トップページ > かれんとシーナの『エコ質問箱』 > 質問21:宅配便の再配達って、何が問題なの?

2017.11.02

かれん と シーナの『エコ質問箱』 質問21

質問21:宅配便の再配達って、何が問題なの?

シーナ
かれん、遊びに行こうよ!
かれん
今日はおばあちゃんからの荷物が届く予定だから、お家にいなくちゃダメなの。
シーナ
え~!? 宅配便が届くの? いないときに届いたら再配達してもらえばいいじゃん。ねえ、遊びに行こうよ!!
かれん
だめよ、シーナ。そんなふうに考える人が多いから、再配達が多くなっていろいろと問題になっているらしいのよ。
シーナ
え、どういうこと?
かれん
国の調査では、宅配便が再配達されている割合は、全体の約2割にもなるんだって。
シーナ
へえ、意外に多いんだね。
かれん
そうでしょ。再配達のための労働力は、トラックドライバーの約1割に当たる9万人に相当するという試算もあるのよ。つまり、ドライバーが10人いるとして、そのうちの1人が再配達ばかりしていることになるんだって。
シーナ
それは大変だ! ぼくは再配達係にはなりたくないなあ。
かれん
あくまで計算上だから、再配達専門の人がいるわけじゃないけどね。
シーナ
そっか。でも、宅配便って、そんなにたくさん使われているんだね。
かれん
ほら、ネット通販ってあるじゃない。ここ10年で3倍になっているらしいわよ。
シーナ
あ、そうか。おばあちゃんも結構使っているよね。
かれん
「便利な世の中になった」ってよく言っているわ。でも、シーナみたいに指定の時間に出かけちゃったりして再配達してもらうと、その分の負荷が生じるじゃない。
シーナ
えへ! ごめん、ごめん。
かれん
再配達によって排出されているCO2量は、一年間の総量では、JR山手線の内側の2.5倍の面積のスギ林が吸収する量に相当する約42万トンにもなるんだって。
シーナ
え、そんなになるの? 山手線内って、結構広いよ!
かれん
それだけ、大きな無駄が発生しているってことなの。しかもそれって、受け取る人が少し意識すれば改善できることだったりもするじゃない。
シーナ
ああ、そうだよね。
かれん
宅配会社にとっても、再配達を減らすことができれば、その分の燃料代や人件費、荷物の保管代も節約できるんだって。宅配ドライバーって、重労働だし、朝早くから夜遅くまで長い時間働かなくちゃならないし、その割にお給料が高いわけでもないから、担い手不足になっていているって、この間授業で習ったわ。宅配料金の値上げも検討されたりするみたいだけど、今の便利な宅配便の仕組みを続けていくのも案外大変らしいのよね。
シーナ
せっかく運んできたのに留守でまた持ってこないといけないとなると、がっかりだよね。
かれん
再配達って、一度行って留守だったら、不在票を入れて翌日以降に届けてくれるんだと思うじゃない。
シーナ
違うの?
かれん
実は、午前中に留守だったりすると、午後や夕方にも来てくれているらしいの。留守が続くと、2倍どころか、3~4倍の負担になるんだって。
シーナ
かれんのうちみたいにマンションの階段を歩いて登ってきていることを考えると、しんどいよね。
かれん
そうでしょ。安易に再配達してもらえばいいなんて言えないわよね!
シーナ
…反省しています。
かれん
じゃあ、対策についてはどんなことが考えられる?
シーナ
う~ん、そうだな。まずはきちんと受け取れる時間に持ってきてもらうことかな。
かれん
そうね。留守にしているケースでは、そもそも宅配便が届くことを知らなかったという人も多いらしいの。送る人が受け取る人に一言連絡したうえで、都合のよい時間帯を指定して送るなど、一回で受け取れるようにすればいいと思うのよ。
宅配便の取扱件数も、再配達の割合もこれだけ高くなっているからこそ、一人ひとりの心がけ次第で、大きな効果が生まれることになると思うのよね。
シーナ
今度宅配便を送ってもらうときには、ぼくの大好物も入れてくれるようにおばあちゃんに言っておいて! そうすれば、それこそドアの前で待機しておくからさ!!

Question

シーナ
では、ここで質問です。
宅配便の再配達を減らすための工夫として、受取時間を指定するとよいって、かれんが紹介してくれたけど、他にはどんなことが考えられるかな? 実際に始まっていることもあるらしいので、考えてみてね! 今回は選択肢はなしだよ。

答えを見る

解説

かれん

みなさんのアイデアも聞きたいところですが、ここでは1つだけ紹介しますね。
駅前とかコンビニなどに設置された受取用の宅配ロッカーを通じて、会社帰りのお父さんに受け取ってもらえるような仕組みも始まっているんですって。
宅配ロッカーでは、画面にパスワードを打ち込むことで扉が開く仕組なんかもあるから、安心ですね。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。