トップページ > みどり東京レター > 第1号「区立学校の環境学習をサポートする“まちの先生”たちとの出会いと交流の場をつくる――新宿区「新宿の環境学習応援団『まちの先生見本市!』」」

みどり東京レタータイトル

 みどり東京レターは、都内62市区町村が実施するイベントをわかりやすく紹介することを目的に、月に1回程度の更新を予定しています。ぜひご一読ください。

2019.03.18

第1号区立学校の環境学習をサポートする“まちの先生”たちとの出会いと交流の場をつくる――新宿区「新宿の環境学習応援団『まちの先生見本市!』」

会場内を巡る、新宿区長の吉住健一さんと、NPO法人新宿環境活動ネット代表理事の﨑田裕子さん。

会場内を巡る、新宿区長の吉住健一さんと、NPO法人新宿環境活動ネット代表理事の﨑田裕子さん。

イベント名称:新宿の環境学習応援団『まちの先生見本市!』外部リンク

日時:2019年1月26日(土) 10時~16時
会場:新宿区立花園小学校(東京都新宿区新宿1丁目22-1)
参加人数:773名
主催:新宿区・NPO法人新宿環境活動ネット

shiina

毎年1月末頃に開催しているよ!

新宿の環境学習応援団『まちの先生見本市!』とは

 新宿区の「まちの先生見本市!」は、まちの先生と呼ばれる、区民やNPO、事業者、行政などそれぞれの立場からバラエティに富んだ環境学習やエコ活動を実践している地域の環境専門家たちが一堂に会して、ブースで展示やワークショップなどのデモンストレーションを行うことで、知恵や経験の相互交流をめざす体験型イベントとして、2002年より毎年区立小学校を会場に開催しています。
 年に1回開催される「まちの先生見本市」ですが、その最大の特徴は、一日のイベントではないところにあると、区とともに事業を主催するNPO法人新宿環境活動ネット事務局長の飯田貴也さんが言います。
 「副題にある『新宿の環境学習応援団』が、このプロジェクトの全容を示すキーワードです。この日、会場には51の団体がブースを出展しましたが、これらの団体は、普段から学校の出前授業のゲストティーチャーとしてサポートしたり、区の環境学習拠点である新宿区立環境学習情報センターを中心に開催しているワークショップの講師を務めたり、地域イベントや学校行事にブース出展したりと区内の環境学習や環境活動をサポートしている、その道一筋の「まちの先生」たちの教育支援ネットワークなのです」
 当日、会場内にはSDGsの17のゴールに沿った分類によって、エネルギーやネイチャー、3R、ライフスタイルなど様々なアイデアを紹介する環境展示やワークショップが多数並びました。


新宿中央公園ビオトープの会:縄ない体験

新宿中央公園ビオトープの会:縄ない体験

 新宿区中央公園内にあるビオトープで活動している新宿中央公園ビオトープの会のブースでは、縄のない方を指導していました。


一般社団法人ディレクトフォース理科実験グループ:プラスチックの分別と繊維化実験

一般社団法人ディレクトフォース理科実験グループ:プラスチックの分別と繊維化実験

 一般社団法人ディレクトフォース理科実験グループの体験ブースでは、真水や塩分濃度の異なる塩水を使ったプラスチックの分別と繊維化の理科実験を実演していました。


群馬県沼田市:間伐材の「マイはし」づくり体験

群馬県沼田市:間伐材の「マイはし」づくり体験

 新宿区と地球環境保全協定を結んでいる群馬県沼田市のブースでは、間伐材を使った「マイはし」づくりを実施していました。


「SDGsシール」を集めるスタンプラリー企画

「SDGsシール」を集めるスタンプラリー企画

 各ブースを巡ると、企画内容に合わせた「SDGsシール」をもらえます。パンフレットのスタンプラリー欄に貼って5種類集めると、協賛団体から提供を受けた参加賞がもらえました。


毎年会場を変えて開催

 「まちの先生見本市!」の開催会場は、区内29の公立小学校を分けた5ブロックが持ち回りで担当しています。これによって、区内の小学生は6年間の在学期間中に必ず1回は自分の地域(ブロック)でこのイベントが開催されることになり、よい循環を生んでいると新宿区環境対策課環境計画係長の田中栄成さんは言います。
 今回の会場となった花園小学校では、前年度に会場校に決まってから、開催に向けて一年間かけて授業の中に環境の要素を入れるなど、環境学習の機運を盛り上げるきっかけにもなりました。まさに、一日のイベントがすべてではないことを象徴するエピソードです。

関連リンク

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 気候変動への適応策に関する調査研究
  • 市民協働型温暖化対策実行計画推進研究
  • 東京62市区町村イチオシ環境施策
  • 東京62市区町村環境データ一覧
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

みどり東京レター一覧

第13号
《国分寺市制施行55周年記念》第15回 国分寺市環境シンポジウム『緑あふれるまちを目指して ~都市農地の保全・活用~』
第12号
令和元年度エコライフ講座 第4回 これからのエネルギー”水素”を楽しく学んで燃料電池自動車に乗ってみよう!
第11号
原っぱを思いっきり駆け回って輝け子どもたち――昭島市「冬の原っぱ大会」
第10号
体験を通して学ぶ――小金井市「こがねい環境フォーラム2019 環境×防災 ~自然と手を取り合って生きていくために~
第9号
埋立てが終了した最終処分場で、日本の原風景の秋を楽しむ―秋の谷戸沢処分場自然観察会
第8号
環境に関する展示や体験コーナーでの体験を通して、楽しみながら広く環境について気付き・学んでいきたい――第12回むさしの環境フェスタ
第7号
子どもたちに「環境とエネルギー」について考えるきっかけづくりを――世田谷区「環境エネルギー・ラボ 2019 in せたがや」
第6号
自分たちで標語を考えたかるたで、環境をより身近に感じ、地元に愛着を持つ――日野市「第5回日野市環境かるた大会」
第5号
身近な生きものの世界を通して、自然の楽しさと大切さとを学び、考える楽習会(がくしゅうかい)――「千代田区環境月間講演会」
第4号
毎年3万人以上が集まって、楽しく環境について学ぶ――品川区「しながわECOフェスティバル2019」
第3号
プロの役者と市民キャストが作り上げる舞台――三鷹市「エコミュージカルとエコイベント」
第2号
市立小中学校で一年間かけて取り組む川の環境学習の成果を発表――八王子市「環境教育実習まとめ発表会」
第1号
区立学校の環境学習をサポートする“まちの先生”たちとの出会いと交流の場をつくる――新宿区「新宿の環境学習応援団『まちの先生見本市!』」

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。