トップページ > かれんとシーナの『エコ質問箱』 > 質問8:マイクロプラスチックって、なに?

2016.09.30

かれん と シーナの『エコ質問箱』 質問8

質問8:マイクロプラスチックって、なに?

シーナ
近頃、雨ばっかり続くけど、かれんは最近どこか出かけた?
かれん
実はこの間、ようやく念願かなって海に行ったの。
シーナ
夏休みとかには行かなかったの?
かれん
友だちと予定をあわせるのが、大変だったけど、やっと行って来たのよ!
天気も薄曇りでちょっと肌寒かったけどね。
シーナ
海は楽しかった?
かれん
海で遊んだのは楽しかったんだけど、砂浜の奥の方などに波に寄せられたごみが案外多かったのが残念だったわ。
シーナ
今年は台風が多かったから、浜辺に流れ着くごみが多くなったのかな? どんなごみが多かった?
かれん
貝殻や流木を拾いながら砂浜を歩いたんだけど、プラスチックのごみが多いのが目についたわね。そのときに聞いたんだけど、今、マイクロプラスチックの問題がクローズアップされているんだって。
シーナ
マイクロプラスチックって何?
かれん
実は私もその時に初めて聞いたんだけど、自然環境などで見つかる5ミリ以下の小さなプラスチックのことなんだって。
シーナ
へえ。ぼく、森のことは得意なんだけど、海についてはあまり行かないから苦手なんだよな。
じゃあさ、今回は海のごみについて、ぼくに教えてよ。
かれん
そうね~、教えられるほど知っているわけじゃないけど、いっしょに勉強して海のごみについて考えようか!
シーナ
了解! まず、マイクロプラスチックって、何が問題なのかな?
かれん
プラスチックは分解されにくいから、いろんな影響を与えるそうね。大きいプラスチックは生き物の体に絡みついたり、飲み込んでのどが詰まったりして、衰弱して死んでしまうこともあるらしいの。海岸に流れ着いた海ガメの死骸を解剖したらビニールがいっぱい詰まっていたという話を聞いたことがあるわ。
マイクロプラスチック自体に毒性があるわけではないらしいんだけど、さまざまな添加物が使われていたり、海水中の有害な化学物質を吸着したりするのも心配されているのよね。
シーナ
そうか! 海の生き物たちも案外つらいんだね。
かれん
海の生きものだけじゃないの。魚を食べることで、魚の体内に蓄積された化学物質が人体に影響することも心配されているのよ。
シーナ
そういえば、水俣病も魚の体内に蓄積された高濃度の有機水銀が原因だったって聞いたことがあるよ。生物濃縮っていうんじゃなかったっけ?
かれん
ちゃんと覚えているじゃない。マイクロプラスチックやその表面に付着した化学物質も生物濃縮されるらしいの。
マイクロプラスチックの影響にはよくわかっていないこともあるそうなんだけど、思った以上にたくさんあることがわかってきているのが心配よね。
シーナ
ところで、マイクロプラスチックはどこから出てくるの?
かれん
プラスチックレジンと言って、プラスチックの原料になる小さな粒もあるけど、プラスチック容器などの大きなプラスチックもマイクロプラスチックの発生源なんだって。
シーナ
どういうこと?
かれん
海辺の砂浜などで紫外線を浴びたり、波が寄せたりすることでぼろぼろの破片になるのね。砂浜って日中は60~70℃にもなるらしいの。裸足で歩けないほど熱いわよね。そんな高温と強い紫外線で崩されることで、小さな破片になっていくんだって。
シーナ
じゃあ、海水浴に来る人たちがプラスチックごみを捨てないように呼びかけたりするのが大事だね。
かれん
それも大事だけど、プラスチックごみの大半は、海から離れた陸地で捨てられたものが、雨で流されて川に入り、最終的に海に到達しているらしいの。街の中でポイ捨てしたり、不注意で飛ばされたり、ごみ容器からあふれ出たりするものなどが流れ着いて、マイクロプラスチックになっているらしいのよ。
シーナ
それじゃあ、ぼくらの生活の中から出るごみが問題なんだね。
かれん
プラスチックは細かくなっても分解されるわけじゃないから、どんどんたまっていくのが問題なの。
わたしたちの使っているプラスチックがごみになって流れ着き、海の生きものにも影響しているのね。なんだか、せつないな。
シーナ
まわりまわって人間にもしっぺ返しがくるんだからね。今は身の回りにプラスチック製品があふれているけど、少し考え直す必要があるよね。

Question

かれん
そうよね。
さて、気を取りなおして、ここで問題です。
世界中の海に漂うマイクロプラスチックの総量はどれくらいになるでしょうか。次の中から選んでくださいね。
  • A1  約2千700トン
  • A2  約2万7000トン
  • A3  約27万トン

答えを見る

解説

かれん
答えは、A3の約27万トンと推計されているんですって。

ただ、分布には濃淡があるそうです。太平洋や大西洋など外洋に多く溜まっているそうなんだけど、海流の渦の状態など、風と流れの弱いところに溜まりやすいそうなの。言われてみるとなるほどですね。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロダクツ2016
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。