トップページ > 環境レポート > 第38回「ミツバチのための環境創造が人のためにもつながる ~NPO法人みつばち百花の取り組み」

2013.09.20

第38回「ミツバチのための環境創造が人のためにもつながる ~NPO法人みつばち百花の取り組み」

ミツバチが訪れる、花粉や花蜜の源 ──『ミツバチガーデン』構想

 国立市谷保に、約350坪の「くにたち蜜源ガーデン」と呼ばれる花畑がある。2012年に開設したこの花畑には、ハーブ類をはじめ、キュウリやズッキーニなどの野菜、ヒマワリやキバナコスモス、ソバなどが季節に応じて色とりどりの花を咲かせる。その花をめがけてミツバチが訪れて、花粉や花蜜を採取していく。NPO法人みつばち百花が提唱する「ミツバチガーデン」運動の一環として整備している農園だ。
 ミツバチガーデンとは、ミツバチが花粉や花蜜を採るための花を植えようという活動。ミツバチを取り巻く自然環境を調べ、市民や農家を巻き込んで、空き地やプランターなどに花を植えていこうと呼びかける。ミツバチのための蜜源の花を増やすとともに、どんな花を植えたらミツバチが集まってくるのかを検証する目的もある。
 「くにたち蜜源ガーデン」は、2010年7月から翌年2月まで月1回の8回連続講座として開講した『ミツバチがつなぐ夢』まちかど教室【1】がきっかけとなって誕生した。同講座は、NPO法人くにたち富士見台人間環境キーステーション(KF)が主催し、みつばち百花が講座のアレンジを担当。この講座をきっかけに誕生した市民養蜂家と地主さんを加えた4者が連携して立ち上げたミツバチガーデンだ。
 「1.5×1.5メートルほどの広さを目安に特定の種類の花を植えて、ミツバチたちの来訪の様子を観察します。『この花はミツバチがよく来るっていう話だったけど、来ないねえ』などと話しながら見守っているんです」
 そう話すのは、みつばち百花代表の朝田くに子さん。

国立市谷保にある、「くにたち蜜源ガーデン」。(NPOみつばち百花提供)
国立市谷保にある、「くにたち蜜源ガーデン」。(NPOみつばち百花提供)

第30回で紹介した「みんな畑」は、すぐ近所にある。写真は、クローバーを食べに遊びに来た、羊のアマエルくん。(NPOみつばち百花提供)
第30回で紹介した「みんな畑」は、すぐ近所にある。写真は、クローバーを食べに遊びに来た、羊のアマエルくん。(NPOみつばち百花提供)


 去年(2012年)は、高嶺ルビーというソバの一種を相当な広さに植えた。ソバの花だから、冷涼な土地でないと蜜を出さないんじゃないかと言われていたが、予想に反してものすごい勢いでミツバチが飛来してきて、花粉や蜜を集めていったという。

2012年7月1日、大豊作のジャガイモを茹でて、初のガーデンパーティを開催(NPOみつばち百花提供)
2012年7月1日、大豊作のジャガイモを茹でて、初のガーデンパーティを開催(NPOみつばち百花提供)

2012年9月30日の秋の収穫祭(NPOみつばち百花提供)
2012年9月30日の秋の収穫祭(NPOみつばち百花提供)


まだまだ謎の多い、ミツバチの生態

 ミツバチの来訪状況は、目視もできるし、みつばち百花の理事でもある玉川大学ミツバチ科学研究センターの中村純教授が学生の研究フィールドに設定していて、飛来したミツバチを捕獲して腹部を圧迫して吐き戻させたり、開腹したりして、今花から吸ったばかりの花蜜の糖度を調べ、どんな蜜でミツバチを惹きつけていたのかも評価することもできる。
 「カボチャの花は蜜源としてはものすごく有力な花です。滴るくらい蜜が出ます。ただし、早朝──せいぜいが9時くらいまで──しか咲かなくて、そのあとはしぼんでしまうんです。ズッキーニも去年と今年でやっていますが、ミツバチのおかげで大豊作です。ズッキーニの花はカボチャよりもさらに花の開きが早くて、なかなかミツバチの訪問を見ることはできずにいます。ただ、農家さんに聞くと、ズッキーニの実の成りは昆虫の作用が大きくて、ダメなところは人手をかけて人工授粉しているそうなんです。私たちの畑では、何もしなくても成って成って困るというくらいたくさん実がつくので、朝早くからミツバチたちがお仕事していたんだろうねと話しています」
 一方で、シソ科のハーブを植えたところ、ミツバチが盛んにやってきているものの、吸ったばかりの花蜜糖度を調べると、思ったほどは甘くはない(それでも糖度30%近くはある)ことが判明したこともあった。
 「これだけわんさか来ているのに、いったいどういうわけなんだろうって。その理由はあまりよくわかっていないんです。糖度が低くても香りに特徴があればミツバチが覚えやすいということもあるだろうし、逆に糖度が高くてもあまりやってこない花もあります。それこそミツバチのみぞ知るところです。同時期に咲く花の中には、歴然としてミツバチたちが好む花の優先順位があるようなのです。その辺は謎ですね」
 有名な『8の字ダンス』という情報伝達の方法も、実際に目撃することがある。ただ、ミツバチ自身はこれにたより切っているのではないそう。最近の研究によると、ミツバチたちは案外に唯我独尊的で、最新情報よりは自分の経験を優先する傾向があり、かつ全員が一斉に同じ行動をとるというわけでもないらしいのだ。『私、今日はここでいいや』と他のミツバチたちとは違うところで蜜を採っているような個体も結構いるのだという。ミツバチの生態はわからないことばかり、まだまだ謎も多い。そんなところも魅力のひとつだという。

ミツバチは本当にラベンダーがお好き。群がっています。そばで作業をしていたら、羽音がすごい。(NPOみつばち百花提供)
ミツバチは本当にラベンダーがお好き。群がっています。そばで作業をしていたら、羽音がすごい。(NPOみつばち百花提供)

ネギ坊主も大人気。必死に頭を突っ込んで蜜を吸っている。(NPOみつばち百花提供)
ネギ坊主も大人気。必死に頭を突っ込んで蜜を吸っている。(NPOみつばち百花提供)


ハニーウォーク ──ミツバチの目線であなたの住む町を捉えなおす

 ミツバチガーデンとともに、みつばち百花が力を入れているのが、「ハニーウォーク」。身のまわりにミツバチやミツバチたちが利用する蜜源・花粉源の植物がどれくらいあるかを歩きまわって調べる活動だ。イベントとして実施することもあるし、一人で散歩がてら歩いてまわるのでもよい。規模や方法を問わず、ミツバチやミツバチの利用する植物に目を向けてみようと呼びかけるものだ。

2007年5月に代々木公園で実施したハニーウォーク(NPOみつばち百花提供)
2007年5月に代々木公園で実施したハニーウォーク(NPOみつばち百花提供)

2010年9月、国立で実施したハニーウォーク(NPOみつばち百花提供)
2010年9月、国立で実施したハニーウォーク(NPOみつばち百花提供)


 ミツバチに出会える確率がもっとも高いのは、晴れた日の午前中から昼頃までの時間帯。ハンディな図鑑やモバイル端末を持ち歩けば、その場で植物の名前などを調べることもできる。ミツバチを発見したら、日時・場所とともに、写真を撮って記録して、みつばち百花に寄せてもらう。アップの写真だけでなく、植物全体の写真も撮っておくと、あとから植物の同定をするのに役に立つ。
 こうして調べた、身近な蜜源・花粉源植物の分布状況をプロットしていくことで、花とミツバチの関係を調査するとともに、地域環境の把握や策定に役立つ情報を収集しようというわけだ。
 2013年4月から実施している『ミツバチ来てたよ、大調査』は、富士通エフ・アイ・ピー株式会社が提供する携帯フォトクラウドシステム「生物情報収集システム」を利用したミツバチと蜜源植物の調査だ。生物多様性保全に取り組む10団体の一つにみつばち百花が選ばれ、富士通フォトシステム・クラウドサービスの無償提供を受けることになり、実現したプロジェクトで、ミツバチの訪花画像を撮影して、メールで送信すると、クラウド上のデータベースにアップロードされ、一覧表示や分布表示ができる。
 一方、それ以前から、種子や苗の入手が容易な草花を中心に、蜜源・花粉源として利用できる植物に関する情報をまとめた『蜜源・花粉源データベース(http://db.bee-happy.jp)』を作成し、公開している。植え付けの時期や開花の時期、ミツバチガーデンでのミツバチの訪花状況なども随時掲載して、ハニーウォークやミツバチガーデンの造成に役立ててもらうための情報提供をしている。

みつばち百花が提供する「蜜源・花粉源データベース」
みつばち百花が提供する「蜜源・花粉源データベース」
※クリックで別サイトを開きます

「ミツバチ来てたよ、大調査」の閲覧画面
「ミツバチ来てたよ、大調査」の閲覧画面
※クリックで別サイトを開きます


注釈

【1】『ミツバチがつなぐ夢』まちかど教室
 NPO法人くにたち富士見台人間環境キーステーション(KF)とみつばち百花の共催により開講。
 2010年7月~翌2月までの8ヶ月間に開催した連続講座で、ミツバチの生態や蜂蜜のおいしさなど様々な視点からミツバチを学んだ。毎回20名以上が参加し、参加者どうしの交流や新たな市民養蜂家を生み出した。
 2011年度は、まちかど教室として、連続講座が生み出した市民のつながりの維持・発展を目的に開講。新たに生まれた市民養蜂家のサポート、蜜源となる植物を増やすといったミツバチを媒介としたまちづくりを目指した活動となった。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。