トップページ > 環境レポート > 第36回「ハーブを育て、花ある生活を感じる気持ちを育てる ~チャリティハーブガーデンプロジェクト(NECソフト株式会社)」

2013.08.15

第36回「ハーブを育て、花ある生活を感じる気持ちを育てる ~チャリティハーブガーデンプロジェクト(NECソフト株式会社)」

地域を越えて広がっていく活動

東北復興支援活動との連携で南三陸町に造成したハーブガーデン。

東北復興支援活動との連携で南三陸町に造成したハーブガーデン。
東北復興支援活動との連携で南三陸町に造成したハーブガーデン。

 NECグループでは、2011年11月より宮城県南三陸町でがれき撤去などのお手伝いをはじめた。その後2011年4月から毎月最終日曜日に開催されている「福興市(ふっこういち)」の支援活動を2012年3月以来継続している。震災前、地元商店街と観光で賑わっていた南三陸町の活気と幸せを取り戻すための催しとして企画した物産市場。「福が興る市」と命名して復興のシンボルになっている。そうした縁で、同じ南三陸町の波伝谷(はでんや)地区を中心にがれきの撤去や草刈りなどのボランティア活動を継続している。同地区の再利用を検討する過程で、地元住民との協働作業によるハーブガーデンの造成をすることになった。仮設住宅に暮らす人たちの癒しの空間として、またハーブクラフトによる活動費の捻出などを目的にした、コミュニティ再生をめざす活動だ。同年11月のことだ。
 NECソフトとして、2012年の新入社員研修として、波伝谷地区でのがれき撤去活動を行った。さらに本社にて新入社員にローズマリーやラベンダーなどの挿し木づくりにも取り組み、活着した挿し木苗をNECグループで造った南三陸町波伝谷地区ハーブガーデンに定植した。今や約1年を経て、大きく育っているという。

 2013年度は、ハーブ講習会でも、挿し木づくりに取り組んでいる。ハーブクラフト用の花穂の収穫をすっかり終えた6月末、エントランス前に集まった参加者たちは駅前のハーブガーデンに繰り出して、挿し木用の枝を切り取っていく。水を張ったバケツに取り置いた枝を、土を詰めたペットボトルの苗ポットに植え付ける。自宅で育てた苗は、自分で楽しむために使ってもよいし、各地のハーブガーデンに植えるための里親として育ててもよい。余った枝も、すべて苗ポットに植えて育てる。2013年度は、南三陸町だけでなく、登米市にある復興共生住宅などにも届ける予定だ。

毎月第1・3水曜日に開催しているハーブ講習会。この日は、ハーブガーデンでの挿し木用の枝の摘み取りと、苗育成のための植え付け。駅前のハーブガーデンに繰り出して、講師の三浦香澄さん(Green Works)の指導に従って、挿し木に適した枝を切り取る。

毎月第1・3水曜日に開催しているハーブ講習会。この日は、ハーブガーデンでの挿し木用の枝の摘み取りと、苗育成のための植え付け。駅前のハーブガーデンに繰り出して、講師の三浦香澄さん(Green Works)の指導に従って、挿し木に適した枝を切り取る。

 毎月第1・3水曜日に開催しているハーブ講習会。この日は、ハーブガーデンでの挿し木用の枝の摘み取りと、苗育成のための植え付け。駅前のハーブガーデンに繰り出して、講師の三浦香澄さん(Green Works)の指導に従って、挿し木に適した枝を切り取る。

ハーブガーデンから切り取った枝を、苗ポットに植え付ける。自宅に持ちかえるためのポットは、ペットボトルを加工して、土を入れて作る。余った枝も育苗箱に植え付けて、同社敷地内に置き、ハーブを増やすための活動に活用する。

ハーブガーデンから切り取った枝を、苗ポットに植え付ける。自宅に持ちかえるためのポットは、ペットボトルを加工して、土を入れて作る。余った枝も育苗箱に植え付けて、同社敷地内に置き、ハーブを増やすための活動に活用する。

ハーブガーデンから切り取った枝を、苗ポットに植え付ける。自宅に持ちかえるためのポットは、ペットボトルを加工して、土を入れて作る。余った枝も育苗箱に植え付けて、同社敷地内に置き、ハーブを増やすための活動に活用する。

ハーブガーデンから切り取った枝を、苗ポットに植え付ける。自宅に持ちかえるためのポットは、ペットボトルを加工して、土を入れて作る。余った枝も育苗箱に植え付けて、同社敷地内に置き、ハーブを増やすための活動に活用する。

ハーブガーデンから切り取った枝を、苗ポットに植え付ける。自宅に持ちかえるためのポットは、ペットボトルを加工して、土を入れて作る。余った枝も育苗箱に植え付けて、同社敷地内に置き、ハーブを増やすための活動に活用する。

 ハーブガーデンから切り取った枝を、苗ポットに植え付ける。自宅に持ちかえるためのポットは、ペットボトルを加工して、土を入れて作る。余った枝も育苗箱に植え付けて、同社敷地内に置き、ハーブを増やすための活動に活用する。

泥だんごに花の種を混ぜ込んだ“タネだんご”。
泥だんごに花の種を混ぜ込んだ“タネだんご”。

 挿し木苗だけでなく、土で作った泥だんごに花のタネを混ぜ込んだ「タネだんご」をつくって届ける活動も始めることにした。コスモス、ヒャクニチソウ、ホウセンカなど6種類ほどの花の種を混ぜた土をこねて、だんご状に丸めたものだ。Green Worksの牧野さんは、その経緯について次のように話す。
 「被災地に花を届ける活動では、現地の方から“もっと広い面積を花でいっぱいにしたい”という強いご要望をいただきました。そこで、今年は苗に代えて種を届けようということになりましたが、ただ種をバラバラまくのではあっという間でつまらないし、均一にまくのも意外に難しいんですね。大人でも子どもでもできる方法として、“タネだんご”を取り入れることにしたのです。そんな話をハーブガーデンプロジェクトの皆さんにしたところ、やってみたいと皆さんがおっしゃったので、プロジェクトの活動としてもやってみることになりました」

左から、NPO法人Green Works代表の牧野ふみよさん、NECソフト株式会社CSR推進エキスパートの森元正さん。
左から、NPO法人Green Works代表の牧野ふみよさん、NECソフト株式会社CSR推進エキスパートの森元正さん。

 チャリティーハーブガーデンの発想は、きれいな花を育てて、地域も自分たちも元気になろうというごく単純なものだ。ハーブは植物としても比較的育てやすい。育てたハーブを活用したハーブクラフトも、ちょっと器用な人ならすぐに覚えられそうだ。
 花ある生活を楽しみ、仕事の合間の作業に癒され、育てたハーブで作るクラフトは、生活をハーブの香りで包み込んでくれる。被災地はもとより、多くの地域へと取り組みを広げていける活動といえる。
 ハーブガーデンが一斉に花を咲かせるようになった頃、花ある生活を感じる気持ちも広がっているのかもしれない。


このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。