トップページ > 共同事業 > 体験型一般公開講座

体験型一般公開講座

都民を対象にした、東京の自然を体験・再発見し、また企業等の施設を見学してエネルギーや環境保全についてのポイントを学ぶことができる講座です。講座を通じて地球温暖化防止や自然保護に対する意識を養い、人々の行動や生活が環境に配慮したものとなり、エネルギー需給対策へ実際に行動に移していくことを目的とした事業です。


平成25年度体験型一般公開講座の様子

25年度体験型一般公開講座

講座名 実施日 講座実施場所 定員 参加費 集合場所
森林セラピー体験 [檜原村]① ②
※終了しました
① 8/23(金)
② 10/25(金)
払沢の滝
東京都檜原村都民の森
各27人 2,000円 JR武蔵五日市駅
 払沢の滝の散策、都民の森で昼食後に森林セラピーロードをガイドウォーク、最後に数馬の湯につかり檜原を満喫します。8月の講座①の対象は小学生以上の都民です。昼食付き。
森林セラピー体験 [奥多摩町]①
奥多摩湖いこいの路と森林ヨガ、そば打ち体験
※終了しました
10/11(金) 東京都立奥多摩湖畔公園
山のふるさと村
27人 2,000円 JR奥多摩駅
 奥多摩湖畔で森林ヨガ、昼食はそば打ち体験、奥多摩湖いこいの路をガイドウォークします。始めと終わりに健康チェックをして森林セラピーの効用を体験します。
森林セラピー体験 [奥多摩町]②
奥多摩むかし道セラピーロード全線ウォーク
※台風荒天のため中止
10/16(水) 奥多摩むかし道
水と緑のふれあい館
27人 2,000円 JR奥多摩駅
 奥多摩駅から奥多摩湖までの旧街道のコースで巨樹や渓谷の他、神社や道祖神など歴史にも触れられます。前後に健康チェックをして森林セラピーの効用を体験します。昼食付き。
施設見学会(市町村部)
~多摩地区25市1町の家庭ごみの最後を訪ねる
※終了しました
10/31(木) 二ツ塚処分場、エコセメント化施設、谷戸沢記念館、(仮称)野鳥の森・こども自然公園 30人 1,000円 JR武蔵五日市駅
 家庭ごみの減量化と資源の有効活用、自然環境の保全と再生について現地見学します。公園予定地をめぐった後はつるつる温泉に入浴します。昼食なし(弁当持参です)
日の出山荘で自然体験
※終了しました
11/12(火) 日の出山荘 25人 2,000円 JR武蔵五日市駅
 ロン・ヤス会談の日の出山荘で森林環境学習と竹林の間伐体験(苗木ポット作り)。作業後に山荘見学とお抹茶を体験します。昼食付き。
ガイドウォーク
[町田市相原の里山]
※終了しました
11/16(土) 古窯跡郡~七国峠~相原中央公園~鎌倉古道~長福寺~JR相原駅 80人 1,000円 JR相原駅
 行程約9㎞の、相原の里山で歴史古道とゆかりの神社仏閣、公園をめぐるガイド付きウォークです。昼食は町田特製のおべんとうです。
あきる野市「野生動物が暮らせる森づくり」体験
※終了しました
11/23(土) あきる野市戸倉(盆堀地区市有林) 30人 2,000円 JR武蔵五日市駅
 森林レンジャーあきる野と一緒に野生動物が暮らせる森を学び、実際に森づくりを行います。最後は秋川渓谷瀬音の湯に入浴します。昼食付き。
施設見学会(区部)
~最先端省エネ技術施設見学と家庭でできる省エネを考える
※終了しました
12/4(水) がすてなーに ガスの科学館
東京スカイツリータウン
30人 2,000円 がすてなーに
ガスの科学館
 ガスの科学館で家庭でできる省エネ等についての展示案内を受け、東京スカイツリータウン地下の地域冷暖房施設を見学します。昼食なし(ソラマチ等で各自昼食をとってください)
*対象は、18歳以上の都民、ただし、森林セラピー体験[檜原村]①は小学生以上
*応募多数の場合は抽選となります。
*参加申込方法
 ホームページか往復はがきでお申し込みください。
●主  催 オール東京62市区町村共同事業「みどり東京・温暖化防止プロジェクト」

23・24年度体験型一般公開講座

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。