トップページ > かれんとシーナの『エコ質問箱』 > 質問10:ミドリガメを自然に返しちゃダメって、どういうこと?

2016.11.25

かれん と シーナの『エコ質問箱』 質問10

質問10:ミドリガメを自然に返しちゃダメって、どういうこと?

かれん
うちで飼っているミドリガメが大きくなっちゃって、今度近くの川に放してきたいと思っているんだけど、シーナもいっしょに来てくれない?
シーナ
え? ミドリガメって、アカミミガメのこと? だめだよ!
かれん
どうして? アカミミガメかどうか知らないけど、昔お父さんがどこかから買ってきたの。最初はちっちゃくてかわいかったんだけど、だいぶ大きくなってきたから、そろそろ自然に返してやった方がいいんじゃないかと思うんだけど。
シーナ
首のところに赤い模様がない?
かれん
そういえばあったわね。アカミミガメっていうんだ。
シーナ
正式にはミシシッピアカミミガメっていって、北アメリカ原産のカメなんだけど、日本全国に定着して、今や各地の池や川で最も頻繁に目撃されるほど多くなっているんだ。もともと日本にいた在来のカメや水生生物、それに農業への影響もわかってきて、大変なことになっているんだって。
かれん
え、外国産のカメだったんだ。外来生物ってこと?
シーナ
そう。外来生物の問題はかれんも知っているよね。
かれん
ブラックバスやブルーギルが在来魚を食べ尽くして深刻な問題を引き起こしているっていうのは聞いたことがあるわ。ミドリガメも魚を食べちゃうの?
シーナ
アカミミガメは雑食性なんだけど、水生植物を好んで食べるらしい。問題は、数が増えていること。植物園の池や堀では、水草がなくなるほど被害が大きくなっているところもあるそうなんだ。
一部データ不足のところもあるんだけど、野外に生息しているアカミミガメの個体数は、全国で約800万匹と推計されているらしいよ。これらのカメが水草ばかり食べたとすると、週に約320トンもの水草が消失していく計算になるんだって。
かれん
ちょっと想像がつかないけど、大変そうね。
シーナ
しかも、アカミミガメは今なお毎年約十万匹が輸入されていて、学校や家庭で飼育されているカメも百数十万匹はいると考えられている。寿命も数十年と長く、年を経るにつれて大きくなるから、飼うのが大変になって野外に放されて、ますます増えていくんだよ。外来生物問題の中でも、今まさに緊急的な対策が必要とされているものの一つなんだって。
かれん
自然の中で暮らした方がカメにとっては幸せなのかと思ったけど、まわりの生き物にとっては迷惑だったのね。
シーナ
まわりにとっても迷惑だし、勝手に連れてこられた外来生物にとっても幸せなことではないんだよ。
かれんだって、今、家から放り出されて一人で生きていけって言われたらどうする?
かれん
え~、たぶん生きていけないな。そう言われるとひどいことをしようとしていたのね。
シーナ
アカミミガメにとって、日本の池や川は天敵も少なく、比較的暮らしやすいからこそこれだけ増えているんだろうけど、イシガメやクサガメといった日本に昔から棲んでいるカメとの競合もあるし、まわりへの影響も含めて、いろんな意味で想像力を働かせて行動することが必要だよね。
かれん
そうなのね! 反省するわ。
シーナ
外来生物の問題は、人によって引き起こされた問題だということを知っておく必要がある。例えば、ブラックバスやブルーギルなんかも、深刻な被害を与えていることで悪者扱いされることもあるけど、悪いのは本来いるべきところではないところに連れてきた人間だよね。
外来生物だって放り込まれた環境の中で懸命に生きているだけなのに、まったく迷惑な話さ。
かれん
でも、どうすればいいのかしら。
シーナ
大事なのは、本来の生息地以外のところに放したりしないこと。そのためには、飼い主が責任を持って、天寿を全うするまで大切に飼うことだよね。
犬や猫と同じように、家族の一員として飼ってあげること。その覚悟がないなら、最初から飼うべきではないんだよ。
かれん
わかった。
うちのカメも、これからも大事に育てていくことにするわ。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。