トップページ > かれんとシーナの『エコ質問箱』 > 質問15:東京にも路面電車が走っているって、本当?

2017.05.25

かれん と シーナの『エコ質問箱』 質問15

質問15:東京にも路面電車が走っているって、本当?

かれん
シーナ、路面電車って知っている?
シーナ
街中の車道にあるレール(線路)を走る、かわいい電車のことでしょ。ヨーロッパの都市に多いみたいだよね。車といっしょに街中を走るのどかな感じがいいよね。
かれん
もともとは馬が客車を引く馬車鉄道として、主にヨーロッパの都市で発展したらしいんだけど、その動力が電車に代わって、路面電車になったんだって。
シーナ
なんかちょっとレトロな感じだよね。日本にもあるのかな?
かれん
それが、結構あるらしいの。今でも国内の20都市ほどで走っているんだって。
シーナ
そんなにあるんだ!
かれん
路面電車というと昔の交通網みたいに思うかもしれないけど、車と較べて排気ガスも出さないし、渋滞の影響が少ないから運行時刻も正確になって、しかも地下鉄や鉄道に較べて建設費も安く整備できる点から、近年改めて注目されているらしいのよ。
シーナ
そういえば、ヨーロッパでは、次世代の路面電車として「LRT」を導入しているって聞いたことがあるよ。
かれん
あら、よく知っているわね。
シーナ
でも、聞いたことがあるだけで、実はよくわかってないんだよなあ…。
かれん
「LRT」は、ライト・レール・トランジット(Light Rail Transit)のことで、直訳すると「軽量レール交通」ということらしいわよ。
車両自体を軽くすることで燃費をよくしたり、床を低くして乗り降りしやすくしたりと、車両やレールなどに新しい技術を取り入れて、便利でエコな乗り物として導入を計画したり、今ある路線の延長をしたりする自治体も増えているんだって。
シーナ
大都市では難しそうだけど、地方都市などでは可能性がありそうだね。
かれん
実は、1960年代頃までは東京でも都市交通の主役として23区内を中心に路面電車網ができていたんだって。それが、自家用車の普及による交通渋滞の発生や、市街化の進行に伴って、東京都内の路面電車は大半が廃止されていったの。
それでも、荒川区の三ノ輪橋から新宿区の早稲田までをつなぐ都電荒川線と、世田谷区の三軒茶屋から下高井戸を結ぶ東急世田谷線が今も現役で走っているのよ。
シーナ
へえ、東京でも乗れるなんて、知らなかったなあ!
かれん
実は、その都電荒川線が愛称を募集していて、最近決まったんだって。
シーナ
なんていうの?
かれん
「東京○○トラム」の「○○」に入る言葉を選んでもらったんだって。何だと思う?
シーナ
何でもいいの? 「東京“たのシーナ”トラム」とかどう?
かれん
ちゃっかり自分の名前を入れちゃって! でも楽しそうな雰囲気が伝わってきそうね。
実は、8つの選択肢の中から選んでもらう方式だったから、「たのシーナ」は残念ながらないんだけどね。
シーナ
なんだ、早く言ってよ! 選択肢には、何があるの?
かれん
「ローズ」「さくら」「フラワー」「ブルーム」「クラシック」「レトロ」「ノスタルジック」「レガシー」の8つの中から投票してもらったんだって。
シーナ
お花のイメージと、古きよきものって感じだね。
ぼくは、雰囲気からすれば「レトロ」がいいかな。路面電車の雰囲気をよく表しているよね。
かれん
投票の結果は、「さくら」が最も多くの支持を集めたんだって。無効票を除く全2218票のうち、854票が「さくら」だから、4割近くになるわね。都電荒川線は沿線に桜の名所が多いことや、日本や東京を象徴する花として国内外の観光客にも親しみやすいといった意見も踏まえて決めたそうよ。
シーナの選んだ「レトロ」も629票と、第2位になっていたんだって。
シーナ
お、案外競っていたんだね。「東京さくらトラム」もいい響きだよね。ちなみに、「トラム」って、何なの?
かれん
わからないまま聞いていたのね。トラム(Tram)は路面電車のことよ。
シーナ
そっか! 桜の名所を走る東京の路面電車ってところだね!! これを機に、多くの人が東京の路面電車に注目してくれるといいね。

Question

かれん
では、ここでクイズです。
「路面電車の日」があるらしいんだけど、それはいつ? 次の中から選んでみてくださいね。
  • ・5月1日
  • ・6月10日
  • ・7月20日
  • ・8月30日
さて、どれでしょう?

答えを見る

解説

シーナ
答えは、6月10日。

「路電(ろでん)」の語呂合わせで、「ろ(6)」+「テン(10)」にしたんだって。日本で初めて路面電車が走った明治28年(1895年)からちょうど100年目に当たる1995年に、広島市で開かれた全国路面電車サミットに合わせて決めたそうだよ。
毎年6月10日前後には、日本各地で記念イベントやキャンペーンなども行われているらしく、都電荒川線でも、例年だと臨時電車を走らせたり、記念一日乗車券を発売したりするらしいから、この機会にぜひ、路面電車に乗ってみてね!

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。