トップページ > みどり東京レター > 第4号「毎年3万人以上が集まって、楽しく環境について学ぶ――品川区「しながわECOフェスティバル2019」」

みどり東京レタータイトル

 みどり東京レターは、都内62市区町村が実施するイベントをわかりやすく紹介することを目的に、月に1回程度の更新を予定しています。ぜひご一読ください。

2019.06.25

第4号毎年3万人以上が集まって、楽しく環境について学ぶ――品川区「しながわECOフェスティバル2019」

5月26日(日)に開催されたしながわECOフェスティバル2019。

5月26日(日)に開催されたしながわECOフェスティバル2019。天気晴朗、5月末とは思えない夏日の一日となり、前年を上回る3万6千人(概算)の来場者が訪れ、楽しく環境について学んだ。

イベント名称:しながわECOフェスティバル2019外部リンク

開催日時:2019年5月26日(日) 10時00分~15時00分
会場:しながわ中央公園(西品川1-27)等
来場者:約3万6千人(概算)
主催:品川区、企画:品川区環境活動推進会議、運営:しながわECOフェスティバル2019イベント実行委員会

shiina

毎年5月末の開催で、3万人を超える来場者で賑っているよ!

品川区最大の環境イベント

 5月26日(日)、品川区役所前から中小企業センターを挟んで東急大井町線の下神明駅の前まで広がる「しながわ中央公園」を会場に、品川区最大の環境イベント「しながわECOフェスティバル2019」が開催されました。
 5月末ながら連日季節外れの猛暑日となったこの週末、天気もよく、絶好のお出かけ日和となりました。会場の各エリアでは、出展やステージ出演など合わせて過去最多となる99団体が来場者を迎え入れ、楽しみながら環境について学んでもらうとともに、環境活動に取り組むきっかけづくりとして、展示やワークショップなどが実施されました。


グラウンドのトラックに沿って、企業や行政を中心としたブース展示が並びました。

グラウンドのトラックに沿って、企業や行政を中心としたブース展示が並びました。 グラウンド中央には、東京2020オリンピック・パラリンピック品川区応援競技であるホッケーとブラインドサッカーの体験会や、ミニトレイン・フリーウェイの乗車体験もあったほか、ステージではチアリーディングのパフォーマンスや和太鼓演奏も見られました。


ミスト付き扇風機などに利用する会場内の全ての電力は、使用済みてんぷら油から生成されたバイオ燃料による自家発電及びグリーン電力によりまかなわれています。

ミスト付き扇風機などに利用する会場内の全ての電力は、使用済みてんぷら油から生成されたバイオ燃料による自家発電及びグリーン電力によりまかなわれています。


各展示ブースでは、クイズやワークショップなどそれぞれ工夫を凝らして、来場者と楽しみながら環境について学ぶ機会を提供。

各展示ブースでは、クイズやワークショップなどそれぞれ工夫を凝らして、来場者と楽しみながら環境について学ぶ機会を提供。 都立大崎高校の1年生総勢159人が、ボランティアとして参加し、各ブースの手伝いも含めて、会場のあちらこちらで活躍していました。高校生たちにとっても、楽しく、貴重な学びの1日になったのではないでしょうか。


使い捨てプラスチック製品の削減のため、飲食ブースでは紙ストローなどを準備

 パンフレットでもアピールしていましたが、今回のECOフェスティバルでは、使い捨てプラスチック製品の削減のため、飲食ブースでは紙コップ・紙フタ・紙ストローや、サトウキビの搾りかすを原料にした環境配慮型の容器などを準備し、ごみ・資源回収ブースでは、高校生ボランティアたちが分別回収を呼びかけました。
 また、出展ブース全体で持ち帰り用ポリ袋の提供をやめ、チラシなどを通じて、事前にマイバッグの持参を呼び掛けました。来場者・出展者が共にちょっとした手間を分かち合うことで、消費社会の在り方を見直しつつ、便利さについて考えるきっかけを与えてくれたように感じました。

使い捨てプラスチック製品の削減のため、飲食ブースで使われた紙製容器。

使い捨てプラスチック製品の削減のため、飲食ブースで使われた紙製容器。フタには、「わ!しながわ」のマークが印刷されています。「わ!しながわ」は品川区シティプロモーションのキャッチコピーで、この取り組みは、伝統が息づく暮らしと都心の魅力が共存する品川区の素顔を、もっと多くの人に知っていただくために平成27年度にスタートし、区の魅力を全国に発信しています。


15時からのフィナーレでは、イベントの来場者数(概算)の発表と実行委員長による総括の挨拶があったあと、品川区民吹奏楽団(愛称「品吹」)と品川少年少女合唱団とともに、ステージ周辺に集まった人たちみんなでミュージカル「しながわ物語」の挿入歌「旅立ちのとき」を歌い、盛況だったイベントを締めくくりました。

15時からのフィナーレでは、イベントの来場者数(概算)の発表と実行委員長による総括の挨拶があったあと、品川区民吹奏楽団(愛称「品吹」)と品川少年少女合唱団とともに、ステージ周辺に集まった人たちみんなでミュージカル「しながわ物語」の挿入歌「旅立ちのとき」を歌い、盛況だったイベントを締めくくりました。


関連リンク

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 気候変動への適応策に関する調査研究
  • 市民協働型温暖化対策実行計画推進研究
  • 東京62市区町村イチオシ環境施策
  • 東京62市区町村環境データ一覧
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

みどり東京レター一覧

第11号
原っぱを思いっきり駆け回って輝け子どもたち――昭島市「冬の原っぱ大会」
第10号
体験を通して学ぶ――小金井市「こがねい環境フォーラム2019 環境×防災 ~自然と手を取り合って生きていくために~
第9号
埋立てが終了した最終処分場で、日本の原風景の秋を楽しむ―秋の谷戸沢処分場自然観察会
第8号
環境に関する展示や体験コーナーでの体験を通して、楽しみながら広く環境について気付き・学んでいきたい――第12回むさしの環境フェスタ
第7号
子どもたちに「環境とエネルギー」について考えるきっかけづくりを――世田谷区「環境エネルギー・ラボ 2019 in せたがや」
第6号
自分たちで標語を考えたかるたで、環境をより身近に感じ、地元に愛着を持つ――日野市「第5回日野市環境かるた大会」
第5号
身近な生きものの世界を通して、自然の楽しさと大切さとを学び、考える楽習会(がくしゅうかい)――「千代田区環境月間講演会」
第4号
毎年3万人以上が集まって、楽しく環境について学ぶ――品川区「しながわECOフェスティバル2019」
第3号
プロの役者と市民キャストが作り上げる舞台――三鷹市「エコミュージカルとエコイベント」
第2号
市立小中学校で一年間かけて取り組む川の環境学習の成果を発表――八王子市「環境教育実習まとめ発表会」
第1号
区立学校の環境学習をサポートする“まちの先生”たちとの出会いと交流の場をつくる――新宿区「新宿の環境学習応援団『まちの先生見本市!』」

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。