トップページ > 環境レポート > 第93回「『練馬大根引っこ抜き競技大会』を通して練馬大根に親しみながら練馬の農を学び、地場農産物への愛着を育てたい(練馬区、JA東京あおば)」

2018.01.30

第93回「『練馬大根引っこ抜き競技大会』を通して練馬大根に親しみながら練馬の農を学び、地場農産物への愛着を育てたい(練馬区、JA東京あおば)」

 練馬大根の産地として知られる練馬区では、平成19(2007)年から毎年、練馬区役所とJA東京あおばの共催により「練馬大根引っこ抜き競技大会」が開催されている。平成29(2017)年に第11回を迎えたこの大会には、どんな目的があるのだろうか。
 大根の収穫期を迎える初冬の畑で競技大会に参加し、練馬大根を通して人々に伝えたい主催者の思いを探ってみた。

練馬大根を抜いてみたい人、大集合! ─練馬大根引っこ抜き競技大会─

 練馬大根引っこ抜き競技大会の会場は、区内の大根畑から毎年持ち回りで決まるという。平成29年は練馬区南大泉の畑が会場に指定されていた。小春日和に恵まれた12月の日曜日、最寄り駅から会場をめざして10分ほど歩くと、畑を囲むように大勢の人が集まっているのが見えてきた。
 主催者の発表では、競技大会の参加者は区内外から582名。競技種目は、個人で制限時間内に抜いた数を競う男子の部と女子の部、15歳以下の子どもと保護者が1組になって抜いた大根のうち最も長い大根の長さを競うグループの部があり、それぞれ申込順でエントリーする。同時に、競技中に抜かれた大根の中から最も長い大根、最も重い大根、おもしろい大根、農園園主賞などを選ぶ記録の部の審査も行われた。
 また、今回は参加者がいっせいに大根を引っこ抜く、最多人数のギネス世界記録®「The most people unearthing radishes simultaneously」への挑戦も行われた。

競技大会の会場となった練馬区南大泉にある練馬大根の畑。毎年、練馬区内の生産者の畑で持ち回りで開催されるという。朝8時から受付が始まり、9時にはたくさんの人が集まっていた。

競技大会の会場となった練馬区南大泉にある練馬大根の畑。毎年、練馬区内の生産者の畑で持ち回りで開催されるという。朝8時から受付が始まり、9時にはたくさんの人が集まっていた。

練馬大根の畑での様子。一般のスーパーで見かける大根と比べると葉が少し小さいように感じる。

練馬大根の畑での様子。一般のスーパーで見かける大根と比べると葉が少し小さいように感じる。

中太りで長い練馬大根は、真っ直ぐな大根と比べて引き抜くのに3~5倍の力がいる

 開会式の最後に、会場となった大根畑を提供された農園園主の井口哲哉さんから大根の抜き方についてのレクチャーがあった。
 練馬大根は中太り型といって、葉の下と先端が細くて真ん中あたりから下が太くなっている。そのため引き抜くときは普通の大根の3~5倍の力がいる。ときには折れることもある。井口さんの説明では、腕で抜くのではなくひざの屈伸を利用して真っ直ぐ上に引っ張り上げるようにして抜くのだという。
 最初に行われるギネス世界記録への挑戦は参加自由というので、飛び入りで参加させていただいた。井口さんのレクチャーを思い出しながら、土の上に出た大根の白い部分を持ってスタートの合図を待つ。
 ギネス世界記録公式認定員のマクミラン舞さんによる「スリー、ツー、ワン、GO!」のかけ声とともにひざを伸ばしながら腕に力をこめる。が、大根はまったく動かない。しばらく「うん、うん」うなりながら引っぱっていると、土の中でブキッという鈍い音がして、すーっと大根が抜けてきた。先端の細い部分が切れてようやく抜けたのだ。
 確かに練馬大根を抜くには普通の大根よりかなり力が必要である。生産者の収穫の苦労が偲ばれる。練馬大根は栽培が減り、絶滅しかけてしまったそうであるが、収穫の苦労も消滅しかけた原因の1つなのだろうか。
 今回のギネス世界記録への挑戦では、当日飛び入りの参加者を含む全員が3分間いっせいに練馬大根の引き抜きを行って、規定通りに引っこ抜くことができた人数は492名、見事世界記録に認定された。

競技が始まる前に、準備体操。この競技会のためにつくられた「練馬大根体操」で体をほぐす。

競技が始まる前に、準備体操。この競技会のためにつくられた「練馬大根体操」で体をほぐす。

大根を引っこ抜くときには、葉の下の大根の白い部分をつかんで、ひざの屈伸を利用して、真っ直ぐ上に引くようにして抜く。長いので途中で折れやすいのだが、競技大会では2本を折ってしまうと失格になる。(提供:練馬区、第10回大会より)

大根を引っこ抜くときには、葉の下の大根の白い部分をつかんで、ひざの屈伸を利用して、真っ直ぐ上に引くようにして抜く。長いので途中で折れやすいのだが、競技大会では2本を折ってしまうと失格になる。(提供:練馬区、第10回大会より)

男子の部の決勝が始まる。今回は制限時間1分以内に引っこ抜くことができた大根の本数を競う。

男子の部の決勝が始まる。今回は制限時間1分以内に引っこ抜くことができた大根の本数を競う。

抜いた大根をスタート地点に運んで下に置く、と同時に次の大根に狙いを定める。迫力満点の引っこ抜き大会。

抜いた大根をスタート地点に運んで下に置く、と同時に次の大根に狙いを定める。迫力満点の引っこ抜き大会。

女子の部の開始。抜いた大根はスタート地点まで運ぶ。食べ物なので、あくまでもていねいに扱わないと失格になってしまう。

女子の部の開始。抜いた大根はスタート地点まで運ぶ。食べ物なので、あくまでもていねいに扱わないと失格になってしまう。

グループの部の参加者は15歳以下の子どもたちと保護者。お父さんと子どもたち3人で力をあわせてようやく引き抜けた。普通の市民には、大根を抜く体験は、なかなかできない。

グループの部の参加者は15歳以下の子どもたちと保護者。お父さんと子どもたち3人で力をあわせてようやく引き抜けた。普通の市民には、大根を抜く体験は、なかなかできない。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第79回
海外事例
コミュニティパワーで100%自然エネルギーの島から次のステップへ:デンマーク、サムソ(市)島
第78
飯田 陳也
葛西「三枚洲」のラムサール条約登録の取り組み
第77回
海外事例
食物ロスを減らして、「5000人に食事を」
第76回
田中 勝
東京オリンピック・パラリンピックのメダル製作に協力を
第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。