トップページ > 生物多様性の保全に関する研究事業

生物多様性の保全に関する研究事業

 生物多様性の保全に関する研究事業について

 本事業は、平成27年度より3カ年計画で実施されたプロジェクトです。プロジェクト実施の経緯は以下の通りです。
 平成20年度の生物多様性基本法の公布・施行により、市区町村に「生物多様性地域戦略」の策定が努力義務化されていますが、都内自治体ではこれまでに7区6市1町(平成26年9月現在)で策定済みあるいは策定中にとどまっていました。
 そこで本事業では、「生物多様性の保全に関する研究」として、都内62市区町村の地域特性を活かした「生物多様性地域戦略」が策定できるよう、生物多様性に係る基礎自治体の役割と取組の意義などを整理し、自治体単独または共同の「生物多様性地域戦略検討モデル」を作成するとともに、本モデルを踏まえたガイドラインの作成や自治体への支援等を行うことで、自治体が早期に「生物多様性地域戦略」を策定することや、策定済みの自治体についても事業を実現すること等を研究面から支援・推進することを目的として、平成27年度から3ヶ年の計画で実施しました。

 研究体制

 本事業は、東京都内の市区町村が連携・共同してみどり東京・地球温暖化防止に取り組む事業(オール東京62市区町村共同事業「みどり東京・温暖化防止プロジェクト」)の一つとして、主催を特別区長会、東京都市長会及び東京都町村会、企画・運営を公益財団法人特別区協議会、公益財団法人東京市町村自治調査会が担いました。
 また、本研究には、以下の46市区町村が参加しました。



「生物多様性の保全に関する研究会」専用ホームページ ↓ 外部リンク
※「生物多様性の保全に関する研究会」専用ホームページは参加自治体のみアクセスできます。
(IDおよびパスワードが必要です)

 【事業内容】(平成27年度・28年度・29年度実績)

平成27年度・28年度・29年度実績

 生物多様性の保全に関する研究会の成果について


オール東京62 事業紹介

  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 気候変動への適応策に関する調査研究
  • 市民協働型温暖化対策実行計画推進研究
  • 東京62市区町村イチオシ環境施策
  • 東京62市区町村環境データ一覧
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

みどり東京レター一覧

第14号
年に一度の環境活動団体の活動報告・紹介の機会として ―杉並区「すぎなみエコ路地フェスタ2020」
第13号
《国分寺市制施行55周年記念》第15回 国分寺市環境シンポジウム『緑あふれるまちを目指して ~都市農地の保全・活用~』
第12号
令和元年度エコライフ講座 第4回 これからのエネルギー”水素”を楽しく学んで燃料電池自動車に乗ってみよう!
第11号
原っぱを思いっきり駆け回って輝け子どもたち――昭島市「冬の原っぱ大会」
第10号
体験を通して学ぶ――小金井市「こがねい環境フォーラム2019 環境×防災 ~自然と手を取り合って生きていくために~
第9号
埋立てが終了した最終処分場で、日本の原風景の秋を楽しむ―秋の谷戸沢処分場自然観察会
第8号
環境に関する展示や体験コーナーでの体験を通して、楽しみながら広く環境について気付き・学んでいきたい――第12回むさしの環境フェスタ
第7号
子どもたちに「環境とエネルギー」について考えるきっかけづくりを――世田谷区「環境エネルギー・ラボ 2019 in せたがや」
第6号
自分たちで標語を考えたかるたで、環境をより身近に感じ、地元に愛着を持つ――日野市「第5回日野市環境かるた大会」
第5号
身近な生きものの世界を通して、自然の楽しさと大切さとを学び、考える楽習会(がくしゅうかい)――「千代田区環境月間講演会」
第4号
毎年3万人以上が集まって、楽しく環境について学ぶ――品川区「しながわECOフェスティバル2019」
第3号
プロの役者と市民キャストが作り上げる舞台――三鷹市「エコミュージカルとエコイベント」
第2号
市立小中学校で一年間かけて取り組む川の環境学習の成果を発表――八王子市「環境教育実習まとめ発表会」
第1号
区立学校の環境学習をサポートする“まちの先生”たちとの出会いと交流の場をつくる――新宿区「新宿の環境学習応援団『まちの先生見本市!』」

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。