トップページ > かれんとシーナの『エコ質問箱』 > 質問24:花粉症対策の日って何をすればいいの?

2018.01.19

かれん と シーナの『エコ質問箱』 質問24

質問24:花粉症対策の日って何をすればいいの?

かれん
ねえシーナ、1月23日って、花粉症対策の日なんだって。知ってた?
シーナ
へえ、聞いたことはないなあ。ぼくは花粉症になったことないからなあ。
でも、花粉症ってスギやヒノキの花粉でしょ。花粉が飛び始めるにはちょっと早すぎるんじゃないの?
かれん
う~ん、私も花粉症にはなったことがないからよくわからないんだけど、ママは毎年マスクをして苦しそうにしているわね。でもまだ今は大丈夫みたいよ。
シーナ
気象庁が花粉の飛散状況を観測しているんじゃなかったっけ? ちょっとスマホで調べてみてよ。
かれん
あったわ。これじゃないかしら! 「はなこさん(花粉観測システム)外部リンク」ですって。でも、気象庁じゃなくて、環境省の花粉情報サイトって書いてあるわ。
シーナ
あれ、「平成29年の花粉飛散状況の提供は6月30日をもって終了いたしました」って書いてあるなあ。
「平成30年は2月1日から提供を開始する予定です」っていうことは、やっぱり1月には花粉はそれほど飛んでいないんじゃないかな?
かれん
そうか…。じゃあなんで1月23日なんだろう…。
シーナ
え、かれんは知らないで言っていたの? じゃあさ、「花粉症対策の日」だっけ、それで調べてごらんよ。
かれん
あったわよ。これかな…。
シーナ
ええと、「春の花粉対策は、スギ花粉飛散が多くなる1月・2月・3月がポイント」…だって。
「ワン・ツー・スリーの対策だから、1月23日を花粉症対策の日に制定」って書いてあるね。
かれん
ああそうか、症状が出てから対策するんじゃなくて、花粉が多くなる前からの対策が大事ってことね。
でも、対策といっても、具体的にはどんなことをすればいいのかしら?
シーナ
うん、環境省の「花粉症環境保健マニュアル」っていうのがあるから、見てみようか。
かれん
第3章に「花粉症の予防と治療」っていうのがあるわ。
シーナ
ちょっと見せて! ええと、「花粉のばく露を防ぐために」だって。「いかに花粉を避けるかが予防の基本」だってさ。
かれん
だから、ママはいつもマスクをしているのね。超微細フィルタのマスクだって、自慢していたわ。そういえば、どれだけ顔にフィットするかがポイントだって、ママが言っていたわ。花粉が入ってこないように隙間をなくすのが大事らしいのよ。
シーナ
あと、「手洗い、洗顔」っていうのもあるよ。これはどういうことなのかな?
かれん
花粉を落とすってことらしいわね。パパや私にも、玄関で服についた花粉を落としてから入ってって、口うるさく言っているわ。
帰ってきたらすぐ手を洗えって言うしね。
シーナ
服や体に付着した花粉が家の中に入るのを防ぐってことか。
「室内の換気と掃除」というのも、同じ理由だね。
かれん
うちでは、空気清浄機も使っているわ。そういえば、毎年花粉の時期は、掃除もマメにしているみたいだし、窓を開けようとすると閉めてって言われるわ。
シーナ
窓から入ってきた花粉は床やカーテンについているらしいね。カーテンも洗濯すると効果的みたいだよ。
かれん
うん、うちでもカーテンを洗っているわ。年末の大掃除のときに洗えばいいのにって、パパが言っていたのを覚えているわ。
シーナ
大変なんだね。
かれん
そうなのよね。花粉さえ飛んでこなければいいのに!
シーナ
そんなこと言っちゃだめだよ! 人間はスギの木や花粉を目の敵にしているみたいだけど、植物にとってはすごく大事なものなんだよ。
かれん
ごめん…。でもなんで、スギやヒノキの花粉が花粉症になるのかな? やっぱり、スギやヒノキって、人間と相性が悪いのかな?
シーナ
スギ・ヒノキの他にも、ブタクサなどの草本類の花粉も花粉症の原因物質になっているらしいね。いずれも、風で花粉を飛ばして受粉するタイプの植物だから、花粉の量も多いんだろうな。
かれん
でも、花粉症って、最近になって増えてきているっていうじゃない。花粉自体も増えているんじゃないの?
シーナ
スギやヒノキなどは、植えから25年~30年くらい経たないと、花粉をつける雄花が成熟しないんだ。
そもそも、人間が天然林を切ってスギやヒノキの人工林を植え替えてきたんだよね。それが一斉に花粉をつける樹齢になってきているから花粉が増えているんだろう。
かれん
そうか、スギ・ヒノキ林が多いのは、人が一斉に植え替えたからなんだね。
シーナ
それとともに、空気中を漂う化学物質が増えてきたことや、人間自身の食生活や生活習慣が変わってきたことで、花粉症の症状を悪化させる要因になっているっていうよ。花粉だけを悪者にするのはヒドイよ!!
かれん
シーナの言う通りね…。
シーナ
スギ・ヒノキ林は、木材資源でもあるし、国土の保全や地球温暖化防止、水源涵養など多様な公益的機能をもっているんだよ。特に、スギやヒノキは、生長が早くて、二酸化炭素吸収量が多いから、地球温暖化防止の観点からも大事なんだ。
だからこそ、森林をきちんと整備して、木にとっても暮らしやすくしていかなきゃね。森が荒れ果ててくれば、木々も子孫を残そうと、さらにたくさんの花粉を出すようになるんじゃないかな。
かれん
そうか! 都市に住んでいると森はちょっと遠い存在に思えるけど、実はけっこうつながりも深いのね。
シーナ
都市住民ができることの一つに、東京の木を使うことが効果的だっていうよ。ちゃんと使われるようになれば、計画的に切って、東京の森の木材資源がきちんと循環していくことにもなるからね。

Question

シーナ
では、ここで質問。花粉が多くなる条件について、正しいのはどれだと思う? 正解は一つだけだよ。
  • A1 湿度が高くて、風が強い日には、花粉が多く飛んできそうだよ?
  • A2 天気がよくて、気温が高い日の方が多いんじゃないの?
  • A3 一日の中では、朝早い時間帯が多くなるんじゃないかな?

答えを見る

解説

かれん

答えは、A2の「天気がよくて、気温の高い日」です。

風が強い日は花粉がよく飛んでくるけど、湿度は低く乾燥している方が多くなるんだって。それと、一日の中では、昼前後と日が落ちた後に多くなるらしいわ。
午前中に気温があがってくると花粉が多くなるんだけど、都市部に到達するのは昼前後になるらしいわね。それと、風に舞って上空にあがった花粉が、日没後に地上に落下してくることで増えるんだって。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第78
飯田 陳也
葛西「三枚洲」のラムサール条約登録の取り組み
第77回
海外事例
食物ロスを減らして、「5000人に食事を」
第76回
田中 勝
東京オリンピック・パラリンピックのメダル製作に協力を
第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。