トップページ > 環境レポート > 第76回「通勤・通学・送迎や買い物はもちろん、営業や市内観光の足としても便利に使える、福生市のサイクルシェアリング(『たっけー☆☆サイクル』の取り組み)」

2016.09.23

第76回「通勤・通学・送迎や買い物はもちろん、営業や市内観光の足としても便利に使える、福生市のサイクルシェアリング(『たっけー☆☆サイクル』の取り組み)」

駅前を中心に市内5か所に整備されているサイクルシェアリング・ポート

 JR青梅線「福生駅」の西口に降り立ち、駅前ロータリーの先から銀座通りと呼ばれる商店街に入る。そのままコンクリート・タイル敷きの商店街を通って徒歩約5分で、福生市観光案内所・まちなかおもてなしステーション「くるみる ふっさ」が見えてくる。ちょっとした広場の奥に建つ斜め屋根の小洒落た建物の脇には数台の自転車が停まっている。よく見ると、カゴの前には、福生市公式キャラクター「たっけー☆☆」【1】のイラストとともに『「たっ☆クル」会員募集中!!』の表示が掲示されている。
 黒い車体の落ち着いた雰囲気の自転車には、サドルの下部にバッテリーの差込口が見えている。すべて、電動アシスト自転車だ。これらの自転車は、福生市が進めるサイクルシェアリング事業『たっけー☆☆サイクル』(略して『たっ☆クル』)として整備されているもの。市民はもちろん、市外からの観光客など誰でも簡単な手続きで借りることができる。市内5か所に分散設置されたポート(貸出・返却場所)に合計35台を配備している。
 メイン・ポートとして位置づけられている「くるみる ふっさ」のほか、市内各所に分散するポートは、JR青梅線の福生駅と牛浜駅、及び拝島駅の各駅前を中心に設置されている。
 「福生市のサイクルシェアリング事業は、平成23年度に都の地球温暖化対策の補助制度を活用したモデル事業としてスタートしました。実証実験を終えた後、26年度から本格実施を開始して、登録者数や利用回数は年々増えてきています。福生市では、地球温暖化対策の取り組みの一環として“自転車のまちづくり”を掲げていまして、自動車依存の生活から自転車利用を推進することでCO2の排出削減につなげるための具体的施策の一環として実施しているのが本事業です」
 福生市のサイクルシェアリング事業の概要について、生活環境部環境課課長補佐の名取明美さんと同主任の住友健吾さんに話を聞いた。

福生駅西口の階段の壁に張り出されたサイクルシェアリングの表示「行って Go! 乗って Ride! 楽しむ Fun!」。

福生駅西口の階段の壁に張り出されたサイクルシェアリングの表示「行って Go! 乗って Ride! 楽しむ Fun!」。

福生駅から徒歩約5分、まちなかおもてなしステーション「くるみる ふっさ」(福生市観光案内所)。市内に5か所ある「たっけー☆☆サイクル」のポートの一つで、利用するにはまずここで登録が必要となる。

福生駅から徒歩約5分、まちなかおもてなしステーション「くるみる ふっさ」(福生市観光案内所)。市内に5か所ある「たっけー☆☆サイクル」のポートの一つで、利用するにはまずここで登録が必要となる。

「くるみる ふっさ」に配備されている自転車。前カゴには「たっ☆クル」会員募集中!」の表示が付けてある。

「くるみる ふっさ」に配備されている自転車。前カゴには「たっ☆クル」会員募集中!」の表示が付けてある。

「くるみる ふっさ」に配備されている自転車。前カゴには「たっ☆クル」会員募集中!」の表示が付けてある。

会員登録すればいつでもどこのポートでも手軽な“足”として使用できる

 サイクルシェアリング「たっ☆クル」の利用方法は、2通りある。本人確認やクレジット決済が必要な「会員利用」と、現金払いの「一時利用」だ。
 会員登録をするには、身分証明書とSuicaやPASMOなど非接触型ICカード、そして決済用のクレジットカードが必要になる。ICカードを会員カード代わりに利用する仕組みで、利用時には各ポートに設置してある操作盤のリーダーにICカードをかざして、登録時に設定した4桁のパスワードを入力する。一度登録すれば、24時間いつでもどこのポートからでも貸出・返却できるのに加えて、最初の30分間は無料で利用できる(以降は3時間までなら15分当たり50円が課金される)。
 一方、一時利用では申請書に記入すれば現金払いで手続きが完了する。利用料金は3時間まで500円で、延長料金は15分当たり50円になる。ただし、貸出・返却ともに「くるみる ふっさ」で受付が必要だ。
 「一時利用は、営業で福生市に来られる方の利用も多いようです。一方、会員登録をすれば30分は無料になりますから、保育園への送迎に使う親御さんや、買い物に使う方などもいらっしゃるようです。福生市は行政区域が狭いので、自転車なら30分もあれば端から端まで移動できます。ただ、市の東側から多摩川に向かって河岸段丘が発達していて高低差がありますから、ちょっとした移動などで電動アシスト自転車を便利にお使いいただけているようです」

登録時には、事業のチラシとともに、サイクルポートのマップを配布。ポートは、駅前を中心に市内5か所に分散設置されている。

登録時には、事業のチラシとともに、サイクルポートのマップを配布。ポートは、駅前を中心に市内5か所に分散設置されている。

 登録会員は、市内在住者が半分強、残りの多くが近隣市の在住者で、30代がもっとも多く、次いで40代が多い。登録会員数は、初年度の116名から平成27年度には550名にまで年々伸びている。利用回数も年間3,000回に達する勢いだ。


注釈

【1】福生市公式キャラクター「たっけー☆☆」
 60年以上続き、毎年40万人の来場者で賑わう「福生七夕まつり」のイメージキャラクターとして2004年に誕生した竹(飾り)の妖精。2013年3月21日、市公式キャラクターへ就任し、特別住民票を授与されている。 http://www.city.fussa.tokyo.jp/sightseeing/osusumeevent/caracter/index.html外部リンク

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • オール東京62 環境担当者研修業務
  • オール東京62 気候変動対策研究会
  • 東京62市区町村イチオシ環境施策
  • 東京62市区町村環境データ一覧

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

みどり東京レター一覧

第19
コロナにめげず、市内の環境を守る取り組みを一挙に紹介!―東久留米市「第25回東久留米市環境フェスティバル」
第18号
資源を有効活用して、区民みんなでごみダイエット!―文京区「ステージ・エコ イン ギャラリーシビック」
第17号
前年度中止を余儀なくされた歴史あるイベントをオンライン開催で再開―みんな集まれ!―東大和市「第36回東大和市環境市民の集い」
第16号
「ふっさ環フェスマップ」を手に取って福生のまちへ出かけよう!―福生市「ふっさ環境フェスティバル~考えよう、行動しよう、持続可能な環境配慮~」
第15号
生物多様性に対する理解「はじめの一歩」を踏み出そう! ―府中市「生物多様性パネル展~5月22日は国際生物多様性の日~」
第14号
年に一度の環境活動団体の活動報告・紹介の機会として ―杉並区「すぎなみエコ路地フェスタ2020」
第13号
《国分寺市制施行55周年記念》第15回 国分寺市環境シンポジウム『緑あふれるまちを目指して ~都市農地の保全・活用~』
第12号
令和元年度エコライフ講座 第4回 これからのエネルギー”水素”を楽しく学んで燃料電池自動車に乗ってみよう!
第11号
原っぱを思いっきり駆け回って輝け子どもたち――昭島市「冬の原っぱ大会」
第10号
体験を通して学ぶ――小金井市「こがねい環境フォーラム2019 環境×防災 ~自然と手を取り合って生きていくために~
第9号
埋立てが終了した最終処分場で、日本の原風景の秋を楽しむ―秋の谷戸沢処分場自然観察会
第8号
環境に関する展示や体験コーナーでの体験を通して、楽しみながら広く環境について気付き・学んでいきたい――第12回むさしの環境フェスタ
第7号
子どもたちに「環境とエネルギー」について考えるきっかけづくりを――世田谷区「環境エネルギー・ラボ 2019 in せたがや」
第6号
自分たちで標語を考えたかるたで、環境をより身近に感じ、地元に愛着を持つ――日野市「第5回日野市環境かるた大会」
第5号
身近な生きものの世界を通して、自然の楽しさと大切さとを学び、考える楽習会(がくしゅうかい)――「千代田区環境月間講演会」
第4号
毎年3万人以上が集まって、楽しく環境について学ぶ――品川区「しながわECOフェスティバル2019」
第3号
プロの役者と市民キャストが作り上げる舞台――三鷹市「エコミュージカルとエコイベント」
第2号
市立小中学校で一年間かけて取り組む川の環境学習の成果を発表――八王子市「環境教育実習まとめ発表会」
第1号
区立学校の環境学習をサポートする“まちの先生”たちとの出会いと交流の場をつくる――新宿区「新宿の環境学習応援団『まちの先生見本市!』」

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。