リバティタワーの教室にて)

キャップ回収の活動が一つのきっかけになる

左から、明治大学エコキャップ班の犬塚翔平さん(法学部4年)、木下麻梨さん(経営学部4年)、大高吉央さん(法学部4年)。所属・学年はいずれも取材当時。
左から、明治大学エコキャップ班の犬塚翔平さん(法学部4年)、木下麻梨さん(経営学部4年)、大高吉央さん(法学部4年)。所属・学年はいずれも取材当時。

 「ボランティア活動というと、誰かを助けるための活動だったり、余裕のある人が分け与えたりといったイメージを持っていたんですが、実際にボランティア活動を自分がするようになって、人との出会いやいろんな人とのつながりができたのがとてもおもしろかったし、意義を感じたところでした」  そうエコキャップ班を通じたボランティア活動をふりかえるのは、大高さんだ。
 一方、木下さんは、自身の活動の反省も踏まえて、後輩たちにエールを送る。
 「活動していくと、だんだん元の趣旨を見失ってしまうこともありますよね。エコキャップ週間でも、景品を集めることに一生懸命になりすぎて、そもそも“キャップ回収の習慣づけ”のきっかけづくりをめざして始めたはずの抽選会だったのに、気付くと手段が目的化していたところもありました。そんなことも乗り越えながら、これまで大事にしてきたことを見失わないようにエコキャップ班の活動を発展していってほしいですね」
 犬塚さんは、どんな活動でも、それがきっかけになってくれさえすればよいと達観する。
 「駿河台キャンパスに関わるすべての人が、もっとボランティアに対して意識を持ってほしいと思っているんです。そのためのきっかけに、エコキャップ班の活動がなっていけばいい。エコキャップの活動が本当にエコなのかと批判的な意見も少なくはありません。でもそれでもいいと思っていて、エコキャップ活動を知って、自分で調べたり考えたりして、判断すればいいんです。それがひいては、環境保全の活動やボランティアの活動について真剣に考えられるようなきっかけの場になってくれればよいと思っています。それは、エコキャップ班のメンバーだけでなく、駿河台キャンパスに関わるすべての人たちにとってです」

 エコキャップの活動は、ボランティア活動の入口であり、エコキャップ班にとっては原点でもある。ただ、エコキャップの活動だけにとらわれることなく、これまで受け継いできた先輩方の思いを大事にしつつも、メンバーの発意と自由な発想による活動を展開していってほしいと、後輩たちの今後の活動に期待を寄せる、木下さんたちだ。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。