トップページ > 環境レポート > 第33回「目的は、ゴミを拾う人たちを増やし、ゴミのない街を実現すること ~ゴミ拾いアプリ『ピリカ(PIRIKA)』の挑戦(株式会社ピリカ)」

2013.07.01

第33回「目的は、ゴミを拾う人たちを増やし、ゴミのない街を実現すること ~ゴミ拾いアプリ『ピリカ(PIRIKA)』の挑戦(株式会社ピリカ)」

気軽にゴミを拾って、投稿して、世界中の人たちとつながりを実感する

 アイヌ語に「ピリカ(PIRIKA)」という言葉がある。“美しい”または“よい”などを意味するという。北海道に棲息するエトピリカは、橙色のくちばしと鮮やかな飾り羽が特徴的なウミスズメ科の海鳥で、「くちばし(etu)+美しい(pirika)」というアイヌ語がもとになって名付けられたといわれる。
 このエトピリカをイメージキャラクターにした、『ピリカ(PIRIKA)』という名前のスマートフォン向け“ゴミ拾いアプリ”が静かな話題を呼んでいる。2011年5月の公開以来、季節等による変動はあるものの、ユーザーは平均で月約1,000人ずつ増加していて、すでに2万ダウンロードを超えた。
 株式会社ピリカのCEO小嶌不二夫(こじまふじお)さんは、ゴミ拾いアプリ『ピリカ』について次のように説明する。
 「ゴミ拾いアプリ『ピリカ』は、拾ったゴミの写真を撮って、投稿し、それが地図上に表示されるというシンプルな機能のスマートフォンアプリ【1】です。投稿したゴミの写真は、世界中の『ピリカ』ユーザーが見ることができて、“ありがとう”のメッセージやコメントを付けることができます。“ありがとう”というのは、ユーザー同士でゴミを拾った行為に対して感謝し合う意思表示のための仕組みです。気の利いたコメントを作文しなくても、気楽にメッセージを送れます。ゴミを拾う行為自体は場所を選ばず一人でもできることですが、誰にも知られることのなかった“小さな善意”が、『ピリカ』を通じて、日本中から、時には海を超えて感謝されるわけです。気軽にできて、でも孤独を感じることなく、世界中の人たちとつながり、応援し合うことができる、そんな仕組みを実現するのが『ピリカ』の役割です」

ゴミ拾いアプリ『ピリカ』のスタート画面。海鳥のエトピリカをイメージしたデザインと、シンプルで響きのよい名称が親しみやすさを増す。
ゴミ拾いアプリ『ピリカ』のスタート画面。
海鳥のエトピリカをイメージしたデザインと、
シンプルで響きのよい名称が親しみやすさを増す。

マップ表示では、世界中にゴミ拾いが広がっているのがわかる。
マップ表示では、世界中にゴミ拾いが
広がっているのがわかる。

タイムライン表示では、ゴミがリアルタイムに次々拾われていく様子がわかる。
タイムライン表示では、ゴミがリアルタイムに
次々拾われていく様子がわかる。

ゴミを拾うと“ありがとう”のメッセージが次々に届き、励みになる。まさにSNSツールの本領発揮といえる。
ゴミを拾うと“ありがとう”のメッセージが
次々に届き、励みになる。
まさにSNSツールの本領発揮といえる。

正確な現状の把握が、問題解決の第一歩

 もともと環境分野で何かしたいと思っていた小嶌さんがゴミ拾いアプリ『ピリカ』を発想することになったきっかけは、大学院を休学して出かけた世界一周旅行の旅先で散乱するゴミの問題に直面したことにあったという。アメリカからブラジルに渡り、南アフリカやボツワナなどアフリカ大陸南部の国々を巡って、ヨーロッパからアジア諸国をまわった、約2か月半。旅の途中、世界中のどこにいってもゴミがあった。
 心痛める情景に腹が立った反面、世界中のどこにでも“ゴミ問題”という共通する問題があることにある種興味深さを感じたという。何か一つ解決策を見出して、それを世界に対して提案できれば、グローバルな市場の広がりが期待できるというわけだ。
 「環境分野で仕事をするにも、研究者としてアプローチする方法もあれば、環境関連の事業をしている会社に就職して働く道もあります。ただ、自分の性分としては、机の前にじっと座っているのも苦手でしたし、会社という組織の中で働くのも向いていないように感じました。自分でやるのが一番だろうと、そのアイデア探しも兼ねての世界一周旅行でした。学生ですから、資金力もありません。初期投資をそれほどかけずに始められて、でもそれが何かしら問題解決につながるような事業にしたいと思ったんです」
 2010年12月に帰国して、何を始めようかと悩んだ中で、一番有望そうだった『ピリカ』の原型の開発に着手した。始めはもちろん『ピリカ』という名前もなく、ゴミをテーマに扱うことも決めてはいなかった。ITを使って、環境のデータを位置情報によってマッピングしていけば、自然とデータが集まっていって、問題の可視化につながる。正確な現状の把握が、問題解決の第一歩だから、それができるようなプラットフォームを作ろうというのが、最初の発想だった。
 街に繰り出して、環境の問題を探しながら写真を撮って歩いてみると、撮った写真の9割以上がゴミの写真だった。たまに落書きがあったり、放置自転車があったりしたものの、ほとんどがゴミの写真ばかり。問題の総量がまるで違っていた。しかも、問題解決に必要なコストも、ゴミならただ拾ってもらえばよいのに対して、落書きを消したり、放置自転車を処分したりするにはそれなりのお金もかかる。
 ゴミが一番シンプルだし、やることは一つに絞った方がよいと、ゴミ拾いに特化した『ピリカ』の原型ができあがっていった。

注釈

【1】スマートフォンアプリ
 アプリとは「アプリケーション」の略で、スマートフォンを利用目的や嗜好に応じてカスタマイズするために追加するもの。ゲームや画像処理、コミュニケーションツールとして使われるものなど、さまざまなアプリが公開されている。同じ機能のアプリでも、デザインや使い勝手などの違いでさまざまな種類のものがあり、利用者の好み等に応じて自由に選ぶことができる。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロダクツ2016
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。