トップページ > 環境レポート > 第95回「庭園や公園を舞台に親子で野鳥観察をしながら、さまざまな生物に出会う機会を設け、生物多様性の認識を広める(文京区、エコ・シビルエンジニアリング研究会)」

2018.03.29

第95回庭園や公園を舞台に親子で野鳥観察をしながら、さまざまな生物に出会う機会を設け、生物多様性の認識を広める(文京区、エコ・シビルエンジニアリング研究会)

都内の公園でも予想以上に多くの鳥が見られる!?

 その後、観察会では園路をたどりながら頭上の梢を見てメジロやシジュウカラを発見。メジロは緑の羽と目のまわりの白いリングが特徴だ。皆、双眼鏡を覗きながら、鳥が見つかるたびに「わー、見えた!」と歓声を挙げている。中には、手作りのガリレオ型望遠鏡を首から下げた子もいた。
 肥後細川庭園の近くに住んでいて、子どもといっしょに参加したという若いお母さんは、普段から鳥の鳴き声がするので鳥がいることはわかっていたが、名前がわからないので、いろいろ教えてもらいたいと思って参加したと話してくださった。
 林の中の道を上り、崖の上にある永青文庫の庭に出るころには、木の枝の上を指しながら「あ、メジロだ」とか「背中はくすんでいるから、ヒヨドリでしょ?」など、あちこちから鳥の名前が挙がるようになった。
 皆、目が慣れてきたのだろう。人数が多いと確かにたくさんの鳥が探せて、そのうえいっしょに観察する楽しさ、ワクワク感を共有することができるのだと知る。
 永青文庫の庭でしばらく観察していると、「キョッ、キョキョキョキョ」という声が聞こえてきた。「シロハラかな」と高橋さんに言われて、皆で姿を探す。しかし、声だけで姿が見つからない。シロハラはツグミくらいの大きさだよと教えられて、大きさを目安に探すが、ついに見つけることはできなかった。
 少し心残りを抱えながら、崖の中の道を下りて、庭園の池のほとりに出た。
 池は凍っていて水鳥は見られそうにない。エコ・シビル研究会の理事柳田吉彦さんたちが、神田川に水鳥がいることを前もって確認しておいたというので、最後は庭園から外に出て、神田川で水鳥の姿を探す。
 近くの橋の上からは、神田川に浮かぶカルガモやキンクロハジロ、オオバンなどをゆっくりと観察することができた。
 ひととおり観察を終えたあとは松聲閣に戻り、今日確認できた鳥の名前を確かめながらチェックリストにチェックを入れていく。観察会は約1時間という短い時間だったが、コゲラやシロハラなど声だけ聞こえたものを含めると16種類の鳥を確認できた。冬には山から下りてきている鳥もいて、都心でもさまざまな鳥が見られることを改めて確認できた。
 鳥の観察は姿を見つけにくいこともあって難しい面もあるが、少しずつ名前のわかる鳥が増えると親しみもわいてくる。動物や植物の名前を知るのは、語彙が増えるのに似ている。語彙が増えれば会話がはずみコミュニケーションも深まる。同じように動物や植物の名前をたくさん知っていると、動植物や自然環境への親しみがわき理解が深まるのは間違いないだろう。
 こうした観察会の開催は地道だが、動植物や自然環境への理解を深めるためにも欠かせない大切な活動なのだと実感する。

梢にとまるヒヨドリが見えた。木々が葉を落としている冬は、野鳥の姿をとらえやすく、ほかの季節と比べて野鳥観察には適している。

梢にとまるヒヨドリが見えた。木々が葉を落としている冬は、野鳥の姿をとらえやすく、ほかの季節と比べて野鳥観察には適している。

手作りのガリレオ型望遠鏡で、神田川に浮かぶ野鳥を観察する少年。

手作りのガリレオ型望遠鏡で、神田川に浮かぶ野鳥を観察する少年。

身近な生きものを調べて、生物多様性の意味や価値を考える

 文京区では、2018年度に「(仮称)文京区生物多様性地域戦略」の策定を予定している。戦略の策定にあたって生物多様性地域戦略協議会に参加する区民委員を募ったり生物多様性に対する意識調査を行ったりと、区民に生物多様性に関する認識を広めようとしている。今回の「親子生きもの調査 冬鳥観察会」も、そうした取り組みの一環として実施したものだ。開催の目的について、文京区環境政策課の担当者は、
 「生物多様性地域戦略の策定にあたって、親子生きもの調査 冬鳥観察会を通して、身近な生きものに興味を持ってもらい、「生物多様性」が私たちの生活と深い関係にあることを知っていただけたらいいと思います」
 と説明してくださった。
 今回の冬鳥観察会は親子生きもの調査の第2回に当たる。第1回は平成29年の夏、公園などでセミの抜け殻を集めて、どんな種類のセミがいるか、オス・メスの割合はどうかなどを調べたという。
 平成20(2008)年に策定された生物多様性基本法では、地方自治体による生物多様性地域戦略の策定について努力規定が置かれている。平成22(2010)年10月に名古屋市で開催された生物多様性条約COP10や翌平成23(2011)年からはじまった「国際生物多様性の10年」などを受けて、国内外で生物多様性の保全に向けた取り組みが推進されている。
 オール東京62市区町村共同事業でも、平成27年度からの3か年事業として「生物多様性の保全に関する研究事業」を開始し、文京区もメンバーとして参加している。

 生物多様性については、言葉を知っているだけでは十分ではない。生物多様性と私たちの生活との関係を知る必要がある。私たちの生活は、多様な生物に支えられていること、その多様性が失われたときには少なからぬ経済的な損失はもとより私たちの存在自体が危機にさらされることなどを十分に理解し、生物多様性を守るための具体的なアクションが必要だ。
 今回の文京区やエコ・シビル研究会の取り組みのような地道な活動も、区民に生物多様性という言葉やその意義を浸透させるうえで大きな力になっている。今後ますます、行政とエコ・シビル研究会のような草の根の市民活動が結びついて、より濃密な活動になることを期待したい。

「親子生きもの調査 冬鳥観察会(チェックリスト)」。観察会から戻り、参加者全員で、それぞれが見た鳥の名前を出しながら、観察できた鳥をチェックしていく。

「親子生きもの調査 冬鳥観察会(チェックリスト)」。観察会から戻り、参加者全員で、それぞれが見た鳥の名前を出しながら、観察できた鳥をチェックしていく。
※クリックで拡大表示します

関連リンク

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第79回
海外事例
コミュニティパワーで100%自然エネルギーの島から次のステップへ:デンマーク、サムソ(市)島
第78
飯田 陳也
葛西「三枚洲」のラムサール条約登録の取り組み
第77回
海外事例
食物ロスを減らして、「5000人に食事を」
第76回
田中 勝
東京オリンピック・パラリンピックのメダル製作に協力を
第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。