トップページ > エコアカデミー一覧 > 第1回 自然とよりそい、緑がつなぐ都市再生

第1回自然とよりそい、緑がつなぐ都市再生

エコアカデミーインタビュー3.緑がつなぐコミュニティ―

―都市をつくる上でも、防災の上でも、コミュニティ―の再生が、とても重要であるとい うお話をうかがいましたが、コミュニティーを考える上で緑にはどのような役割があるの でしょうか―

人間とは面白いもので、とりわけ、日本人は、常に愛する存在を持たないと、ある種のイニシエーション(注7)というか、地域の特色を象徴するようなものを求めるんですよ。
だから緑はそういう意味で心地よい。なぜかというと、愛情を注いていても、裏切らない、口答えしない、それでいて、緑は心地良いものだからです。

緑には、いろいろな意味で利用効用だけでなく、それ以上に、存在効用がある。
存在効用は意外と気が付かれませんが、緑を使って遊んだり、楽むだけでなく、そこに緑があることによって、発災時には、防災機能を発揮してくれるし、それから、二酸化炭素の吸収源になるという環境貢献をも有しています。
存在効用と利用効用の両用が相まって、地域に存在するという意味で、緑ほど身近で頼もしい存在はない。

写真:東京ミッドタウン

コミュニティーといっても、何を中心にコミュニティーをつくるか考えると、選挙を中心に作るというのは、ナンセンスですよね。一方、地域の緑を育てていきましょう、地域を豊かにしていきましょう、そういうコミュニティーであれば、みんな一生懸命参加してくれるわけですよ。ある種の「緑はつなぎ手」なんですよ、緑は媒体なんですよ。
そういう意味で緑を評価すると、非常にものがわかりやすいのではないでしょうか?

具体的な例を言うと、ニューヨークのハイライン(注8)ですよね。
マンハッタン島の端のあたり、昔、食肉加工場や食にまつわる倉庫、工場地帯が多く、そこに平面交差すると事故が多かったので、ハイラインという高架鉄道を通したんです。けれども1950 年代になると、トラック輸送が盛んになり、貨物輸送が衰退してしまいました。
鉄道は放置され、錆びつき、同時に街も活力を失いました。そこでニューヨーク市が、鉄道を取り壊す計画を出しました。ところが、地域の市民が立ち上がって、全長6.8kmの路線跡を公園にしようと活動を始めました。なぜかというと、雑草が生え、ウルシ類の木が生え、いい具合で緑が育っていたのです。これを整備すれば、もっとスマートな街になると、市民が中心になり、ジュリアーニ市長の応援のもと、ハイラインという構想が実現しました。 実は、今、この地域がものすごい活性化をしているんですね。
このように、行政主導ではなく、地域住民主導で、都市再生が実現したという実績があります。

このような事例は、意外と多く、緑に着目しながら、コミュニティーの再生や地域社会を支えていく大きな存在として緑をとらえ、その傍らに、防災機能、エコロジカルな機能、都市の暑熱環境の緩和機能と利用し、地域が緑によって繋がれて、そして、絆をふかめて、良質はコミュニティーを形成して、様々な環境問題に対応していくことができるのではないでしょうか。

この環境問題ですが、環境ストレスは、どこにしわ寄せがいくかというと、体の悪い人、高齢者など弱者に行きます。今度の津波でもそうでした。
環境ストレスが弱者に行くことを前提にしながら、緑を中心に、いかに絆を深めていくか、そのためには、かつての江戸が、ガーデンシティーとして世界的に評価されたように、大都市でありながら緑量が多かったというところにポイントがあると思います。自然によりそう暮らしと、その自然をコサージ(注9)にした祭があり、そこに防災組織の形があった。これは、現代、減災を考える上で、地域構造をどのように作っていくかが、とても大事であることを示しているのではないでしょうか。
一騎加勢に言ってしまいましたが、こういうことじゃないでしょうか。

注釈

  • (注7)イニシエーション(initiation):ある集団や社会で、正式な成員として承認されること。また、その手続きや儀式。成人式・入社式はその一形態(出典:「大辞泉」小学館)。
  • (注8)ハイライン(The High Line):アメリカ、ニューヨーク州、マンハッタン、ウエストサイド地区に1930 年代に建設された貨物鉄道廃線路の公園整備。地元NPO とニューヨーク市とのパートナーシップのもと、整備計画を立案、2006 年より建設工事が開始され、2009 年に公園として一般開放された(出典:ハイライン公式WEB サイトhttp://www.thehighline.org/外部リンクより)
  • (注9)コサージ(corsage) 女性が、胸・襟・肩などに留める小さい花束や花飾り。生花・造花などを使う。コサージュ(出典:「大辞泉」小学館)。

このページの先頭へ

オール東京62 事業紹介

  • エコプロ2017
  • みどり東京・温暖化防止プロジェクトパンフレット
  • 62市区町村 温室効果ガス排出量
  • 自治体向けカーボン・オフセット 研究成果の紹介
  • スマートコミュニティ研究会
  • かれんとシーナの『エコ質問箱』

オール東京62市区町村
環境インフォメーション

各62市区町村のホームページから集めたエコ情報を掲載しています。

エコアカデミー一覧

第75回
海外事例
ハロウィンをグリーンに!:アメリカ、ナッシュビル市
第74回
今藤 夏子
[水に漂う生き物の情報 ~環境DNAを利用した生物調査~]
第73回
海外事例
市民参加型予算で持続可能な都市を:フランス、パリ市
第72回
竹本 和彦
[「持続可能な開発目標」(SDGs)の達成に向けて ──世界につながる地域の取組み]
第71回
海外事例
トランジション・ムーブメント発祥の地:イギリス、トットネス
第70回
下村 彰男
[東京都の自然]
第69回
海外事例
花粉媒介者の保護を目指して:カナダ、オンタリオ州ゲルフ市
第68回
宇郷 良介
[持続可能な社会への変革に対する「スマートハウス」への期待]
第67回
海外事例
シェアリングエコノミーの最先端都市:韓国、ソウル特別市
第66回
藤本 亜子
[ESDでつくる地域社会の未来]
第65回
海外事例
『メルボルンに参加しよう』-「路地をグリーンに」プロジェクト:オーストラリア、メルボルン市
第64回
岡崎 修司
[「仮想発電所」構想始動!公民連携で展開します(横浜市)]
第63回
海外事例
カーフリーハウジング(車を所有しない集合住宅)という選択:オーストリア、ウイーン市
第62回
福山 研二
[虫からながめた都会のすがた]
第61回
海外事例
全米2万3400都市のエネルギー関連データを提供:アメリカ エネルギー省
第60回
堀口 敏宏
[東京湾における環境の変化と生物相の変遷]
第59回
海外事例
エネルギー消費正味ゼロの図書館:ヴァレンヌ市、ケベック州、カナダ
第58回
一方井誠治
[地球温暖化対策計画」の閣議決定を受け、改めて私達の地球温暖化対策を考える]
第57回
海外事例
[世界初、道路で発電する「ソーラーロード」:オランダ、北ホラント州]
第56回
小堺 千紘
[ニッポンの夏支度「緑のカーテン」。その効果と育て方3つのポイント~自然の力を使って楽しみながら快適に暮らそう~]
第55回
海外事例
[「食」をテーマにした環境への取り組み:スウェーデン、マルメ市]
第54回
竹ケ原 啓介
[低炭素社会の創出等に向けた金融のありかた]
第53回
海外事例
[アート(芸術)で環境問題を普及啓発する:イギリス、ブリストル市]
第52回
幸丸 政明
[鳥類から見る都市の生物多様性]
第51回
海外事例
[野生生物に優しい「裏庭(Backyard)生物多様性プロジェクト」:オーストラリア、ボルーンダラ市]
第50回
崎田 裕子
[「みんなで創る水素社会」2020年とその先をめざして、水素エネルギーと私たちのくらし・地域]

本事業は、公益財団法人 東京都区市町村振興協会からの助成で実施しております。