トップページ > 環境レポート > 第33回 東村山市:地球温暖化対策の推進に向けて、“市民ができること”を支援(住宅用太陽光発電システム設置費補助事業)

2017.03.10

第33回東村山市:地球温暖化対策の推進に向けて、“市民ができること”を支援(住宅用太陽光発電システム設置費補助事業)

 「みどり東京・温暖化防止プロジェクト」の助成金を活用した都内62市区町村の環境事業の取り組み状況について順番に紹介する「環境事業紹介」のコーナー。第33回は、東村山市の省エネ・創エネ設置費補助事業について、紹介します。オール東京62市区町村共同事業の助成金を活用した本事業は、同市が環境基本計画において、地球温暖化対策の一環として掲げる再生可能エネルギーの利用促進のための具体的な施策の一つとして実施しているもの。事業の概要とねらい、その効果について、担当者の話を聞きました。
 ぜひ、ご一読ください。

再生可能エネルギーの利用推進に向けて、市民ができること

 東村山市は、狭山丘陵を背に、荒川から多摩川にかけて広がる武蔵野台地のほぼ中央部に位置する、面積約17km2・人口15万人の自然豊かな都市。高田馬場駅まで西武新宿線の特急に乗れば最短20分ほどという地の利から、都心部に通う通勤者のベッドタウンとして開発が進められてきた。現在の昼夜人口比率は約0.8と日中に市外に通勤・通学で出ていく人が多いことがわかる。
 そんな東村山市で住宅用太陽光発電システム設置費補助事業が開始したのは平成18年度のこと。23年度からは、高効率給湯器や家庭用燃料電池といった省エネ機器を対象とした補助事業も開始している。
 「当市では、2002年に制定した『東村山市環境を守り育むための基本条例』に基づいて、2004年に『東村山市環境基本計画』を策定し、2011年からは第二次計画として、市が目指す環境像の実現のため、近年の国内外の社会動向や市域の状況変化を踏まえ、現在の課題や新たに必要となる施策を再検討してきました。重点目標として地球温暖化対策の推進や省エネルギー・省資源の推進を掲げています。計画では、主体別の取り組みとして、市が率先して取り組むこと、事業者ができること、市民ができることに分けて整理していますが、本補助事業は、市民の皆さんに再生可能エネルギーの利用推進をお願いしていくための施策として実施しているものです。実際に居住目的で使っている住宅に、新たに太陽光パネルを設置する市民の方を対象にして、設置工事費の一部を助成しています」
 東村山市環境・住宅課環境対策係長の今井由子さんがそう説明する。

東村山市環境基本計画の表紙

東村山市環境基本計画の表紙

東村山市環境基本計画の施策体系図

東村山市環境基本計画の施策体系図

地球温暖化対策の推進に向けて、“市民ができること”(東村山市環境基本計画より)

地球温暖化対策の推進に向けて、“市民ができること”(東村山市環境基本計画より)

これまでの交付等実績の推移

 同市が毎年実施している環境基本計画推進状況点検評価によると、太陽光発電システムの設置費補助事業については平成18年度の事業開始以来27年度までの合計で435件の交付を行ってきた。一方、平成23年度から開始している住宅用省エネルギー機器設置費補助事業では、5年間の実績として373件の申請に対して219件の交付を行ってきている。
 省エネ機器の対象機器は、CO2冷媒ヒートポンプ給湯器(補助額:25,000円)、潜熱回収型給湯器(補助額:15,000円)、ガス発電給湯器(補助額:25,000円)、家庭用燃料電池(補助額:50,000円)の4機種で、導入に当たってはカッコ内の金額が定額で補助される。

住宅用太陽光発電システム設置費補助事業
年度 申請件数 交付件数
平成18年度 先着順 35件
平成19年度 先着順 30件
平成20年度 先着順 24件
平成21年度 (休止)
平成22年度 116件 62件
平成23年度 147件 62件
平成24年度 183件 64件
平成25年度 84件 64件
平成26年度 79件 61件
平成27年度 34件 33件
住宅用省エネルギー機器設置費補助事業
年度 申請件数 交付件数
平成23年度 43件 41件
平成24年度 62件 44件
平成25年度 80件 41件
平成26年度 96件 51件
平成27年度 92件 42件

※平成23年度より、住宅用省エネルギー機器設置費補助事業を開始。
平成24年度に補助制度の見直しを行い、先着順から抽選に変更。

抽選による交付者の決定

 表を見ればわかるように、限られた予算の中ではあるものの、これまでコンスタントに設置費補助を交付して、再生可能エネルギー設備及び省エネルギー機器の利用促進につなげてきた。ただ、近年は特に太陽光発電システムの設置費補助の申請・交付件数がともに減少傾向にある。
 平成22年度から26年度の申請件数と交付件数の差は、予算の上限を超える申請があったため抽選によって交付先を決定したことを意味する。22年度から24年度までは2~3倍前後の申請があり、25年度及び26年度も1.3倍ほどに達した。省エネ機器も24年度から27年度にかけて2倍前後の申請があって、抽選により交付者を選定してきた。ところが、太陽光発電システムでは27年度の申請・交付件数は30数件と半減。1件申請の取り下げがあったため差が生じているが、実質的には申請者全員に交付している。28年度は、省エネ機器の設置費補助とともに上限には達さず、抽選はなかったという。
 「古い家屋に設置するのは構造的にも難しかったりしますから、建て替えやリフォームの時につける方が多いようです。そうなると、タイミングが難しいんですね。補助が抽選によって決まるため、設置へのインセンティブが低下するとの指摘もあります。申請者全員に交付できるとよいのですが。余剰電力の買い取り価格低下の影響もあるかもしれません」
 今井さんはそう話す。

設置費補助事業による太陽光発電システムの設置事例。

設置費補助事業による太陽光発電システムの設置事例。

市の率先取り組みとして、公共施設での太陽光発電パネルの設置も進めている

 設置費補助事業は、地球温暖化対策の推進に向けて『市民ができること』を市として支援するための施策で実施している事業だが、当然、『市が率先して取り組むこと』も計画には書き込まれている。公用車として低公害車や低燃費車を導入したり、移動時には公共交通機関を活用したりすること、またCO2吸収効果およびヒートアイランドの緩和を目的として屋上・壁面緑化等を行うことなどがあげられている中で、公共施設への太陽光発電や太陽熱利用設備等の導入による自然エネルギーの活用も位置づけられている。
 「当市では、平成27年度末時点で市内8か所に合計51.3kWの太陽光発電設備を設置しています。経費がかかるため、毎年増やせているわけではありませんし、予算の範囲内での設置になっていますが、こうした率先取り組みを通じて、太陽光発電システムの普及を進めていくことで、市民の皆さんにも啓発していくことがねらいです。設置費補助の件数もここ数年減ってきてはいますが、市民の皆さんは関心を持って設置を検討してくださっていますので、当面は継続的に実施していきたいと思っています。それに向けた広報の仕方などが検討課題です」

市内公共施設に設置した太陽光発電システム(いきいきプラザ)。

市内公共施設に設置した太陽光発電システム(いきいきプラザ)。

市内公共施設への太陽光発電パネルの設置
いきいきプラザ 10kW
秋水園ふれあいセンター 10kW
美住リサイクルショップ 4kW
萩山児童クラブ 4.9kW
消防団第五分団詰所 2.5kW
秋津児童館 4.4kW
秋水園リサイクルセンター 10kW
秋津東児童クラブ 5.5kW

関連サイト


このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • オール東京62 環境担当者研修業務
  • オール東京62 気候変動対策研究会
  • 東京62市区町村イチオシ環境施策
  • 東京62市区町村環境データ一覧

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

みどり東京レター一覧

第19
コロナにめげず、市内の環境を守る取り組みを一挙に紹介!―東久留米市「第25回東久留米市環境フェスティバル」
第18号
資源を有効活用して、区民みんなでごみダイエット!―文京区「ステージ・エコ イン ギャラリーシビック」
第17号
前年度中止を余儀なくされた歴史あるイベントをオンライン開催で再開―みんな集まれ!―東大和市「第36回東大和市環境市民の集い」
第16号
「ふっさ環フェスマップ」を手に取って福生のまちへ出かけよう!―福生市「ふっさ環境フェスティバル~考えよう、行動しよう、持続可能な環境配慮~」
第15号
生物多様性に対する理解「はじめの一歩」を踏み出そう! ―府中市「生物多様性パネル展~5月22日は国際生物多様性の日~」
第14号
年に一度の環境活動団体の活動報告・紹介の機会として ―杉並区「すぎなみエコ路地フェスタ2020」
第13号
《国分寺市制施行55周年記念》第15回 国分寺市環境シンポジウム『緑あふれるまちを目指して ~都市農地の保全・活用~』
第12号
令和元年度エコライフ講座 第4回 これからのエネルギー”水素”を楽しく学んで燃料電池自動車に乗ってみよう!
第11号
原っぱを思いっきり駆け回って輝け子どもたち――昭島市「冬の原っぱ大会」
第10号
体験を通して学ぶ――小金井市「こがねい環境フォーラム2019 環境×防災 ~自然と手を取り合って生きていくために~
第9号
埋立てが終了した最終処分場で、日本の原風景の秋を楽しむ―秋の谷戸沢処分場自然観察会
第8号
環境に関する展示や体験コーナーでの体験を通して、楽しみながら広く環境について気付き・学んでいきたい――第12回むさしの環境フェスタ
第7号
子どもたちに「環境とエネルギー」について考えるきっかけづくりを――世田谷区「環境エネルギー・ラボ 2019 in せたがや」
第6号
自分たちで標語を考えたかるたで、環境をより身近に感じ、地元に愛着を持つ――日野市「第5回日野市環境かるた大会」
第5号
身近な生きものの世界を通して、自然の楽しさと大切さとを学び、考える楽習会(がくしゅうかい)――「千代田区環境月間講演会」
第4号
毎年3万人以上が集まって、楽しく環境について学ぶ――品川区「しながわECOフェスティバル2019」
第3号
プロの役者と市民キャストが作り上げる舞台――三鷹市「エコミュージカルとエコイベント」
第2号
市立小中学校で一年間かけて取り組む川の環境学習の成果を発表――八王子市「環境教育実習まとめ発表会」
第1号
区立学校の環境学習をサポートする“まちの先生”たちとの出会いと交流の場をつくる――新宿区「新宿の環境学習応援団『まちの先生見本市!』」

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。