トップページ > みどり東京レター > 第2号「市立小中学校で一年間かけて取り組む川の環境学習の成果を発表」

みどり東京レタータイトル

 みどり東京ニュースレターは、都内62市区町村が実施するイベントをわかりやすく紹介することを目的に、月に1回程度の更新を予定しています。ぜひご一読ください。

2019.04.10

第2号市立小中学校で一年間かけて取り組む川の環境学習の成果を発表――八王子市「環境教育実習まとめ発表会」

会場となった八王子市北野余熱利用センター「あったかホール」1階の多目的ホールで、フリップを掲げて学習成果を発表する児童たち。

会場となった八王子市北野余熱利用センター「あったかホール」1階の多目的ホールで、
フリップを掲げて学習成果を発表する児童たち。
平成30年度は18校が川の学習に取り組み、うち3校がこの日の発表会に参列した。

イベント名称:環境教育実習まとめ発表会外部リンク

日時:2019年2月2日(土) 9時30分~11時30分
会場:八王子市北野余熱利用センター「あったかホール」1階多目的ホール
対象:環境教育支援事業に参加した学校の児童・先生及び保護者等関係者
参加人数:約140名
主催:八王子市・八王子市環境学習室「エコひろば」

shiina

毎年2月頭に開催しているんだって!

環境教育実習まとめ発表会とは

 八王子市では、市内の環境保全活動の推進を目的として、日頃から地域の環境に関心をもってもらおうと、総合的な学習の時間を活用した市立小中学校向けの野外活動を含めた環境教育支援事業を実施しています。
 環境教育実習まとめ発表会は、これらの取り組みの成果発表を目的として、毎年2月の頭に、あったかホール(北野余熱利用センター)の多目的ホールで開催しているイベントです。
 平成30年度は、市立小学校18校の26学年で、延べ47回の学習支援活動が実施され、この日の発表会にはうち3校が代表して参加しました。各校の児童が、それぞれ学校近くの川で調べた生き物やごみの状況、近所の人たちの川への意識などについて、スライドや模造紙、フリップなどそれぞれ工夫して発表を行いました。


会場内は、児童と保護者、学習支援活動を行った環境教育支援者たちなど総勢140名ほどが児童たちの発表を見守りました。

会場内は、児童と保護者、学習支援活動を行った環境教育支援者たちなど総勢140名ほどが児童たちの発表を見守りました。


子どもたちの発表に聞き入る、八王子市環境部環境政策課長の南部かやさん(手前)と、環境部長の佐藤宏さん(手前から2人目)。

子どもたちの発表に聞き入る、八王子市環境部環境政策課長の南部かやさん(手前)と、環境部長の佐藤宏さん(手前から2人目)。


会場となった北野余熱利用センター「あったかホール」には、市の環境学習拠点となっている「エコひろば」も開設しています。

会場となった北野余熱利用センター「あったかホール」には、市の環境学習拠点となっている「エコひろば」も開設しています。 「エコひろば」では、市民講座やリサイクル体験講座・自然体験講座なども実施しています。 展示や図書も充実し、環境学習の相談にも乗ってくれます! ※講座は、八王子市在住・在勤・在学限定のものや有料のものもあります。 ※八王子市民以外の利用もできますので、ご相談ください。


環境診断士や環境学習リーダー、環境市民会議など、63名の環境教育支援者(黄色い服)が、各学校の環境教育実習で川の体験学習や課題別学習の実施を支えてきました。(写真提供:エコひろば)

環境診断士や環境学習リーダー、環境市民会議など、63名の環境教育支援者(黄色い服)が、各学校の環境教育実習で川の体験学習や課題別学習の実施を支えてきました。(写真提供:エコひろば)


18の一級河川が流れる八王子市

 八王子市は、多摩川をはじめ浅川や秋川、今回発表のあった湯殿川など全部で18の一級河川が流れていることから、毎年川を中心にした環境教育支援が実施されています。川を舞台に、鳥について学習したり、植物を取り上げたり、ごみのことに注目してみたりと、先生と児童の関心などによって広がっていく学習を、環境教育支援者が支えています。
 児童たちの発表のあと、環境政策課長の南部かやさんによる講評では、発表を通じて川のことがよくわかったという言葉もありました。
 「発表の中で、川のことを詳しく知らないから、みんな関心を持たないんじゃないのという意見がありましたね。みんなに知ってほしいと、湯殿川のいいところをいっぱい教えてもらいました。聞きながら、ああ、あんなにいいところがいっぱいあるんだなとよくわかりました。ありがとうございました!」

関連リンク

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 気候変動への適応策に関する調査研究
  • 市民協働型温暖化対策実行計画推進研究
  • 東京62市区町村イチオシ環境施策
  • 東京62市区町村環境データ一覧
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第77回
海外事例
食物ロスを減らして、「5000人に食事を」
第76回
田中 勝
東京オリンピック・パラリンピックのメダル製作に協力を
第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。