トップページ > かれんとシーナの『エコ質問箱』 > 質問13:ゼッチ(ZEH)って、なんのこと?

2017.02.24

かれん と シーナの『エコ質問箱』 質問13

質問13:ゼッチ(ZEH)って、なんのこと?

かれん
ねえシーナ、ゼッチって知っている?
シーナ
ぜっち? それ、日本語? どういう字を書くの?
かれん
アルファベットの「Z」「E」「H」の3文字で、ゼッチなんだって。
シーナ
ああ、ゼロエネルギーハウス(Zero Energy House)のことか。聞いたことはあるよ。
かれん
知っているの? 教えてよ。
シーナ
住まいで使うエネルギーをゼロにするというのが、ゼロエネルギーハウス(ZEH)の意味だよ。
かれん
へー、それって世界共通?
シーナ
海外でもZEHと同じ概念で、Zero Energy HomeやNet Zero Energy Building、Zero Carbon Homeなどといっているみたいだよ。
かれん
そうなんだ。でも、エネルギーが無いと、毎日暮らしていけないと思うけど、どうやって、ゼロにするのかしら?
シーナ
ゼロエネルギーハウスは、使うエネルギーの量をできるだけ減らす「省エネ」の取り組みと、使った分と同じ量のエネルギーを生み出す「創エネ」の両面によって成り立つんだ。
かれん
どういうこと?
シーナ
「省エネ」はわかるよね? 大事なのが、建物の断熱性・気密性の向上なんだ。
かれん
なんで??
シーナ
昔の日本の住宅は、夏の蒸し暑さ対策が重視されて、風通しのよい造りになっていたんだ。だから、冬には隙間風で冷え込む寒い部屋の中でドテラを着こんでコタツにくるまったり、ガンガンに焚いたストーブのまわりに集まって暖を取ったりして、寒さをしのいでいたらしいよ。
ところが今は、空調のきいた部屋の中で冬でも薄着で過ごす生活が普通になっているよね。夏も風通しのよい住宅で窓を開け放して過ごすのならいいけど、最近はクーラーをつけて室内を冷やす人が多くなっている。でも、住宅の造り自体は断熱性・気密性がそれほど高くなかったりもするから、実はあまり効率的ではなかったりもするんだ。
かれん
ああ、それで断熱性・気密性の高い住宅にして省エネ性能をあげようっていうわけ? でもいくら省エネしてもゼロにはならないんじゃない?
シーナ
う~ん…もちろんゼロにはならないけど、住宅の設計段階から断熱・気密性能を高めて、空調なども高効率のものにすることで、今のエネルギー消費量の半分から3分の1くらいにまで減らすことができるらしいんだ。
かれん
案外減るのね。でも残りはどうするの?
シーナ
そこで、使ったエネルギーに相当する量のエネルギーを生み出す「創エネ」が効いてくるわけさ。使った量と生み出した量を差し引きして、年間のエネルギー消費量の収支をゼロにするというのがZEHの仕組みなんだ。太陽光発電パネルなどの再生可能エネルギー設備を併設してエネルギーを自給するとともに、あまった分を売電すれば、正味のエネルギー消費量はゼロに近づくわけなんだ。
かれん
なんか狐につままれたみたいな話ね。
シーナ
そうかい? でもなかなか面白い発想だろう。納得しやすいんじゃないかな。
かれん
それはそうだけど、お金をかけて大容量の再エネ設備を導入するっていうこと? お金持ちだからできることっていう気もするわ。
シーナ
大事な視点だよね。ZEHは“省エネ”と“創エネ”を組み合わせた仕組みだけど、まず大事なのが省エネなんだよ。気密性・断熱性の高い住宅にする一方で、夏には日差しを遮ったり、風通しや気化熱を生かしたりして室内が暑くなりすぎないようにする。冬にはポカポカ陽気を入れて部屋の中を暖める。そうして自然の力をうまく取り入れた暮らしを重視することで、化石燃料を中心とした人工のエネルギーに頼らないゼロエネルギー化を実現することが大事なんだ。
かれん
結果としてのゼロエネルギー化よりも、ゼロエネルギーをめざすプロセスが大事ということね。
シーナ
その通り。例えば、太陽光発電は、冬の間は発電量が下がるし、暖房の必要な夜間には発電ができないから、創エネ設備だけでは脱化石燃料にはつながらないんだ。ZEHはエネルギーをゼロにする取り組みだけど、むしろエネルギー的に自立することこそがめざすべきところといえる。
断熱・気密性能の高い家なら、最近話題のヒートショック対策にもなるしね。
かれん
ヒートショックって?
シーナ
家の中で急激な温度差が生じると、血圧が大きく変動して、失神を起こしたり心筋梗塞や脳梗塞になったりすることもあるらしいんだ。断熱・気密性の高い家は、快適・健康な住空間の基本といえるんだ。
かれん
シーナったらやけに詳しいわね。どうしちゃったの!?
シーナ
そう? いつも通りだよ。ただ、ぼくの家って、断熱性も高くて、エネルギーも食料も自給できるじゃない。まさに自然界のZEHだよなあと思うと親近感が湧くんだよね。
かれん
シーナの家って、…森の木のこと?
確かに、(木の幹は)断熱性も高いし、(葉っぱで光合成して)エネルギーや食料を自給していると言えなくはないけど…ちょっと違わない!? 
ZEHの概念図(ZEHは、「ネットゼロエネルギーハウス(Net Zero Energy House)」の略称)

ZEHの概念図(ZEHは、「ネットゼロエネルギーハウス(Net Zero Energy House)」の略称)

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。