トップページ > 環境レポート > 第87回「昔ながらの米づくりを体験して、「苦労を楽しむ」を学ぶ(府中市郷土の森博物館のこめっこクラブ)」

2017.09.05

第87回「昔ながらの米づくりを体験して、「苦労を楽しむ」を学ぶ(府中市郷土の森博物館のこめっこクラブ)」

サポーター制度を取り入れて参加者が増えた

 佐藤さんのお話では、4年ほど前までは、参加者は4年生以上の小学生と中学生に限っていたという。小学校も高学年になるといろいろと忙しくなるためか、徐々に参加者が減り始めた。ちょうどそのころ大人もやりたいという声があがり、1年生から参加できるようにするかわりに大人がサポーターとして入るサポーター制度を設定したところ、参加者が増えて活性化したそうだ。
 「少し前までは親の世代なら普通に体験してきたことが、今は親の世代も知らなくなっています。皆さんもやりたいのだと、勝手に解釈しています。1年生から参加している子はもう4年くらい、毎年きてくれるので、楽しいんだと思いますよ」と佐藤さんはおっしゃる。
 今年は、応募者が多くて、久しぶりに抽選になったとのこと。その結果、こめっこの登録は35名、サポーターは38名で、大人だけで登録している人もいる。
 こめっこクラブの活動でおもしろいのは、昔ながらの農具を使うことである。今回の草取りでは田掻車(たかきぐるま)という農具を使っていた。これは明治のはじめに登場したものである。古い農具を使うのは博物館ならではのこと。
 田起こしに使う鋤や鍬はもちろん古い農具だ。脱穀に使う千歯こきや、臼型のもみすり機も準備しているという。

 
田掻車を押す5年生の男の子。「重いけれど、慣れれば簡単。地道にウキクサをすくうより楽しい」という。
田掻車を押す5年生の男の子。「重いけれど、慣れれば簡単。地道にウキクサをすくうより楽しい」という。

田掻車を押す5年生の男の子。「重いけれど、慣れれば簡単。地道にウキクサをすくうより楽しい」という。


田起こし(提供:府中市郷土の森博物館)。

田起こし(提供:府中市郷土の森博物館)。

田植え(提供:府中市郷土の森博物館)。

田植え(提供:府中市郷土の森博物館)。


昔ながらの米づくりを知って、「苦労を楽しむ」を学ぶ

 府中市の中央部には、古多摩川が武蔵野台地をけずってできた崖(府中崖線)があり、これを「ハケ」と呼ぶ。ハケの北側の台地上はハケ上といい畑作が多く、一方、南側の平地はハケ下といい、水田が広がっていた。今も用水路のあるところでは水田が見られる。
 こめっこクラブの米づくりは種まきから始まり、その時期、いっしょに田起こしをする。
 「実は前年の稲刈りのときにレンゲをまいて、これで新しい土ができますよと話をしています。すると、次の年にはその土がどうなっているか見たいと参加してくれます。そういう流れをつくりたいのです。ここでの体験を通してお米の成り立ちを知ってほしいし、楽しいんだけれど実はたいへんなんだという苦労や、イネからお米になるまでどんな仕事があるのか、昔はどうやっていたのか知ってもらえたらいいですね」と佐藤さん。
 さらに、「田掻車は重いです。だから子どもたちはあまりやらない。千歯こきもコツがいる。それを知るだけでもいい。稲刈りに使うノコギリ鎌なんて、下手に扱うと指も切れてしまいます。それでもあえて、危険であることを承知で体験してほしいですね」とつづけてくださった。
 確かに、イネが米になるまでにどんな作業があり、どんな苦労があるのか知って食べると、米の味はさらにおいしくなるだろう。食べ物の生産現場と消費の場がどんどんはなれてしまっている今、グルメをもてはやす一方で、食べ物への愛着が薄れている気がする。食品の大量廃棄の問題も、生産を知ることで少しは解消されるのではないだろうか。苦労を知ることは決してマイナスではない、そこから得るものも多いのだ。
 さらに佐藤さんは、「サポーターの皆さんは、積極的に楽しんでやっていただいている気がします。『苦労を楽しむ』のが、皆さんが求めているところかなと思います」と感想を聞かせてくださった。
 最後に、今後の方向性についてお聞きすると、
 「今は、最初にここで米づくりを体験したこめっこたちが、自分たちの子どもを連れてやってくるのを待っています。最初の年に参加した子が当時10歳だとしたら、今もう40歳です。子どもがいてもおかしくありません。待っています」というお話が返ってきた。
 開館当時ここで米づくりを体験した子どもたちが大人になって戻ってくるとしたら、これ以上楽しみな収穫はないだろう。いつかそんな日がおとずれることを心から願いたい。

この日の作業に参加したこめっことサポーターのみなさん。川崎平右衛門像の前で。

この日の作業に参加したこめっことサポーターのみなさん。川崎平右衛門像の前で。


関連リンク

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。