トップページ > 環境レポート > 第46回 「“よいことをする”ための購買であるよりも、ファッションが好きな人たちが気に入ったモノを選んだ結果が社会にとってもよい効果を生むことをめざして ──日本のエシカルファッションを盛り上げる取り組み(Ethical Fashion Japan)」

2014.02.03

第46回「“よいことをする”ための購買であるよりも、ファッションが好きな人たちが気に入ったモノを選んだ結果が社会にとってもよい効果を生むことをめざして ──日本のエシカルファッションを盛り上げる取り組み(Ethical Fashion Japan)」

“エシカルファッションのない社会”をめざす!?

エシカルファッションの9つのカテゴリー(EFJ)。
エシカルファッションの9つのカテゴリー(EFJ)。
※クリックで拡大表示します

 ファッション業界で最近注目を集めている言葉の一つに「エシカルファッション」がある。エシカル(ethical)とは、英語で「倫理的な」「道徳上の」などと訳される。倫理的なファッションというとわかりにくいが、ニュアンスとしては、“良識に基づいて選ぶファッション”とか“良心に恥じないファッション”といった意味で使われる。具体的にあげると、オーガニックコットンやリサイクル素材など原材料へのこだわりだったり、フェアトレードによる生産者保護の取り組みをしていたり、天然染料や植物性薬剤などを使う商品製造の際の環境配慮だったりと、環境や人によい取り組みを取り入れたファッションの総称というわけだ。
 世界各地でエシカルファッションショーが開催されるなど業界の取り組みや消費者の注目も高く、そのコンセプトにのっとったブランドも数多く生まれてきているが、日本ではまだまだ十分な認知度があるとは言えないのが実情だ。
 そんなエシカルファッションの考え方を広めたり、エシカルファッション・ブランドを紹介したりするのが、『Ethical Fashion Japan(以下、EFJ)』のミッションだ。ところが、代表の竹村伊央さんは、“私たちはエシカルファッションがない社会を目指しているのです”というから驚く。
 「“エシカル(ファッション)”というのは、本来、ものづくりの方法や姿勢を表す概念です。“○○系”といったファッションスタイルの分類を指すものではありません。今はまだエシカルファッションという考えも浸透していませんし、エシカルファッションを扱うブランドとそうではないブランドが線引きされているような状況ですが、エシカルファッションが本当に普及した状態というのは、ことさら強調しなくてもエシカルであることが当たり前な状態です。そんな、エシカルなんて言わなくてもよい社会になることが私たちのめざすところなので、逆説的に“エシカルなんて必要ない”と掲げているわけです」

 EFJでは、海外から輸入されたこの概念を日本流に理解し、発展させるため、エシカルの原則を9つのカテゴリー【1】に分けて整理・提案している。エシカルを実現する方法にはさまざまな取り組みがあるというが、共通するのは服に関わる一人ひとりが笑顔でつながるようなやり方であること、と言う竹村さんは、“原料から着られなくなる最後のときまで、笑顔でつながれるファッションのカタチをいっしょに考えてみませんか?” ──そう呼びかける。

ナチュラルだけではない、バラエティ豊かなエシカルファッション・ブランドを紹介

EFJが提供する、エシカルファッション・ブランド大辞典『DIRECTORY』。国内外の100ブランド以上を掲載している。
EFJが提供する、エシカルファッション・ブランド大辞典『DIRECTORY』。国内外の100ブランド以上を掲載している。
※クリックで拡大表示します

 竹村さんがエシカルファッションに触れた最初のきっかけは、高校卒業後の2002年2月から留学することになったイギリスの大学でのことだった。高校時代は服飾科に通っていた。デザイナーになるためのコースだったが、ゼロから服を作り上げるデザイナーの仕事には限界を感じることになったという。ただ、ファッション自体は好きだったから、スタイリストの仕事をめざして、留学先のイギリスの大学ではファッションプロモーション&イラストレーション科を専攻した。イラストや写真などビジュアル面とファッション経済などマーケティングの両方を学ぶコースだ。
 留学当初はエシカルファッションという言葉も聞いたことがなかったが、2年ほど経ってあるファッション・ブランドでインターンシップを始める機会があった。そのブランドが、リサイクルをメインにしたエシカルファッション・ブランドだったのが、エシカルファッションを知るきっかけになった。いっしょに働き、セミナーやファッションショーを手伝ううちに、エシカルファッションに対する興味・関心が湧いてきた。「自分もエシカルファッションについて何かやりたい」、これが原点になり、大学の卒論でも「エシカルファッション」をテーマにした。イギリスでスタイリストとして働きはじめ、エシカルファッションに対する想いが大きくなっていった。
 エシカルファッションは、環境の側面も大きな要素の一つだ。ただ、エコといってしまうとイメージが固定化してしまうと竹村さんは指摘する。
 「ファッションで“エコ”というと、“節約”という意味になる気がするんです。“エシカル”はもっと幅広い概念なのに、“エコロジカルなファッション”では先入観を与えてしまうと思います。それと、よく言われるのが、『コンセプトには共感するけど、売られているものがナチュラルすぎる。もっと派手な服を着たいのに気に入った色がない』といったことです。でも本当はカラフルなブランドだってあるし、多様なスタイルを提案しているブランドがたくさんあります。そんなふうに画一的なイメージでとらえられてしまうと、ファッションとしては普及の妨げになってしまうと思うんです。表面上のかっこよさ、可愛さで選ぶのがファッションですよね。海外では、もともといろんなスタイルでやっているブランドさんがいますし、ファッション系の大学でもサステイナブルコース【2】を設けていたりしていて、毎年新たな学生が卒業して、その中からデザイナーになる人も少なくはありません。そんな新鮮な感性でエシカルファッションを生み出していく人材もどんどん増えていきます。エシカルを着たいと思ったときに、日本で思う以上の選択の幅があるんですよ」
 そんなエシカルファッションの実情と可能性を伝えたくてはじめたのが、EFJだった。公式サイトは、「エシカル」や「エシカルファッション」という言葉も知らない人たちを対象に、今のファッション文化の中にいかに「エシカル」を落とし込むかを目的に、ファッションの好きな若者層でも入り込みやすくなるように、なるべくビジュアルを多く、簡潔にわかりやすくデザインしている。メインコンテンツの一つに、『DIRECTORY』というエシカルファッション・ブランド大辞典を設けている。国内外のエシカルファッション・ブランドが扱う服などについて、写真を前面に打ち出してビジュアルで表現しつつ、ブランドの特徴やこだわりについて簡潔な文章で伝えたものだ。このDIRECTORYとともに、デザイナーさんによる連載記事やインタビュー記事なども掲載している。


注釈

【1】エシカルファッションの9つのカテゴリー
(1)FAIR LABOR(対等なパートナーシップに基づいた取引により、不当な労動と搾取をなくす)
(2)ORGANIC(有機栽培で生産された素材)
(3)UPCYCLE AND RECLAIM(質の向上を伴う再生利用(アップサイクル)&不要素材や在庫商品を回収して利用(Reclaim))
(4)SUSTAINABLE MATERIAL(環境負荷がより低い素材の活用)
(5)CRAFTSMANSHIP(伝統的な技術を取り入れて、文化を含めて未来へ伝える取り組み)
(6)LOCAL MADE(地域に根ざしたものづくりで地域産業/産地の活性化、雇用の創出、技術の伝承と向上)
(7)CARE ANIMALS(Animal Rights(動物の権利)、Animal Welfare(動物の福祉)に配慮した製造)
(8)WASTE-LESS(衣料品ライフサイクル各段階での無駄の削減)
(9)SOCIAL PROJECT(NPO/NGOへの寄付、ビジネスモデルを生かしての支援・雇用創出)
の9項目(2014年度改定版)。詳しくは、EFJのサイトを参照。
【2】イギリスにおけるファッション系大学のサステイナブルコース
 「サステイナブル(sustainable)」は、「持続可能」を意味する。持続可能な開発(Sustainable Development)で有名になったように、地球環境の持続可能な保全と活用をめざす概念。ファッション系大学でも、こうした理念にのっとって理論構築と具体的な取り組み方法等について学ぶためのコースが設置されている。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロダクツ2016
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。