トップページ > 環境レポート > 第49回 「来場者自身がごみの分別にかかわる経験が、社会を変える第一歩に(ごみゼロナビゲーション)」

2014.05.30

第49回「来場者自身がごみの分別にかかわる経験が、社会を変える第一歩に(ごみゼロナビゲーション)」

日本最大級の音楽フェスの環境対策を支える

 毎年7月下旬または8月上旬に新潟県湯沢町の苗場スキー場を会場に開催される『フジロックフェスティバル』。日本のロックフェスティバルの先駆けとして、広大な敷地内に設置される複数の会場で3日間にわたって国内外のミュージシャン200組以上がライブ演奏を繰り広げる。総動員数十数万人にのぼる日本最大規模の野外音楽イベントだ。
 演奏ステージは主なものだけでも6つあり、それらのほかにも観客数10数名ほどの小ステージが多数設置され、これら大小さまざまなステージでライブ演奏が同時進行する。会場内にはステージごとに多数の飲食ブースが出店するほか、テント設営区画も設けられ、周辺の自然豊かな環境と併せて、ライブ鑑賞だけでなく、周辺散策やキャンプなどのアウトドアライフを楽しみに参加するリピーターも多い。
 このフジロック、実は“世界一クリーンなフェス”を標榜していることでも知られ、ごみの分別など環境対策の取り組みが注目を集める。その環境対策のパートナーとして1998年の第2回から運営に参加しているのが、『ごみゼロナビゲーション』だ。
 「1994年に、ごみゼロナビゲーションを始めた頃は、野外フェスの会場にはごみが散乱していました。会場をクリーンに保っていくための活動として資源を集めてリサイクルする活動をしていましたが、なかなか効果は見えてきませんでした。拾った瞬間はきれいになっても、捨てる人の意識が変わらない限り、根本的な解決にはつながらないからです。このため、例えば、ごみ箱の配置にしても、目立たない端の方に押しやるのではなく、資源として分別しやすく、自発的に捨てに来てくれるような環境をつくって、来場者が自ら分別してくれるような参加型の活動に軌道修正していったのです。その一つの転機になったのが、フジロックでした。主催者の理解と賛同を得て、来場者とともにフェスを作っていく取り組みをしてきています。その他にも野外音楽イベントを中心に、ここ数年は年間20~25本のイベントの環境対策の企画・運営に協力しています。ボランティアは年間でのべ約1,500人が参加、コーディネーターとなる運営スタッフが40人ほどいて、それぞれ4~5のイベントを担当しています」
 そう話すのは、事務局長の濱中聡史さん。
 1994年に国際青年環境NGO『A SEED JAPAN』【1】の一プロジェクトとして始まったごみゼロナビゲーション。2000年代に入った頃からイベントの依頼も増えていったという。野外フェスの開催自体が増えてきていたことも背景にはある。多いときには年間30本以上のイベントに関わったこともあったが、運営スタッフが気持ちよく活動できる適量として、今は年間20~25本ほどに抑えている。
 ちょうどこの1月、ASEED JAPANの一プロジェクトから、NPO『iPledge』【2】として分離・独立し、新たな歴史を刻み始めている。これまでの経緯と今後の展望について話を聞いた。

自然豊かな会場で、来場者にごみ分別を呼びかけるボランティア。

自然豊かな会場で、来場者にごみ分別を呼びかけるボランティア。

自然豊かな会場で、来場者にごみ分別を呼びかけるボランティア。


来場者とともにクリーンでピースなフェスをつくる活動

会場の様子。
会場の様子。

 ごみゼロナビゲーションが実施する環境対策は、きれいな環境でライブを楽しむことをめざす活動だが、ボランティアはごみを拾う──いわば清掃活動を行う──わけではない。名前の通り、ごみのないフェスに向けて、来場者を“ナビゲート”するための活動をつくっている。
 「ごみゼロナビゲーションでは主に以下の3つを活動の柱にしています。一つ目が『ごみ・資源の分別ナビゲート』。ぼくたちはごみを拾いません。分別のナビゲートをします。会場のごみ箱にボランティアが立って、来場者が気持ちよく分別に参加してもらうための声掛けをしています。誰かが会場をきれいにしてくれるのではなく、来場者一人ひとりが分別に参加することで会場がきれいになっていくことを経験してほしいのです。通りがかりに一声かけるだけですから、ほんの数秒のコミュニケーションです。でもそのわずかなふれあいを通じて、環境に対して意識を持ってもらうきっかけづくりに関わったり、いち早く来場者と出逢っていっしょにイベントを盛り上げていく火付役となったりします。2つ目はオリジナルごみ袋の配布。表面に印刷したメッセージを通じたエコアクションへの参加呼びかけをすると同時に、手元に配ったごみ袋が自主的な参加を実現するためのツールになります。そして3つ目が、ブースを設置して呼びかけるecoアクションキャンペーン。イベントという非日常空間だからノリで参加してくれることも多いのですが、その気持ちを自宅や地域にも持ち帰ってもらいたいという思いで実施しているものです。会場から出た資源を細かく分別する体験をしてもらったり、環境のクイズに参加してもらったりと、一人ひとりのライフスタイルと社会問題のつながりを知るきっかけを提供しています」

 広大な会場のあちらこちらで朝から晩まで続くライブステージ。森の中の自然を感じるなど音楽以外の時間を楽しむのも野外の音楽フェスの魅力の一つだから、ステージ間の移動の途中などに寄ってくれる人も少なくはない。
 大切なのは、日常に帰っても“おかしいところ”に気づける視点を持ち帰ってもらうことだという。その気づきが、行動=アクションになって、一人ひとりの声が集まることで、社会を動かす力になる。単にイベント会場をクリーンにするだけでなく、そんな社会のムーブメントを生み出すことへとつなげていこうというのが、ごみゼロナビゲーションのめざすところだ。

会場内25個のごみ箱のうち、6つ以上のごみ箱には公募したデザイン案をペイントしている(写真は、2013年のごみ箱ペイントより)。

会場内25個のごみ箱のうち、6つ以上のごみ箱には公募したデザイン案をペイントしている(写真は、2013年のごみ箱ペイントより)。

会場内25個のごみ箱のうち、6つ以上のごみ箱には公募したデザイン案をペイントしている(写真は、2013年のごみ箱ペイントより)。

会場内25個のごみ箱のうち、6つ以上のごみ箱には公募したデザイン案をペイントしている
(写真は、2013年のごみ箱ペイントより)。

イベントごとのオリジナルのごみ袋。フジロックのごみ袋は、前年度に集めたペットボトルをリサイクルして作られたものだ。紙コップも、トイレットペーパーにリサイクルされて次の年の会場で使われる。

イベントごとのオリジナルのごみ袋。フジロックのごみ袋は、前年度に集めたペットボトルをリサイクルして作られたものだ。紙コップも、トイレットペーパーにリサイクルされて次の年の会場で使われる。

イベントごとのオリジナルのごみ袋。フジロックのごみ袋は、前年度に集めたペットボトルをリサイクルして作られたものだ。紙コップも、トイレットペーパーにリサイクルされて次の年の会場で使われる。

イベントごとのオリジナルのごみ袋。フジロックのごみ袋は、前年度に集めたペットボトルをリサイクルして作られたものだ。紙コップも、トイレットペーパーにリサイクルされて次の年の会場で使われる。

ecoアクションキャンペーンのブース。

ecoアクションキャンペーンのブース。

ecoアクションキャンペーンのブース。

ecoアクションキャンペーンのブース。ペットボトルはラベルをはがしてキャップを分ける。割りばしや紙コップもそれぞれ分別してリサイクルする、そんな分別体験をしたり、環境クイズに挑戦したりしてもらう。イベント会場だけがきれいになればよいのではなく、日常生活に戻った時にも環境に対する意識や行動を持ち続けてもらうことで社会を変えていきたいという思いで呼びかけるブース出展だ。


注釈

【1】国際青年環境NGO「A SEED JAPAN」
 1992年の地球サミットに青年の声を届けるため、世界約50ヶ国70団体が参加した「A SEED国際キャンペーン」。A SEED(アシード)は、"Action for Solidarity, Equality, Environment and Development(青年による環境と開発と協力と平等のための国際行動)"の頭文字をとった略称。その日本の窓口として、全国の青年の声をまとめ、国連へ提言書を提出したのが、A SEED Japanの始まりだった。地球サミットの閉幕後には、会員制の国際青年環境NGOとして新たなスタートをきった。
【2】NPO「iPledge」
 「Pledge」という言葉は、日本語では「約束」や「宣誓」などを意味する。もともと、ごみゼロナビゲーションでは、運営スタッフがそれぞれ「わたし、やります!」と宣言する場や機会を設けることで、責任感や自信を生み出してきた。そんなバックボーンと思いを込めた団体名称だという。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロダクツ2016
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。