トップページ > かれんとシーナの『エコ質問箱』 > 質問26:シイタケを植えると、森が守られるって、どういうこと?

2018.03.29

かれん と シーナの『エコ質問箱』 質問26

質問26:シイタケを植えると、森が守られるって、どういうこと?

かれん
シーナ、キノコ採りってしたことある?
シーナ
あるよ! それがどうかした?
かれん
パパがキノコを採りに行くっていうのよ。私、キノコはあまり好きじゃないんだけどな…。
シーナ
え!? あんなにおいしいのに? 喰わず嫌いなんじゃないの? 森のキノコを採りに行くんだろ、採ってすぐ、網で焼いたりするとすごくおいしいんだよ。
森で採ったキノコは、スーパーで買ってきたのとは全然違うから、食べてごらんよ。
かれん
そうかしら…。あまり気乗りしないんだけどな。
シーナ
もったいないなあ。ぼくもいっしょに行ってもいい?
かれん
いいわよ。私の分もあげようか。
シーナ
どうしても食べたくないんならもらうけど、おいしいよ!
かれん
う~ん…。
シーナ
ところで、どんなキノコを採りに行くの?
かれん
この間、森の中で丸太を並べたんだけど、そろそろシイタケが生えてきているんじゃないかっていうのよ。
シーナ
ああ、ほだ木に菌種を植え付けたんだね。ぼくが採るのは野生のキノコだよ。
かれん
ほだ木っていうの? 交互に組み上げるのが結構大変だったなあ。
シーナ
風通しをよくするためだね。シイタケ栽培には、直射日光が当たらないけど、雨は降り注いで、風通しや水はけのいいところが適しているんだよ。
かれん
ふーん、そうなんだ。キノコのこと、もっと教えてくれる?
シーナ
いいよ! 何でも聞いてよ。
かれん
あのね、キノコを植えるときに、「森を守るための活動なんだよ」って言ってたの。どういうことか、わかる?
シーナ
キノコを育てるために木を切るからだよ。
かれん
え、でも、木を切っちゃったら、森がなくなっちゃうんじゃない?
シーナ
かれんは木を切ることが、悪いことだと思うの?
かれん
私は切ったことはないけど、ちょっとかわいそうな気もするわね。特に何十年もかけて生長した木は、そっと残しておいてあげたいわ。
シーナ
じゃあさ、森は切らないで放っておいた方がいいと思う?
かれん
違うの? 森がなくなっているのは人間が木を切っているからって聞いたことがあるわよ。東京も昔は自然豊かだったけど、どんどん宅地化されて森がなくなっちゃったんでしょ。
シーナ
うん、その通りなんだけど、でも、一概に森の木を切らない方がいいってわけでもないんだ。
かれん
だって、木は切っちゃったらなくなっちゃうじゃない。
シーナ
でも、木がなくなれば、葉っぱで遮られていた光が地面にまで射しこんできて、新しい生命が芽生えてくるんだよ。森全体を一斉に切って、宅地などにしちゃったら森がなくなっちゃうけど、森の中で木が切られたり倒されたりすることは、森にとっても大事なことなんだよ。
かれん
ふ~ん、そうなんだ。
シーナ
ぼくたちドングリの木も、里山の雑木林に生えている木で、昔は30~40年おきに切られていたから、明るい雑木林として維持されてきたんだ。でも最近は、木が切られなくなって、薮のようになっているところもいっぱいあるんだよ。そうなると、生き物にとっても暮らしにくくなってしまうんだよ。木が混み合いすぎて、鬱蒼とした森って見たことない? ひょろひょろした木は健康そうに見える?
かれん
あ、そうか…。
シーナ
地面に光が射しこまなくなると、草も生えなくなっちゃうんだ。
森林保全とか環境保護なんていうと、なんだか難しいことをしなくちゃならないように思うかもしれないけど、山とともに暮らしてきた人の営みって、案外バランスが取れていてよかったんだと思うよ。
かれん
でも、それがシイタケ栽培とどうつながるの?
シーナ
シイタケを栽培するためのほだ木は、森の中の木を切って作るだろう。木は倒されちゃうけど、シイタケの原木として活用されるし、切り株からは新しい芽が出てきて、森が再生されるんだ。
でも、切らないままでいると、大きくなりすぎて、森の中は暗くなるし、木自体も年を取り過ぎて元気がなくなっていくんだよ。
かれん
だから、切った方が森の保全につながるってことなのね。
シーナ
それと、キノコは森の掃除屋とも言われるんだよ。
かれん
掃除屋さん? どういうこと?
シーナ
ほだ木を組む時に「重かった」って言ったでしょ。でも、何年か経つとスカスカになって、軽くなるんだよ。
かれん
キノコのせいなの?
シーナ
キノコのおかげだよ。森の中には、倒れた木や折れた枝もあるし、秋から冬にかけて、毎年たくさんの落ち葉が地面を覆っているけど、春になるといつのまにか、目立たなくなっているじゃない。キノコを始めとする森の掃除屋さんが片付けてくれるんだよ。
かれん
キノコって、動物じゃないわよね。ホウキを持って掃くわけじゃないし、そもそも動けないんじゃないの?
シーナ
もちろん、ホウキを使うわけじゃないし、動いたりもしないけど、菌糸を伸ばして広がっていくし、胞子を飛ばして、森の中のいろんなところに生えてきて、倒れた木や落枝、落ち葉などを分解しているんだ。
かれん
あ! “分解”っていうことは、「物質循環」のことでしょ。生産者と消費者と分解者だっけ? 理科で勉強したことがあるわ。
シーナ
そう。キノコは分解者なんだ。分解者のおかげで、落ち葉や枝が分解されて、再び植物が栄養として使えることになる。動物の死体も同じで、分解者がいなかったら、朽ちていかないまま森の中に残っていくことになるんだ。
かれん
キノコも大事な役割を担っているのね。

Question

シーナ
じゃあ、そんなかれんにクイズを出してあげようかな!
日本でシイタケの人工栽培が始まったのって、いつ頃だったと思う?
  • A1 縄文時代
  • A2 平安時代
  • A3 江戸時代
  • A4 大正時代
かれん
え~、難しいなあ。ヒントをくれない?
シーナ
ヒントじゃないけど、キノコの人工栽培としては、シイタケがもっとも古くから行われていたんだって。
かれん
ぜんぜんわかんないよ~! みなさんはわかりますか?

答えを見る

解説

シーナ

答えは、A3の江戸時代なんだって。

ただ、シイタケを干すとうまみが増すことは古くから知られていたらしくて、乾物にして食べられるようになったのは、9世紀に中国の食文化が入ってきた頃だったと言われている。保存も効くし、栄養も増す、優れた知恵だよね。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第79回
海外事例
コミュニティパワーで100%自然エネルギーの島から次のステップへ:デンマーク、サムソ(市)島
第78
飯田 陳也
葛西「三枚洲」のラムサール条約登録の取り組み
第77回
海外事例
食物ロスを減らして、「5000人に食事を」
第76回
田中 勝
東京オリンピック・パラリンピックのメダル製作に協力を
第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。