トップページ > みどり東京レター > 第4号「毎年3万人以上が集まって、楽しく環境について学ぶ――品川区「しながわECOフェスティバル2019」」

みどり東京レタータイトル

 みどり東京ニュースレターは、都内62市区町村が実施するイベントをわかりやすく紹介することを目的に、月に1回程度の更新を予定しています。ぜひご一読ください。

2019.06.25

第4号毎年3万人以上が集まって、楽しく環境について学ぶ――品川区「しながわECOフェスティバル2019」

5月26日(日)に開催されたしながわECOフェスティバル2019。

5月26日(日)に開催されたしながわECOフェスティバル2019。天気晴朗、5月末とは思えない夏日の一日となり、前年を上回る3万6千人(概算)の来場者が訪れ、楽しく環境について学んだ。

イベント名称:しながわECOフェスティバル2019外部リンク

開催日時:2019年5月26日(日) 10時00分~15時00分
会場:しながわ中央公園(西品川1-27)等
来場者:約3万6千人(概算)
主催:品川区、企画:品川区環境活動推進会議、運営:しながわECOフェスティバル2019イベント実行委員会

shiina

毎年5月末の開催で、3万人を超える来場者で賑っているよ!

品川区最大の環境イベント

 5月26日(日)、品川区役所前から中小企業センターを挟んで東急大井町線の下神明駅の前まで広がる「しながわ中央公園」を会場に、品川区最大の環境イベント「しながわECOフェスティバル2019」が開催されました。
 5月末ながら連日季節外れの猛暑日となったこの週末、天気もよく、絶好のお出かけ日和となりました。会場の各エリアでは、出展やステージ出演など合わせて過去最多となる99団体が来場者を迎え入れ、楽しみながら環境について学んでもらうとともに、環境活動に取り組むきっかけづくりとして、展示やワークショップなどが実施されました。


グラウンドのトラックに沿って、企業や行政を中心としたブース展示が並びました。

グラウンドのトラックに沿って、企業や行政を中心としたブース展示が並びました。 グラウンド中央には、東京2020オリンピック・パラリンピック品川区応援競技であるホッケーとブラインドサッカーの体験会や、ミニトレイン・フリーウェイの乗車体験もあったほか、ステージではチアリーディングのパフォーマンスや和太鼓演奏も見られました。


ミスト付き扇風機などに利用する会場内の全ての電力は、使用済みてんぷら油から生成されたバイオ燃料による自家発電及びグリーン電力によりまかなわれています。

ミスト付き扇風機などに利用する会場内の全ての電力は、使用済みてんぷら油から生成されたバイオ燃料による自家発電及びグリーン電力によりまかなわれています。


各展示ブースでは、クイズやワークショップなどそれぞれ工夫を凝らして、来場者と楽しみながら環境について学ぶ機会を提供。

各展示ブースでは、クイズやワークショップなどそれぞれ工夫を凝らして、来場者と楽しみながら環境について学ぶ機会を提供。 都立大崎高校の1年生総勢159人が、ボランティアとして参加し、各ブースの手伝いも含めて、会場のあちらこちらで活躍していました。高校生たちにとっても、楽しく、貴重な学びの1日になったのではないでしょうか。


使い捨てプラスチック製品の削減のため、飲食ブースでは紙ストローなどを準備

 パンフレットでもアピールしていましたが、今回のECOフェスティバルでは、使い捨てプラスチック製品の削減のため、飲食ブースでは紙コップ・紙フタ・紙ストローや、サトウキビの搾りかすを原料にした環境配慮型の容器などを準備し、ごみ・資源回収ブースでは、高校生ボランティアたちが分別回収を呼びかけました。
 また、出展ブース全体で持ち帰り用ポリ袋の提供をやめ、チラシなどを通じて、事前にマイバッグの持参を呼び掛けました。来場者・出展者が共にちょっとした手間を分かち合うことで、消費社会の在り方を見直しつつ、便利さについて考えるきっかけを与えてくれたように感じました。

使い捨てプラスチック製品の削減のため、飲食ブースで使われた紙製容器。

使い捨てプラスチック製品の削減のため、飲食ブースで使われた紙製容器。フタには、「わ!しながわ」のマークが印刷されています。「わ!しながわ」は品川区シティプロモーションのキャッチコピーで、この取り組みは、伝統が息づく暮らしと都心の魅力が共存する品川区の素顔を、もっと多くの人に知っていただくために平成27年度にスタートし、区の魅力を全国に発信しています。


15時からのフィナーレでは、イベントの来場者数(概算)の発表と実行委員長による総括の挨拶があったあと、品川区民吹奏楽団(愛称「品吹」)と品川少年少女合唱団とともに、ステージ周辺に集まった人たちみんなでミュージカル「しながわ物語」の挿入歌「旅立ちのとき」を歌い、盛況だったイベントを締めくくりました。

15時からのフィナーレでは、イベントの来場者数(概算)の発表と実行委員長による総括の挨拶があったあと、品川区民吹奏楽団(愛称「品吹」)と品川少年少女合唱団とともに、ステージ周辺に集まった人たちみんなでミュージカル「しながわ物語」の挿入歌「旅立ちのとき」を歌い、盛況だったイベントを締めくくりました。


関連リンク

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 気候変動への適応策に関する調査研究
  • 市民協働型温暖化対策実行計画推進研究
  • 東京62市区町村イチオシ環境施策
  • 東京62市区町村環境データ一覧
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第77回
海外事例
食物ロスを減らして、「5000人に食事を」
第76回
田中 勝
東京オリンピック・パラリンピックのメダル製作に協力を
第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。